Pocket

¡Hóla!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

新年が明けまして、2016年は挑戦と攻める年にしたい!と私は思い、決意しました。

その心意気を源にして、夢ややりたいことへの実現に向けて邁進していく為の方法を考えながら、実行していくことにしました。

しかし、年末年始でその決意は揺らぐことになります。それは何故なのか。今回は出来事を元にして記事にしました。

それではどうぞ。

スポンサード リンク

私は全てにおいて中途半端だった。

IMG_3145

中途半端だったことが全ての始まりでした。

このようなブログを使った活動は正直、認知もされにくく且つ私が自信を持ってやっているつもりでも、何処か恥ずかしいなという感情がいろんな人と話す際に湧き出てきました。

海外、特にヨーロッパがテロの影響で緊張が走る中で、よりによって私はヨーロッパへの渡航。身の安全や犯罪などを危惧してからか、周りからは不安の声が絶えません。何かがあってからでは遅いのだということでした。

それから、資金調達の件に関してもそうです。正直に告白すると私がこれまで貯めてきた資金は、目標としていた金額には届きませんでした。行けても数ヶ月しか居ることが出来ずに破綻して終わる、つまりは失敗して終わる人生になることが予想出来たのです。

私は何もかも中途半端でした。結局、資金も貯めることが出来ていないのですから。

そんな大事なことを見て見ぬふりをしていた自分に今気付いたのです。

 

応援してくださる方がいるという事実があるというのに。

IMG_3149

TwitterなどにSNSを介して知り合った人達は、応援してくださる人が多くて本当に嬉しかったのです。今まで経験したことのないからこそ余計に嬉しくて、ブログを書くことが本当に楽しかったし、準備することも楽しかったのです。

でも、どうやら正直私は調子に乗っていたのだと思います。

私は『海外在住ライターになれるのだ!』『スペインやドイツに行くことが出来るのだ!』ということを勘違いしていたのかもしれない…と。

 

決断するのは自分自身。

結論から言うと、海外渡航の夢は諦めなければならない状況です。

ですが、全ての決断は私が決める

 

私はこれからどうするのか。

IMG_3152

心がもやもやしつつぎゅーっと痛くなるような感覚に襲われながらずっとこの先のことを考えていました。2年もの間、夢見ていた海外挑戦は崩れようとしています。正直、私はどうしたらいいのかも分からなくなるくらいに気持ちが落ち込んでいました。

それでも、立ち上がらなければなりません。自分を立ち上げるのは自分しかいないのです。少し冷静になりながらも、私はこれからのこと箇条書きで考えていました。

・スペインとドイツの海外挑戦を完全に諦めて、日本で正社員として何処かに就職する

・海外には行かずに拠点を都市部に移して、ライター&ブロガーとして活動していく

・実家に帰って地元で働く

・スペインに1ヶ月でもいいから行き、その後、日本で就職する

この4つの選択肢が全てでは無いと思っています、柔軟に考えなければなりません。

今の部屋は今週末には引き払うことになっています。時間も無い中、焦っても良いことは無いというのに私は焦っています。

 

さいごに。

この決断の結末は、また次回に。私はどうするべきなのかを自分自身に問いただしています。

それではまた!

¡Hasta la próxima!

 

 

スポンサード リンク
Pocket

“【大切なお知らせ。】海外挑戦の夢は崩れようとしています。” への6件のコメント

  1. ワーホリでヨーロッパに行かれるんですよね?

    それだったら不足した資金は現地でアルバイトでもして補えばいいのではないのでしょうか?
    実際にどれくらいの金額が不足しているのか定かではないため、一概には言えませんが。

    それからヨーロッパの中でもベルリンは特に物価の安い街ですので、バイトしながらであれば一年間過ごせるのではないかなと思います。
    ちなみにヨーロッパのライフスタイルは、日本や他の東アジアの国と違い、どういうわけかあまりお金が掛からない生活習慣ですので、お金の心配はそこまでする必要はないかと。

    私が学生だった頃、大学を休学してドイツに半年ほど滞在していたのですが、そこで出会ったワーホリの方は金銭的な問題とは無縁でした。日本で貯めた資金をほとんどそのままキープして生活できたそうです。資金を使ったのは現地到着・仕事探しまでで、それ以降はアルバイトで稼いだお金で十分暮らせたとか。

    スペイン滞在期間を短くして、すぐにベルリンに行かれるのも一つの選択肢だと思います。

    1. 大変、参考になるお話ありがとうございます。
      ワーホリでヨーロッパに行きます。金銭的な面の問題を不安視するのは家族全員から言われました。

      そうですね。望みにかけてもいいのかなとも思います。どういった選択肢が良くて良くなくては正直わかりません。でも、やってみなければいけないこと、やってみてぶつかっていくことを経験もしなければ現状維持になるだと思います。アルバイトでもなんでもいいから死ぬ気で働くくらいの意地を見せなければいけませんね。
      参考になります。心から感謝致します。ありがとうございます。

  2. どうもAlexです。いつもブログ更新楽しみにしてます!!
    たろうさんのお気持ちよく分かります。僕もそうでしたから。
    海外に住める〜なんて思って楽しくなって現実を見たらお金ないしみたいな。笑
    海外旅行と違ってワーホリなどは計画的に行動しないとダメですよね!!
    僕も行く間際になって不安でいっぱいでした。早く行きたい気持ちが焦ってしまい準備金もあんまり持って行かずにオーストラリアへ行きましたから。
    結果準備不足で2ヶ月弱で一時帰国しましたが、行って後悔はしていません。
    2ヶ月の間に自分のやりたいことも見つかり、実際に住んでみてわかったこともたくさんありました。そして絶対海外に住んで就職してやるって思えました。
    来月またオーストラリアに戻るので、今回はちゃんと向こうで働いて楽しく生活したいと思っています。笑

    たろうさんも一度行ってみてはどうですか?せっかくEUに行くと決めて準備もしてきたと思うので、いま行かないと後悔すると思います。
    長文失礼しました。

    1. どうも!Alexさんこんにちは!コメントありがとうございます。

      同じような境遇だったのですね。準備不足でもオーストラリアを楽しんでいて良かったです:)
      来月からも頑張ってください!応援しています!
      私の件は、またブログを更新しますのでそちらからどうぞお願いします。
      改めてコメントありがとうございます!これからまた宜しくお願い致します。

  3. こういう選択肢を取ろうというとき、家族・周囲からの反対・心配はあると思います。
    私もリスキーだけど取りたい選択肢がありますが―それをとるとしてもまだ先になるのですが、たろうさんと似た傾向のものです―それを口にすると、やはり周囲からは反対されます。
    それでもたろうさんが「こうしたい」というのには動機があるんですよね?どうしてもスペイン、ドイツに行きたい理由が。
    であれば、(費用の点からも)期間を短くしたり、安全面を多少重視するとか周囲への配慮を示すなど説得して、なんとしてでも行くべきだと思います。

    1. Shigaさんこんにちは。
      反対を乗り越える力が私にはありませんでした。準備不足でした。でも、様々なやり方で何とかいけたらなとは思います。
      大切な20代を無駄にしたくないので、どう転んでも考えて実行していきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です