¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

8月19日にリーガエスパニョーラが開幕しました! スペインのサッカーが好きな私にとっては楽しみな時期が始まりました。

 

前回の前編に引き続き、残り10チームを紹介します。

参考記事→リーガエスパニョーラ開幕! 2016-2017シーズンのチームと注目選手を紹介します(前編)

前回ではリーガエスパニョーラの基礎情報も書いているので、そちらをチェックしてから読むと、もっと楽しめます。

 

後編では、日本ではあまり知られていないマイナーなチームが多いかもしれませんが、リーガエスパニョーラにはなくてはならないチームばかりです。何よりマイナーなチームがいないとリーグが面白くないですから。

 

それではどうぞ!

スポンサード リンク

リーガエスパニョーラ1部チームと各チームの注目選手を紹介(前編)

La-Liga-Santander

現地時間19日(日本時間20日早朝)から2016-2017シーズンリーガエスパニョーラが開幕。

 

ここでは1部に所属する全20チームを簡単に紹介し、各チームの中での注目選手も合わせて紹介します。それでは後編となる10チームです!

それではどうぞ!

 

エイバル

正式名称はSDエイバル(SD Eibar)。バスク州のギプスコア県のチームです。チーム予算がとても少ないながら、現在1部昇格から3年目を迎えています。(でも、実は1度2部降格しましたが、繰り上げで1部残留を果たしています。)

 

特徴はホームスタジアムである「イプルア」でしょう。収容人数は6,285人という小さいスタジアムで写真や映像で確認すると分かりますが、地方のスタジアムといった印象を受けます。

注目選手

エイバルといえば昨季、移籍を果たし活躍を見せた乾貴士選手でしょう! サイドの主戦場とする乾選手のドリブルやボールさばきに注目です。

 

日本代表としても実力派の選手なだけに、スペインで成功しづらいと言われる日本人選手のジンクスを少しずつ変えていると思います。 今季はアシストだけでなく得点にも期待したいですね!

 

RCDエスパニョール

カタルーニャ地方のチームはバルセロナだけ? いいえ、違います。RCDエスパニョール(RCD Espanyol)というチームがあるのをご存知ですか? 過去には元日本代表の中村俊輔選手も所属していました。 (写真はバルセロナにて撮影。 ベランダにサポーターを表すフラッグが!)

 

エスパニョールはバルセロナとのカタルーニャダービーで毎シーズン持ち上がりを見せるだけでなく、1部定着の安定感のあるチームです。バルセロナだけでなく、エスパニョールもチェックしてみては?    

注目選手

エスパニョールで6シーズン目を迎え、エスパニョールを中盤の底から支えるのがビクトル・サンチェス選手です。毎季30試合以上に出場し、昨季はリーグ戦でアシストを6つ決めるなど、抜群の安定感を誇ります。

 

本職は中盤の底と呼ばれるボランチ(スペイン語ではピボーテ)ですが、今季はサイドバックでプレーするなど、適応力の高さを証明しています。彼の献身的にチームを支えるプレーに注目です!

 

デポルティーボ

お任せください。スペインサッカーは得意分野ですが、特にデポルティーボ(Deportivo de la Coruña)が一番得意です!

 

その理由はこちらの記事から。→私がスペインを好きになったきっかけはサッカーの「taro」

たくさん魅力がありますが、何よりもサポーターの温かさが良い! そして、ホームスタジアムである「リアソール」の雰囲気最高です!

 

2000年代初め頃にリーグ制覇をするなど強豪クラブの仲間入りを果たしたデポルティーボですが、2006年ごろを境に衰退。長らく低迷が続きました。2012年に2部降格や経済破綻なども経験しながらも、再び1部定着を目指しています。

注目選手

ペドロ・モスケラ選手を選びました! サポーターとして得点能力抜群で昨季17得点を挙げたルーカス・ペレス選手を挙げたかったのですが、イングランドのアーセナルに移籍したので(ほんとありえない。)、モスケラ選手を選ばせていただきました。

 

中盤のピボーテのポジションでプレーをする選手ですが、安定感がとてもよく何より冷静にパスを回してくれます。守備もそつなくこなすのも嬉しいです! 今季の開幕戦ではゴールも決めましたので、今季は得点シーンにも期待したい!

 

マラガCF

スペイン南部のアンダルシア地方にある国内有数のビーチが広がるマラガ(Malaga CF)。バルセロナ、マドリードなどと並び、留学学校の拠点の1つとしても知られています。ダービーとなるセビージャとの試合はとても盛り上がります。

 

チームは下位と中位を行き来するような順位ですが、安定的に1部に定着しています。ユース選手も有数でスペイン代表のイスコ選手もこのクラブでのブレイクをきっかけに移籍しています。  

注目選手

昨季、乾選手が所属しているエイバルでブレイクしたケコ選手です。今季からマラガに移籍しています。

 

右サイドを主戦場とする彼のプレースタイルはドリブルです。テクニックを持ち合わせながらも冷静にドリブルで抜いていく様は見ていて気持ちがいい! パスの精度も悪くないのでエイバル時代では5アシストを記録しました。

