Pocket

¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

 

2017年4月5日にスペインのワーキングホリデー制度が決定しました。

 

4日から来日されているフェリペ6世国王王妃両陛下とともに、アルフォンソ・ダスティス・スペイン外務・協力大臣も来日。日本の岸田外務大臣と「ワーキングホリデー制度の協定」の著名を行いました。

 

日・スペイン・ワーキングホリデー協定の署名(外務省)

 

話題沸騰のスペイン・ワーキングホリデーなんですが、概要を調べてみました。いつから始まるのか? 対象年齢は何歳なのか? スペインに仕事はあるのか?

 

そして、先日決定したスペイン側の日本へのワーキングホリデーの情報も記載しています。

 

それではどうぞ。

 

スポンサード リンク

ワーキングホリデー制度とは?

 

ワーキングホリデーとは、日本と対象となる国の間での、相互理解を促進することを目的とされている制度です。

 

今回のスペインの場合では、日本とスペインの若者を対象に、それぞれの暮らしやライフスタイルを知ること、文化に触れることが主となります。

 

ワーキングホリデー期間中は、働き口を見つけて働いてもいいし、学校に良いし、遊び尽くしてもいい。つまり、個人の自由な訳です。あなたならどのように過ごしますか?

 

「スペイン・ワーキングホリデー」及び「スペイン・ワーキングホリデービザ」について

マドリードのバラハス空港

2017年4月5日現在で、「スペイン・ワーキングホリデー制度」及び、「スペイン・ワーキングホリデービザ」で決まっていることをお知らせします。

 

情報が更新され次第、こちらでお知らせしますので、チェックしてみてください。また、後ほど、スペイン大使館からいただいた回答も掲載していますので、以下をチェックしてみてください。

 

スペイン・ワーキングホリデービザの対象年齢は?

 

ビザ申請時に18歳以上30歳以下です。つまり申請するときに、30歳であればOK。

 

スペイン・ワーキングホリデービザの有効期間は?

 

スペイン・ワーキングホリデービザは、入国から1年間となっています。

 

スペイン・ワーキングホリデービザは何回でも申請できるの?

 

できません。他の国のワーキングホリデービザでもそうですが、基本的に1人1回のみです。

 

スペイン・ワーキングホリデー制度はいつから始まる?

 

残念ながら現時点では、わかりません。

 

すぐに始まることもあるかもですが、スペインというお国柄、半年以上とかになるかもしれません。(後述しています。)

 

ちなみに、お隣のポルトガルワーキングホリデーは、開始日から申請書類が分かるまで8ヶ月以上、かかりました。

 

→ ポルトガルワーキングホリデー・ビザについて分かっていること【完全版】

 

どのくらいのお金が必要?(資金額は?)

 

4月5日現在では、明確な数字は出ていません。

 

しかし、協定書類の報告によると「往復航空券を購入できる充分な資金が必要」であり、「滞在の当初の期間に生計を維持するための相当な資金を所持すること」が明記されています。

 

若者の失業率が50%を超えるスペインです。かなりの金額を準備する必要があるかもしれません。

 

その他にも

 

被扶養者との同伴はできなかったり、滞在中に在留資格の変更は不可です。

 

また、健康であることの証明として「健康診断書」の提出や、「犯罪経歴証明書」も提出するようになります。

 

 

「スペインから日本へ」のワーキングホリデービザへの条件が決定

 

2017年6月20日に在スペイン日本国大使館から、スペインから日本へのワーキングホリデービザへの条件が決定しました。2017年7月1日からスペインから日本へのワーキングホリデーの受付けが始まります。

 

詳しい条件に関しては以下のサイトから。(スペイン語です。)

 

参考:WORKING HOLIDAY EN JAPÓN

 

スペインから日本への条件の中で、いくつかピックアップしてみました。

  • 年齢は18歳〜30歳まで
  • 最長1年間の滞在のみで延長は不可
  • 扶養者がいない(扶養者のための適切なビザを持っている場合を除く)
  • 往復航空券を持っていること。あるいは、それに相当する十分な資金があること。往復航空券2000ユーロ相当(または、往路+復路航空券1000ユーロ)を保持している
  • 航空券とは別に滞在期間の初めをカバーする十分な資金2000ユーロを持っていること
  • 健康診断書、無犯罪証明書が必要
  • 履歴書、ワーキングホリデー参加への志望動機

 

スペインから日本への必要な資金に関しては「往復航空券+ 2000ユーロ」は最低資金なので、合計で3000〜4000ユーロ(多く見積もって5000ユーロ)が必要ということ。日本円で50万円ほどです。

 

また、履歴書やワーキングホリデー参加への志望動機という、ワーホリでは珍しい(?)書類も必要とのこと。

 

日本からスペインへの正式な情報がないため、しばらく待つようになりますが、日本の条件も同じようになる可能性が高いので、目安として考えておくのも良いかもしれません。

 

日本語で詳しく知りたい方は「todomadrid」の記事もチェック!

