Pocket

愛してやまない音楽を。どうも。こんにちは。チャットモンチーの大ファンである たろう(@v_varentaro)です。

以前の記事にも書きましたが、2015年11月11日に日本武道館で行われた『チャットモンチーのすごい10周年 in 日本武道館!!!!』に行ってきました。

参考 →ファン歴10年の私が、『チャットモンチーのすごい10周年 in 日本武道館!!!!』のセットリストを考えてみた。

とにかく、すごい!の一言で表したいくらいなライブでした。

ですが、それでこの記事を終わらせるわけにはいかないので、このライブに参戦して感じたことを今回は綴ってみたいと思います。

それではどうぞ。

スポンサード リンク

チャットモンチーの魅力を再確認した。

IMG_3005

今回のライブを見ながら私は心から楽しいと感じ、終始笑顔で見ていました。いつもは真剣な顔をしがちな私なのですが、好きなチャットモンチーのライブでは笑顔になります。

何故ならば、それはチャットモンチーというバンドにが多くの魅力を持っているからです。そして、純粋にずっと彼女らの音楽を聴いていたいと思っているからです。

今回のライブを通して、『やっぱ好きだわ!チャットモンチーの音楽は。』と再確認することが出来ました。

 

魅力とは?何故チャットモンチーが10年という長い年月を経ても尚、これほどまでに愛されているのか。

IMG_3007
元ドラムの高橋久美子さんからも花束が届いていた。

10周年というおめでたい日に、こうやってライブを観ることが出来てとても嬉しいと、いちファンとして心から思います。10周年という長い期間ずっとチャットモンチーが愛されてきた理由が、今回のMCをきっかけに分かったような気がします。

あっこちゃん『ドラムが抜けた時が一番大変だったよね。』

えっちゃん『本当にそう。あの時が、こう..あの…(空中でV字のような線を描く。)なんて言うのかな..きっかけ!…きっかけ?じゃないな..』

 

チャットモンチーの二人がMCで会話していた、この時のえっちゃんの言いたかったことこそが答えだったのかもしれません。

3ピースバンドとして活動し始めるもメンバーの脱退から2ピースとなり、そして最終的にはサポートメンバーを入れて6人となりました。10年の中で人数の大きな変動をしても、チャットモンチーであり続けたこと。これこそがチャットモンチーが愛される理由なのかもしれません。

変化を素直に受け入れ、そしてまた前に進もうとする。その姿に多くの人が感動し賛同し、そして惹かれていく。変化を怖がりやすい日本人が参考にすべき姿なのだとライブを通して感じました。

『満月に吠えろ』

チャットモンチーが2ピースとなって、心機一転を込めて出した曲である『満月に吠えろ。』今回のライブでも演奏したこの曲から感じる変化を恐れずに前に進む力はとても力強かったです。11周年目からもチャットモンチーであり続ける、そして更に加速していくチャットモンチーをファンとしてこれからも応援したいです。今回の武道館ライブを通して、心から思います。

 

セットリストを確認。

以前の記事でセットリスト予想をしていました。ですが、見事に外れました。笑

 

  1. ハナノユメ
  2. 8cmのピンヒール
  3. シャングリラ
  4. 親知らず
  5. 湯気
  6. 染まるよ
  7. 東京ハチミツオーケストラ
  8. 変身
  9. きらきらひかれ
  10. ウタタネ
  11. ときめき
  12. 毒の花
  13. Last Love Letter
  14. 真夜中遊園地
  15. こころとあたま
  16. 満月に吠えろ
  17. 風吹けば恋
  18. きみがその気なら
  19. (新曲)
  20. ドライブ

 

予想を大きく裏切る曲を歌ってくれたこと感謝します。『変身』や『きらきらひかれ』、『ウタタネ』が聴けるとは思ってもいませんでした。個人的に一番テンションが上がったのは、『湯気』でした。ツネさんドラムで、カップリングの中でも名曲であるこの曲が始まった瞬間に、『おお!!』と少し叫んでしまいました。

 

さいごに。

IMG_3006

行ってよかったです。充分すぎる内容と演出で一生の思い出に残るライブでした。チャットモンチーの曲は聴き続けたいと思いますし、もちろんこれからも応援していきたいと強く感じました。

本当に心から感謝します。ありがとう!そして、10周年おめでとう!チャットモンチー!

 

スポンサード リンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です