 

それからまだ24歳という若さながらイタリア→スペイン2部→スペイン1部と渡り歩いてきた苦労人。一歩ずつステップアップしているようで応援したくなる選手ですよ。

 

ラス・パルマス

スペイン本土から離れたカナリア諸島を本拠地とするラス・パルマス(UD Las Palmas)。黄色のユニフォームが目を引きます。「エスタディオ・グラン・カナリア」というホームスタジアムで行われるのですがホーム戦に訪れるアウェイチームが遠いのでたまに気の毒になります。(知らない。)

 

2016年9月1日現在で第2節を終えたラス・パルマスはなんと首位を走っています! 第2節のホームでのグラナダ戦は5-1で快勝でした! リーグ全体の台風の目となれそうです。

注目選手

今季のサプライズ移籍の1つと言ってもいいでしょう。ケビン・プリンス・ボアテング選手です。ドイツのシャルケ04(日本代表の内田選手が所属している)やACミラン(日本代表の本田選手が所属している)を渡り歩いてきた選手がスペインの島のチームに移籍を果たしました。

 

今季のラス・パルマスの中核となる選手であることは間違いないでしょう。実際にチームを牽引する活躍を見せています。ラス・パルマスの試合で是非とも注目してほしいです。

 

グラナダCF

世界遺産アルハンブラ宮殿があるグラナダはスペイン屈指の観光地です。世界中から多くの観光客がやってくる街にもサッカーチームがあります。それがグラナダCF(Granada CF)。   今季は大量の選手を獲得し、チームも監督替えました。グラナダを率いるのはパコ・ヘメス監督。彼は昨季までラージョ・バジェカーノというマドリードを本拠地に置くチームで監督でした。この監督の特徴は何と言っても「攻撃」。

 

スペインでは珍しい3バックを起用して攻撃を第一にする考えの監督でラージョ時代ではそのスタイルで旋風を巻き起こしました。ですが、失点も多いので攻守のバランスに疑問がでる監督です。今季のグラナダでも攻撃スタイルを貫いているようです。(失点は2節で6点ですが……) 

注目選手

グラナダの注目選手はフォワードのアルベルト・ブエノ選手。移籍最終日にポルトガルのFCポルトから移籍してきました。グラナダの攻撃の中心となり得る選手なのではと思っています。

 

その理由として、昨季所属していたFCポルトではノーゴールという不遇を味わいましたが、一昨季に所属していたスペインのクラブであるラージョ・バジェカーノでは36試合17ゴールを挙げる活躍を見せました。やはりスペイン人である彼はスペインクラブが水に合うように思えます。

 

新天地はグラナダですが、ラージョで攻撃サッカーを展開していた同監督なだけに、戦術がしっかりはまれば得点力を開花させる可能性があるでしょう。期待です!

 

スポルティング・ヒホン

スペイン北部のアストゥリアス州の州都であるオビエドから、北にあるヒホンを本拠地とするクラブがスポルティング・ヒホン(Sporting de Gijón)。赤ジマで地元企業の「Gijón」をメインスポンサーにしています。1部と2部を行き来するエレベータークラブではありますが、昨季は6位という順位を記録。その躍進を支えたパラグアイ代表のサナブリア選手がベティスに移籍したため、今季は攻撃に不安を抱えるとも言われています。

 

しかし、攻撃陣の補強のみならずポジション全体でバランスの取れた新戦力を獲得しており、開幕戦では勝利を挙げました。今季のさらなる躍進をファンは望んでいます。

注目選手

今季、2部のエルチェから移籍をしてきたビクトル・ロドリゲス選手に注目です。レアル・サラゴサ、ヘタフェ、エルチェとスペインの中規模、小規模クラブを渡り歩いてきた選手ではありますが、その実力は折り紙付きです。

 

中盤ならどこでもこなすユーティリティープレーヤーであり得点能力だけでなく、アシストもできる力も備えています。パス精度が高く、裏への飛び出しが得意であることでサラゴサ所属時代には77試合7得点14アシストを記録しています。スポルティング・ヒホンでもその力を開花させ、中盤の核となる力は充分にあるとみています。  

 

リーガエスパニョーラ2016-2017シーズンの1部昇格チーム

毎シーズン、1部ではシーズン降格争い、2部では昇格争いが行われます。シーズン終盤の劇的勝利や涙なしでは語れない試合など、昇格と降格を争うチームが決まり始めると、より白熱した戦いが繰り広げられます。

 

2016-2017シーズンに1部(ラ・リーガ・サンタンデール)に昇格したのは、以下に紹介する3チームです。ぜひ、チェックしましょう。

 

オサスナ

オサスナ(CA OSASUNA)の本拠地はナバーラ州のパンプローナ。10世紀から16世紀まで続いたナバーラ王国の首都となった街です。日本では牛追い祭りの会場として知られていますよね。 牛追い祭りは赤のイメージがありますが、オサスナのチームカラーも赤(Roja)です。

 

