ダブルワークが終了しました。1年間ダブルワークを実施しての感想と反省。

Pocket

どうも。こんにちは。
たろう(@v_varentaro)です。

私は約1年前からダブルワークを実施して稼いでいました。

ですが、先日、メインの仕事にプラスしてやっていたカフェのアルバイトを辞めて、仕事を1本に戻すことにしました。つまり、ダブルワークは終了です。

ちなみにダブルワークは何をしていたのかというと、小売店販売員(パートタイマー)とカフェ(アルバイト)でした。

今回は約1年間のダブルワークをした感想と反省を紹介したいと思います。

それではどうぞ。

スポンサード リンク

ダブルワークの目的と詳細

ダブルワークを実施していた目的は海外渡航の資金集めの為です。メインにやっていた販売員の仕事だけでは貯まらないなと思い、もっともっと貯める為にもダブルワークを実施しました。

これからの話を進めていく上で理解しやすいように、私が実施していたダブルワークの詳細を説明しておくと、

午前中→カフェでアルバイト

午後から→メインの販売員(ダブルワーク開始時には既に1年ほどやっていました。)

カフェでのアルバイトは週3日ほどを目処に入りました。時給は非公表にしますが、出来たばかりのお店でした。ですが、この地方では非常に人気なお店でもありました。

そして、メインの販売業は現在も続けています。週5日勤務の公休日は2日です。有給も付きます。私は任されている仕事上、昼から出勤して閉店までといったほぼ固定のシフトです。忙しい時期は朝出勤もありました。

何故、カフェのアルバイトを辞めたのか。

何故カフェのアルバイトを辞めたのかというと、出発まで残り3ヶ月となったので準備に朝の貴重な時間は非常に大切だったからです。役所など行くのに昼から仕事では到底いけないので、朝の時間に済ませるようにしたかったからです。

それからメインの仕事がこれから忙しい時期に入る為に、カフェのアルバイトに満足にシフトに入ることが出来ないからです。昨年もシフトで非常に悩んだこともありましたし、厭らしい話、時給では販売員の方が高いので、同じ時間に入るなら販売員を選びます。

資金集めに有効だったのか。

IMG_2787

気になるのは資金集めに有効なやり方だったのかという点ですが、はっきり言ってあまり有効ではなかったと言えます。もっとやり方を考えれば良かったなと少し後悔しています。

私が住んでいる地方の町ではまず時給1000円以上が殆どありません。(仕事を選ばなければの話。)ダブルワークのどちらも1000円以上あれば、もっと資金集め出来たかなと感じました。(どちらの仕事も時給は1000円いかなかったです。)

しかし、全く資金集めに有効ではなかったわけではなく、月に数万円ほどは定期的に資金として計算して回せたことは非常に救いでした。

調整が難しかったダブルワーク。

シフトと自分の体力の調整が難しかったです。

販売業と飲食業の両立はシフトに大きな弊害を与えました。どちらも土日出勤が優先とされる仕事ではあるので、時給の良いメインの仕事を先に考えます。それによってカフェのバイトでは土曜日だけもしくは日曜日だけ出勤とあとは平日となることも多く、土日に人手を欲する職業を掛け持ちするのはやはり難しかったなと反省しました。

それから、カフェはアルバイトというポジションなので週3出勤が確定されているわけではありませんでした。1ヶ月で7日しか出勤しない月もあり収入に差が出てきてしまうこともありました。

更に、自らの体力面でもさすがに辛かった時期もありました。週7日全てダブルワークで仕事の時もありました。休みの日でもカフェのバイトが朝だけ行って、あとの時間は休みということもあり、ひたすら睡魔に襲われました。笑

ダブルワークをして身についたもの

ダブルワークを実施して反省点や辛かったこともありますが、良かったことや身についたこともあります。

それは銀行口座に資金が貯まっていくという快感が嬉しかったことです。働いた分は給料に反映されてくれるので、貯金を回せるお金が多いとやはり頑張って良かったなと感じました。

それから、朝から晩まで働くことにあまり抵抗を感じなくなったことです。例えば、メインの仕事で『朝から晩まで仕事とか嫌だな。』と言う人もいますが、そういった人にあまり共感することもなく、むしろ私はその人よりやってやると思うタイプなので余計に仕事を頑張ろうと感じました。これが良いことか悪いことかは分かりませんが、他の人よりは確実に長時間労働に対する抵抗感は無くなりましたし、労働時間に関しての徐々に弱音も吐かなくなりました。

それから、朝から働いていると夕方くらいからハイテンションになってもっと仕事に集中するといったことも何度もありました。笑

正直、おすすめしませんが仕事に対する意識は変わったと思います。20代は稼いでなんぼだと思います。

ダブルワークか正社員、どちらが資金集めに有効なのか。

これから海外に行きたいと思い資金集めをする人に伝えたいのは、ダブルワークで資金を集めるより、社員になって資金を集めたほうが良いなと今回経験して感じたことです。これは日本での慣習的な働き方に限るかもしれませんが。

何故なら手取りに波が出ないからです。固定金額を貰える正社員なら資金集めの計画も立てやすいでしょうし、更にボーナスが出るところなら、それを資金に回すことも出来ます。仕事上でのストレス面で大きなダメージを受けやすい正社員ではありますが、資金集めという考えだけでいうとそちらの方が有効だなと感じました。

さいごに。

IMG_2785

何かと大変なダブルワークでしたが、バイト先のカフェでは海外挑戦に従業員の皆さんが応援してくださりました。心から働いて良かったなと感じましたし、良い人ばかりでした。今度はお客さんとして行きたいなと思います。本当に感謝です。ありがとうございました。

さて、これからの資金集めなのですが、メインの販売員は出発の1週間くらいまでに続けるつもりです。12月に退職しようと思います。

その他の収入としてこのブログなどや家にある要らないモノを売ったりなどと地道に稼いでいきます。また少しずつ海外挑戦に向けて進んでいきます。

それではまた!

¡Hasta la próxima!
【ダブルワークから半年が経過!】→ダブルワークを始めて、半年が経過して感じたこと。

スポンサード リンク

この記事をシェアしませんか?

各種SNSでのフォローはこちらから

【ブログ運営者】

浦川俊平(ニックネームは「たろう」)。スペインを愛するフリーランス。Webライティング・インタビュー取材・ブロガー。「スペインと日本を繋げる」人になることが目標。現在は日本在住。フレキシブルにスペインと携わるために活動中。
詳しいプロフィールはこちら。→ブログサイト/プロフィール


お問い合わせ先。→お問い合わせ

コメント

  1. 岡田 隼斗 より:

    一先ず お疲れ様でしたぁ!!!
    なんか晴々しい表情に ワクワク頂きました。
    微力ではありますが 応援続けさせていただきます!

    • Shumpei より:

      岡田さん!ありがとうございます!!たどり着きましたか!w
      少しずつ変わっていきます:)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です