Pocket

¡Hola!

どうも。スペイン大好きブロガー たろう(@v_varentaro)です。

5月21日に日本とスペインにとって良いニュースが入ってきました。

2016年5月20日に日本とスペインの両国の航空会社が路線と便数を自由に決めることができる「オープンスカイ」に合意したことを発表しました!

今後、スペインと日本がさらに強い繋がりを見せることが期待出来ますね!

それでは、このニュースをもっと詳しく見てみましょう。

スポンサード リンク

両国の合意のニュースはNHKの報道から

この嬉しいニュースを知ったきっかけは、NHKのオンラインニュースからでした。

日本・スペイン 航空の自由化に合意/NHKニュース

この報道によると、日本の石井国土交通大臣とスペインの駐日大使ゴンサロ・デ・ベニート氏が会談をした後にオープンスカイに合意しました。これにより、混雑が予想される羽田空港を除いて就航する便数と路線を自由に決められることが出来るようになります。

石井国土交通大臣も「これをきっかけに両国の交流が観光面でも経済面でも活発になることを期待している」と発言しています。

いいね!私も期待しています!!

 

2016年10月からは成田 -マドリード線が復活

スペインの大手航空会社イベリア航空が2016年10月19日から成田とマドリードを結ぶ航空路線を約20年ぶりに再開させることが決定しています。(後日、詳しく記事にします。)

これにより、今まで経由をしていたスペインへのフライトは、直行便を飛ばすことでより身近にスペインと日本の距離とフライト時間をが短くすることが出来ます。

スペインの首都マドリードに到着!バラハス空港からマドリード中心部に地下鉄で行く方法。

 

成田空港とヨーロッパ線のネットワークがより強化・拡大

イベリア航空によるマドリード直行便復活の影響により、成田空港と直行便で結ばれる拠点は14都市目になりました。

ちなみに、残りの13都市はアムステルダム、ブリュッセル、コペンハーゲン、デュッセルドルフ、フランクフルト、ヘルシンキ、ロンドン、ミラノ、パリ、ローマ、ウィーン、ワルシャワ、チューリッヒです。

 

スペインは訪日プロモーションの重点的な市場の一つとして期待されています

国土交通省の統計によると、2014年の日本-スペイン間の観光客数は年間50万人以上を超えました。一方で日本を訪れるスペイン人の数は2015年で8万人弱となり少ない印象ですが、年々増加傾向にあります。

直行便復活の影響でさらにスペイン人が日本に来ることが期待されていて、現地のスペインに日本政府観光局の事務所を設立する予定です。

インバウンドが盛んになってきた近年ですから、もっとスペインと日本が繋がってほしいと強く思いますね。

実際に直行便が就航するマドリードやスペイン第2の都市のバルセロナは良い街でした!

観光地も豊富でまだまだ開拓したい場所だと思いました。

スペインと言えばバル!マドリードで2件のバルに行ってきた。

2026年完成予定のバルセロナのサグラダファミリアを写真で楽しむ!

 

夏のスペイン旅行の計画を立てよう!オススメの航空券・ホテル予約サイトはこれ!

直行便は待てないから夏の休みにスペインに行きたいと思っている方は、是非、今から航空券とホテルを予約しておきましょう。

【おすすめしたい航空券・ホテル予約サイト】

Expedia(エクスぺディア)



まず、おすすめしたいのは大手予約サイトのエクスぺディアです。「かしこい旅」と名を打つだけあり、航空券の予約だけでなく一緒にホテルの予約をすることがポイントです。

エクスぺディアでは航空券にホテルをプラスにする事でホテル代が全額OFFになる『AIR+割』をやっているので、通常よりも安い値段で手に入れる事ができます。 通常よりも3万〜5万ほど安くなる組み合わせがあるので、チェックしておきましょう。

 

Surprice(サプライス)

2つ目がここ数年で話題の航空券予約会社のSurprice(サプライス)です。日本国内どこから出国しても最大で2,000円キャッシュバックを行っています。バルセロナへの便が安いカタール航空とも相性が良いです。

さいごに

IMG_3326

2016年に入って日本とスペインが関連したニュースが多く入ってきています。

スペイン・ワーキングホリデーも締結間近か?! ワーキングホリデーが遂に動き出す!

それだけ、2016年は日本とスペインとの繋がりを強くしたいのでしょう。やはり、スペインブームが少しずつ起こってきているように思えます。

このまま日本とスペインの間で良い旅が出来る友好な関係が続いてほしいです。

それではまた!

¡Hasta la próxima!

 

スポンサード リンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です