¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

 

ブログやライティング業務をしていると、作業や仕事に集中したいと思うタイミングが必ず訪れます。そんな時、皆さんならどのような対処を取りますか?

 

私は両耳にイヤホンを付けて、「インストゥルメンタル・ミュージック(インストミュージック)」を流します。つまり、作業用BGMですね。

 

今回は、作業に役に立つおすすめの作業BGM(インストミュージック)をご紹介します。

 

それではどうぞ。

 

スポンサード リンク

作業用BGM 1. Julien Piacentino – “Silk”

8ビートでバックに流れる「トントントン」とした一定のリズムに、別のリズムがうまく合わさってきます。何気に落ちついて作業がしやすい印象です。

 

少し暗いイメージがつきまとう曲ではありますが、集中するには良いと思います。

 

作業用BGM 2. GABBY & LOPEZ – “HAZE OF THE SUNFLOWER”

GABBY & LOPEZの2本のギターが織り成すサウンド、前作から5年ぶりの新作「SWEET THING」に入っている1曲です。

 

春を感じさせるサウンド。緩やかな曲調がじっくり考えたい作業の時に効果的です。ギターの弦を爪弾くサウンドには、思わず聞き入ってしまうかもしれません。

 

 

作業用BGM 3.  Totorro「Home Alone」

フランスのレンヌを活動拠点とするインストバンドである「Totorro」。ポストロックバンドとしての地位を、確かな演奏技術と音楽性を備えています。

 

飛び跳ねるポップ性を兼ね備えながらも、邪魔しない「Home Alone」というアルバム。作業用BGMとして、ものすごくおすすめです。動画ではアルバムをフルで聴けます。

 

作業用BGM 4.  Perfume「inst mix」

日本を代表するアーティスト「Perfume」 。「Perfumeって作業用BGMになるのか?」と、疑ってしまいますが、このPerfumeのインストミックスはおすすめです。

 

流れと曲順が非常に良く、知っている曲でも作業の邪魔にならずに作業が可能。作業中や、タイピング中に、集中の鬼と化したトランス状態になれますよ。

 

ちなみに、個人的に「spending all my time」が好きです。

作業用BGM5.  Balomorhea「Stranger」

ポストクラシカルシーンでアメリカで有名なバンドの「Balmorhea(バルモレイ)」の2012年リリースのアルバム「Stranger」。

 

決して、静寂ではない収録曲が多いのですが、曲順が落ち着かせる抑揚のある流れになっています。「タッタッタ」と、一定のリズムで走り抜けるようなリズムに乗って、タイピング作業もはかどりますよ。

 

 

さいごに

アンビエント、ポストロック、エレクトロニカ系は作業用BGMには最適です。

 

音楽自体もかっこ良いので、作業しながら「俺、めっちゃ出来るじゃん!」って思えますよ。(気のせい。)

 

作業用BGMをお探しの方、是非、参考にしていただけたらと思います。良いBGMが見つかれば、随時、更新していきます。

 

それではまた!

¡Hasta la próxima!

スポンサード リンク
この記事をシェアしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です