30歳以下でヨーロッパに行く際に、必ず持っておきたいカードを紹介します!

Pocket

あなたがもし、30歳以下でヨーロッパに行くなら、あるカードを持って行った方がいいです。

¡Hóla!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

あるカードを使うと、様々な施設で大変お得な割引を受けることが出来ます!持って行って損はありません!

今回はその、『あるカード』をご紹介します。

それではどうぞ。

スポンサード リンク

『ヨーロピアン・ユースカード(EUROPEAN YOUTH CARD)』を持って行こう!

ヨーロピアン・ユースカード(EUROPEAN YOUTH CARD)とは、30歳以下の方を対象に(国によっては26歳以下が対象。)その国の観光地や施設やレストランなどで、お得な割引を受けることが出来るカードのことです。

このヨーロピアン・ユースカード(EUROPEAN YOUTH CARD)は、The European Youth Card Association(EYCA)という36の国と39の組織が構成した非営利団体が、ヨーロッパの若者の活動促進の為に作られたカードです。ちなみにこの団体は、ベルギーのブリュッセルに拠点を置いています。

今回、スペインに渡航するということで事前に日本からこのカードの登録申請と作成をしてみました。

日本から申し込みをする方法。

ヨーロッパの若者を対象としている為に、アジア圏から申し込みをするのもどうなのかと少し考えましたが、結果として特に問題はありませんでした。笑

それでは、申し込みをしていきましょう。

1. 公式ホームページにアクセスします。

公式ホームページ→ Eyca.org

サイト上部にある『CARD』の項目のプルダウンメニューに『Kiosk Webshop』という項目があるのでそこをクリック。

2.あなたの住んでいる国はどこですか。

スクリーンショット 2015-12-08 1.17.49

上記の画像の右下にある 『I live in〜』からJAPANを選びます。その後、『Next step』をクリック。

3.はい、同意します。

スクリーンショット 2015-12-08 1.18.35

よくある規約同意画面に移ります。右下の『I agree』にチェックを入れて、『Next step』をクリック。

4.あなたのことを教えてください。

スクリーンショット 2015-12-08 1.18.43

あなたの名前、生年月日、住所を英語で入力しましょう。(黄色く練り潰されている部分を入力。)住所を登録することで、住所宛にカードが届くようになっています。

そして、テキストパスコードを間違わずに入力した後に、『Next step』をクリック。

5. お支払いはどうしましょう。

スクリーンショット 2015-12-08 1.24.47

支払い画面に移ります。クレジットカードのみの対応しています。ブランドはVISA、Master Card、アメックス、もしくはペイパル経由での支払いとなります。金額は送料込みで14ユーロとなります。

選択して入力したら完了です!

実際に使ってみよう!

IMG_3363

カードが無事に届きました。実際にスペインで使ってみました。

「¿Puedo usar el Carné de Joven?」(プエド・ウサール・エル・カルネ・ホベン?)

※ ヨーロピアンユースカードはCarné Jovenと言います。カルネ・ホベンは使えますか?と支払いの際に言いましょう。

DSC01113

DSC01114

DSC01115

私もマドリードにあるソフィア美術館を見学した際に受付で言いました。すると入場料金が無料になりました!

DSC01099

DSC01098

更に、有名なマドリードのプラド美術館でも入場料金を安くして見学することが出来ます!こんな良いカードを使わない手はない!!

どこで使えるのかを探そう!

スクリーンショット 2016-01-18 7.03.34

他にもスペイン全体で指定の場所であれば使うことが出来ます。

公式ホームページにてマップ画面から検索することが出来ます。赤丸を付けているところをクリックして国を選択します。

スクリーンショット 2016-01-18 7.06.23

選択したら上記のような画面が出てきます。エリアを選択出来たりカードが使える場所のカテゴリを指定が出来たりします。検索結果は画面の下に表示されます。リストタイプは使える場所の名前や詳細が表示されます。更に詳細の右上にある『+』マークをクリックするとお気に入り登録が出来るようになります。気になる場所をストックしておきましょう。

スクリーンショット 2016-01-18 7.07.06

上記の写真のようにマップ画面に切り替えることも出来ます。場所がいまいちわからない場合はこちらを見ながらチェックしましょう。

スクリーンショット 2016-01-18 7.09.00

スペインが主となっているだけに、スペイン全体で使うことが出来ます。スペインは38箇所で利用が可能です。

ちなみに、バルセロナで使うことが出来る場所はガウディ美術館の1箇所だけです。マドリードが現段階では中心となっていますので、お気をつけください。

さいごに。

1年間の有効期限がありますが、是非ともヨーロッパに何度も行かれる際は持っておきたいカードです。提示の際はパスポートを一緒に見せなければいけませんので、財布にパスポートのカラーコピーなどを入れておくと便利です。

受付が通った際は笑顔で ¡Gracias!(グラシアス/ありがとうございます!)と言いましょう。

それではまた!

¡Hasta la Próxima!

スポンサード リンク

この記事をシェアしませんか?

各種SNSでのフォローはこちらから

【ブログ運営者】

浦川俊平(ニックネームは「たろう」)。スペインを愛するフリーランス。Webライティング・インタビュー取材・ブロガー。「スペインと日本を繋げる」人になることが目標。現在は日本在住。フレキシブルにスペインと携わるために活動中。
詳しいプロフィールはこちら。→ブログサイト/プロフィール


お問い合わせ先。→お問い合わせ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です