真っ赤な色のユニフォームは情熱を感じさせ、諦めないサッカーで粘り強く勝ちに行くオサスナを表しているように思えます。   

注目選手

注目したい選手はフラン・メリダ選手。アトレティコ・マドリードユース出身で10代でアーセナルへ移籍。長らくアーセナルのユースに所属し、スペインの若手有望株としてサッカーファンの間では有名でした。

 

しかし、大きな印象を残すことはできずにアトレティコ・マドリードへ帰還。スペインに戻ってプレーをするかと思いきや、ポルトガルのクラブへ行ったり、ブラジルのクラブへ行ったり、そしてスペインに戻ってきたりと26歳の若さながら多くの苦難を乗り越えてきています。

 

昨シーズン所属していた2部のウエスカでは37試合7得点4アシストを記録し、ようやく活躍を見せました。今季はオサスナの1部残留の立役者となるように奮起することでしょう。開幕戦で1ゴールを奪っているだけに、念願の1部でのブレイクを果たすか注目です。

 

レガネス

今季の1部のチームの中で私も聞きなれないのがこのレガネス(CD Leganés)です。実はこのチームはマドリードに本拠地を置いています。昨シーズンにマドリードの2チームが降格(ラージョ・バジェカーノとヘタフェ)してしまったことが残念だなと感じていましたが、レガネスが昇格したことで少しよかったと思えました。

 

クラブ史上、初の1部昇格を果たしており、今シーズンのチームの中で実力は未知数。だからこそ、どのようなサッカーで強豪チームと競い合っていくのか楽しみです。注目しておくべきでしょう。

注目選手

注目はマルティン・マントバーニ選手です。アルゼンチンとイタリアの二重国籍を持ちながらスペインクラブでプレーしかしていないという異例の選手。レガネス昇格を支えたキャプテンであり、クラブやファンからも愛される選手です。しかも、イケメン!

 

さらに彼のツイートを見ると奥さんの子どもさんの写真が多く、なんかもうとっても良い家庭だなって感じます。2人のためにサッカーを頑張るお父さんのような感じがとても印象的でした。 応援したくなりますね!  

 

アラベス

ビルバオやソシエダと同じバスク地方で、古都として名を知られているビトリアを本拠地としているアラベス(Deportivo Alavés S.A.D)。過去には何度か1部昇格を果たすものの1年で降格することが多い。

 

今季は安定した戦いを見せるためにも、実に18名の新加入選手を加えて1部定着を目指します。チームを率いるのは過去にバレンシアやインテルの監督をしたマウリシオ・ペジェグリーノ氏。彼が選手として引退をしたアラベスを残留へと導けるかが鍵となりそう。  

注目選手

マヌ・ガルシア選手はキャプテンでありビトリア出身の選手です。エイバルユース出身で長らくエイバルでもプレーをしていましたが。ログロニェスを経てアラベスに所属しています。

 

チームの心臓とも言えるマヌ・ガルシアはチームの攻守を支える役割を担っています。開幕戦でアトレティコ・マドリード相手に得点を記録、さらに注目すべき選手であることを知らせました。

 

スペインリーグのダービーマッチとは?

スペインリーグの試合を観るときに面白い試合になりやすいのはダービーマッチのときです。ダービーマッチとは同じ州のクラブや大きなクラブ同士が対戦するときの試合のことを言います。いわゆるライバル対決といった感じ。

 

スペインのクラブはシーズンのどの試合よりもダービーマッチに賭ける思いが強いと言われています。ですので、白熱した試合を見たいと思っているならダービーマッチの試合を観ることがおすすめです。

 

  • レアル・マドリード vs FCバルセロナ(エル・クラシコ)
  • FCバルセロナ vs RCD エスパニョール(バルセロナダービー)
  • レアル・マドリード vs アトレティコ・マドリード(マドリードダービー)
  • アスレティック・ビルバオ vs レアル・ソシエダ(バスクダービー)
  • デポルティーボ・ラ・コルーニャ vs セルタ・デ・ビーゴ(ガリシアダービー/O noso Derbi)
  • セビージャCF vs レアル・ベティス(セビージャダービー)
  • グラナダCF vs マラガCF(東アンダルシアダービー/オリエンタルダービー)

※ 細かく分けるともっと多くなりますが、今回は1部のチームと主なダービーマッチのみを取り上げています。

 

スペインサッカーを見るならスカパー・WOWOWで

全20チームをご紹介しました。かなりのボリュームではありますが、スペインリーグの魅力が少しでも伝われば嬉しいです。魅力的で面白いチームがたくさんあるので、気になるチームはチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

現地でに行きたいけど難しい方にはスペインリーグは日本で観ることができますよ。衛星放送チャンネルのスカパー!WOWOWを使いましょう。

 

リーグ戦の試合はもちろん見逃した方にはダイジェスト番組などもあり満載です! 試合を観戦すればスペインサッカーの魅力にハマることでしょう。

 

それではまた!

¡Hasta la próxima!

 

スポンサード リンク
この記事をシェアしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です