デザイナーだけではない。心に留めておきたいジョンCジェイ氏の言葉。

Pocket

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

2014年10月7日に日本の株式会社ユニクロにジョン・C・ジェイ氏が移籍するというニュースが舞い込んできた。

ジョン・C・ジェイ氏と言えば、ナイキを始めとした有名ブランドのデザイナーをしていた人物。そんな大物がまさかの日本企業であるユニクロに来るとはと純粋に驚きを隠せない。

参考記事→ ファーストリテイリング、クリエイティブ統括にジョン C ジェイ起用Fashionsnap.com)

そのニュースの関連で、こんな記事を見つけた。

伝説のクリエイター、ワイデン+ケネディのジョン C ジェイから、「これからの若いデザイナー達へ10のレッスン坂井直樹のデザインの深読み)

興味深く読んでみた。これが正解だった。

書いてあることは当たり前の10の言葉。

でも、これは当たり前でも実に素晴らしい言葉達ばかりだった。当たり前だからこそ心に響くのである。

若手デザイナーに向けて書かれた素晴らしい10のレッスンは、デザイナーではなくても役に立つことが満載だと感じた。

スポンサード リンク

若いデザイナーたちへの十のレッスン。

若いデザイナー達への十のレッスン
① 自分に正直でありなさい。君が持っている最大の資産は個性だ。ああしろこうしろという他者の言うことには耳を傾けるな。
② 他の誰よりも仕事に励みなさい。努力は必ず報われる。
③ パソコンから離れ生身の人間、本物の文化に触れなさい。これが人間の本質である。
④ 技に磨きを掛ける事を怠るな。思考の革新のみでは足らない。手先を動かしモノを作りさない。
⑤ 可能な限り旅に出なさい。旅先で自分の無知を再認識するといことはとても謙虚で刺激的な経験である。
⑥ 現代社会はテクノロジー率先で流行に翻弄されやすい。しかし、その中でもやはりオリジナリティは君臨する。
⑦ 自分もそうなりたくないのなら愚かな者の元で働くな。
⑧ 本能。直感。己の力を信用する事を学びなさい。
⑨ 黄金律(「おのれの欲するところを人に施せ」)は真。善意に尽くせ。
⑩ 例え他のすべてが失敗しようとも、②を維持できればそれは君のキャリアの最大のアドバンテージになるであろう。
ジョン C ジェイ
10 lessons for young designers:
1. Be authentic. The most powerful asset you have is your individuality, what makes you unique. It’s time to stop listening to others on what you should do
2. Work harder than anyone else and you will always benefit from the effort.
3. Get off the computer and connect with real people and culture. Life is visceral.
4. Constantly improve your craft. Make things with your hands. Innovation in thinking is not enough.
5. Travel as much as you can. It is a humbling and inspiring experience to learn just how much you don’t know.
6. Being original is still king, especially in this tech-driven, group-grope world.
7. Try not to work for stupid people or you’ll soon become one of them.
8. Instinct and intuition are all-powerful. Learn to trust them.
9. The Golden Rule actually works. Do good.
10. If all else fails, No. 2 is the greatest competitive advantage of any career.
John C Jay

上記はブログから引用させていただいた。

特に私の心に響いたのは、①と②と⑧の3つである。

① 自分に正直になることほど難しいことはない。個性を押し殺して仕事に励んでしまう日々。自分の心に正直に従うことは通常の仕事にはとてもリスクがあることかもしれない。

しかし、日々の生活、日々の仕事ほどクリエイティブな意識を持ってやるべきだと私は常々思っている。

自分の個性という資産を無くすくらいなら、それはしないほうがいいと思っている。

② 努力は必ず報われること。それを信じてやっていく。信じた者にだけ得られることがある。それを願いながらもっと頑張らなければと自分を奮い立たせる。続けることは実にしんどい。

でも、それを甘えず怠らずやってこそが未来の自分を確立する上で大切な大切な土台となる。

やろう。やるしか道は開けない。

⑧ あれこれ考えてしまう癖があると自覚していて、考えすぎて迷って辞めてしまうことも多々ある。

でも、その中でも自分の本能と直感で決めたことは、正直に後悔は少なく、むしろ幸福が大きいとさえ感じる。その瞬間があるということは、その決断は正しかったということだ。

「いやいや、私はまだまだなんだよ。」と言ってしまう自分自身に対して、もっと自分の力を信じようと問いかけてあげたい。

これからはもっと直感と本能を活用したい。結果は後から付いてくる。あれこれ考えるよりまずはやってみることが大切だ。

さいごに。

この3つだけではない。もちろん他の言葉達も素晴らしい。

時々、迷った時にこの言葉達を見て、私は前を向こう、前に進もうと思う。

もっとクリエイティブな意識を持って文章を書きたい。誰にも真似されない独特な文章を書く!! それが私の密かな目標である。

私はデザイナーではない。でも、これだけこんなにも心に響くのだ。デザイナーだけではもったいない。

皆にもっとこの言葉を噛みしめてほしい。そう思う。

それではまた。
スポンサード リンク

この記事をシェアしませんか?

各種SNSでのフォローはこちらから

【ブログ運営者】

浦川俊平(ニックネームは「たろう」)。スペインを愛するフリーランス。Webライティング・インタビュー取材・ブロガー。「スペインと日本を繋げる」人になることが目標。現在は日本在住。フレキシブルにスペインと携わるために活動中。
詳しいプロフィールはこちら。→ブログサイト/プロフィール


お問い合わせ先。→お問い合わせ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です