参考:速報!在スペイン日本大使館がワーホリ申請を7月1日から受付開始

 

 

スペインで働けるの? 就労状況は?

アトーチャ・セルカニアス駅

Twitter経由で絡ませていただいている、スペインを知る先輩方々のツイートを参考にしてみました。

 

ネガティブな意見でしょうか? 確かにそうかもしれせん。でもこれが現実でもあるのです。

 

EL MUNDO紙の記事も参考になると思います。25歳から29歳のスペイン人の失業率は54.1% で、29歳までの人たちは実家暮らしをしているとのこと。

 

→ Si tienes 29 años en España, vives con tus padres

 

「リモートワーク」や「ネットで稼ぐ」という手も可能か?

 

ネガティブな意見もありますが、個人的には嬉しい・大賛成なニュースです。スペインに行ってみたい・働いてみたい・過ごしてみたいという人はたくさんいますから。

 

最近、日本では働き方を変える動きも出ています。フリーランスへの理解も、少しずつ変わっていると感じます。

 

そんな動きに対して、私もリモートワーク(フリーランスでWebライティングやブログ)を使って、日本で仕事をしています。

 

しかし、スペインのワーキングホリデー・ビザを使って、インターネットを使ったリモートワークや働き方が可能かは、ワーキングホリデーの詳細が出てからでないと不明です。

 

スペインワーキングホリデーの続報はスペイン大使館の詳細を待つこと

4月6日に日本のスペイン大使館に問い合わせてみました。

 

すると、以下のような回答が返ってきました。

まだ、スペイン日本両国の外務大臣による署名が終わっただけの段階であり、具体的なことは何も決まっていない状態です。

おそらく、今後両国間で諸条件の調整が行われ、実際にビザの申請ができるようになるまでには、あと半年から1年ほどかかると思われます。

詳細が判明次第、当館のウェブサイトにて通知いたします。

引用:スペイン大使館 領事部より

 

先述通り、半年から1年はかかる見込み。詳しい情報や新しい情報が出るまで、今は気長に待っておくのが良いですね。

 

※ スペインから日本への条件が決まったので、もしかしたらもう少し早くなるかもしれません。個人的には半年ほどはかかるのではないかと踏んでますが。(根拠はないです…汗)

 

さいごに

ちなみに、私は観光ビザで5月の中旬まで、スペインのセビージャや、マドリード、サンティアゴ・デ・コンポステーラなどに滞在していました。今は帰国しています。

 

1ヶ月〜3ヶ月ほどの観光ビザの滞在で、「スペインを移動しながら暮らしてみたい」って方のために現在、記事を更新中です。

 

ぜひ、覗いてみてくださいね。

 

→ スペイン・セビージャ(セビリア)の短期留学。3週間の語学学校が終了しました

 

→ スペイン・セビージャ(セビリア)でWi-Fiが使える4つのカフェ。食事も美味しくてオシャレです

 

→ Airbnbの良いところと使い方を紹介。短期滞在・旅行での利用もあり

 

それではまた。

¡Hasta la próxima!

スポンサード リンク
Pocket

“スペインワーキングホリデー制度が決定。いつから? 対象年齢は? 仕事はある? 調べてみた” への7件のコメント

  1. 初めまして!最近よく読ませていただいてます。スペインもワーキングホリデーの仲間入りと聞いて私も真剣に考えたりしてます。スペインでの生活楽しんでください^^

  2. バルセロナ在住のものです! 参考になる記事ありがとうございます!これからもワーキングホリデーの情報お待ちしています!

    1. ありがとうございます! バルセロナ在住なのですね。バルセロナに行く予定もあるので、バルセロナ楽しみです。情報は気長にお待ちくださいませ!

  3. たろうさんには残念な話かもしれませんが、スペインが他の国と結んでいる協定では、ワーホリビザはcuenta ajenaとあるので、自営業は認められていないようですね。仮に認められるとしても、ライターとして自営されるなら、税金や社会保障関連の手続きは避けられないでしょうから、このように先走ってリモートで、というのはやはり少し先走りすぎじゃないでしょうか?今でこそ制度の改正を重ねて、現地での就労許可取得の手続きが省かれ、ビザが就労許可を兼ねるようになっていますが、以前は現地での取得が求められ、鶏卵問題になっていたようです。
    蛇足ですが、電車の駅構内は撮影禁止ですよ。

    1. コメントやご指摘、ありがとうございます。すべては、スペイン大使館の詳細や情報を待ってからと思っています。先走り云々などの件に関しても、一つの提案であるだけで、すべては大使館の連絡待ちという考えです。難しい場合ならそれまでと思っております。
      駅構内の写真に関しても、ありがとうございます。こちらで確認してから、削除もしくは変更いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です