悔しい!負けられない!そんな気持ちを常に持って生きてます。

Pocket

¡Hóla!

どうも。こんにちは。
たろう(@v_varentaro)です。

つい先日、私の友人がオーストラリアでセカンドワーキングホリデービザを取得したことをFacebook上でお知らせしていました。私が心から尊敬と応援している女友達の1人であるその子は、現在私が働いている仕事場でアルバイトとして入ってきました。

勤務期間は短かったけれども、海外に行く為にバイトをしているのだと語ったその子と、その頃、スペイン留学を目指していた私と意気投合しました。そして、その子はオーストラリアへ行き1年間ワーキングホリデーを経験し、今に至ります。

約1年前の出会いからその子はどんどん先へと進んでいきます。私自身に置き換えてみると前に進めているのかどうか怪しい。むしろ、自分はまだまだ駄目だなと少し後ろめたいことも考えることもありました。しかし、そんなネガティブなことを考えるよりも、私は常に負けたくないという感情が湧き出てきます。

今回はそのことについて。

スポンサード リンク

比較することはネガティブな感情を起こしやすい。

私は自分に自信がないです。自信がないことを自慢したいわけではなく、今まで何度も人と比較されることが多かったことで、そういった感情を植え付けられてしまいました。私には兄と姉が居て、2人は立派に社会人として日本社会で働いています。そんなその2人と子供の頃から比較されることが多かった経験があります。末っ子である私は、親戚などから『お兄さんと比べるととか、お姉さんと比べると…云々』といった比較した表現をよく聞かされていました。

その他にも多くのきっかけはあるにしろ、このことが一番の自分に自信がない原因だったのかもしれません。兄や姉より偉いね等の良い面が多かったですが、時々、駄目な末っ子だとも言われました。ずっと前から比較することに疑問を持ちながらも、結局は比較されることに慣れてしまいました。それでも、大人になっていく内に比較されること自体、本当にどうでもいいと思うようになりました。結局、比較されようが自分自身の性格や意思を変えることは容易ではないし、自分自身の意志を押し殺して動く事ほど面白くないものはありません。自分の未来は自分で決めるのです。

ネガティブな感情は良い方向にはいかない。だから、自分を見つめ直して良い方向へ向かわせる。

私は駄目だ。私はあの人より優れていない。そんな感情を誰しも持つことがあると思います。ですが、私が思うのは、そのネガティブな感情は本当に無駄なことであり何も生み出さないのだということです。

いつもポジティブというか自信満々では困ることもありますが、ネガティブな部分は最小限に抑えて、ネガティブを無くさせるようにポジティブなことを実行していくことが大切なのだと思います。

そうすると、自分のやっていることや叶えたい夢に対して応援してくださる方やサポートしてくださる方が多く自分自身に集まっていきます。これは今、私が実際に体験しているのでそう言えます。それを続けていく為にも、常に自分を見つめ直して反省をして次に活かすことを疎かにしてはいけないと思います。

悔しい、負けたくないを原動力に。

HIRO92_indasutoriarucity-thumb-815xauto-18046

オーストラリアでセカンドワーキングホリデービザを取得して働いているあの子の投稿を見て、心から応援したいと思いました。そして、それと同時に『悔しい。』『負けたくない。』と思いました。

この2つの感情こそが、私を動かしています。このまま、日本の閉鎖的な環境で過ごすこともありですが、私はやっぱり海外に行き自分の可能性をもっと広げたいのです。同い年や年が近い私の周りの人達が私がやりたいことを、さっとやっていることを目の当たりにしてこのような感情が生まれないわけがないです。

飲み会で愚痴を言いながらストレスを発散させるよりかは、その愚痴や悔しさを今するべきことへぶつけていくことの方が有意義ではありませんか。

有名なブロガーであるちきりんさんもこのようなエントリを書いています。

悔しい気持ちが大好きです。-Chikirinの日記

悔しさって本当に原動力になります。悔しさを何度も何度も経験することがやっぱり自分自身を成長させていくことになるのです。

さいごに。

私には尊敬するライターさんがいます。その方のような生き方や活動に共感しています。尊敬をするからといって、手が届かないとは思いたくはないです。現実問題は難しいかもしれないと言われるでしょう。でも、その人に近づきたい、むしろ越えてやるという悔しさや負けたくないという感情があります。尊敬を抱きつつ、ずっとこれからも2つの感情は無くさずに持っておきたいなと思います。

いかがでしょうか。皆さんは、悔しさや負けたくないと思ったエピソードありますか。

それではまた。

¡Hasta la próxima!

スポンサード リンク

この記事をシェアしませんか?

各種SNSでのフォローはこちらから

【ブログ運営者】

浦川俊平(ニックネームは「たろう」)。スペインを愛するフリーランス。Webライティング・インタビュー取材・ブロガー。「スペインと日本を繋げる」人になることが目標。現在は日本在住。フレキシブルにスペインと携わるために活動中。
詳しいプロフィールはこちら。→ブログサイト/プロフィール


お問い合わせ先。→お問い合わせ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です