Pocket

¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

以前、スペインを旅行した際に悩んだことがあります。それはお金の管理です。初めてのスペインの旅に楽しい気持ちを高めながらも、スリや置き引きにも気を付けなければならないという不安がありました。

 

だからこそ、大金をそのまま持ち歩くのなんてタブー。さらにクレジットカードも取られるのを考える心配でした。さらに海外だとATM専用の部屋などはなく、外にむき出しのままでATMがある場所もあります。それを使って引き出すのも可能ですが、やはり狙われる心配もありますし手数料も多くかかります。

 

そんな時に使えるのがマネーパートナーズが提供する「マネパカード」です。今回は旅初心者な私でも安心して使えたので紹介します。

それではどうぞ。

スポンサード リンク

「マネパカード」とは?

マネパカードは株式会社マネーパートナーズが提供するプリベイドカードのことです。

 

マネパカードの特徴はクレジットカードやキャッシュカードとは違い、チャージして使うプリペイドカードです。2016年の6月から海外だけでなく、国内も利用可能になりました。

 

マネパカードは「マルチカレンシー」。「マルチカレンシー」とは複数の通貨のことで、複数の通貨をチャージできます。アメリカドル、イギリスドル、ユーロ、オーストラリアドル、香港ドル、日本円の6種類の通貨をチャージする優れものです。

 

マネパカードは年会費・発行手数料が無料

マネパカードのもう一つの特徴は年会費が無料な点です。年会費と発行手数料もかからないので、急な海外への渡航などにも余計な費用をかけずに申請できます。

 

このようなカードには大抵、入会する時の審査が必要です。しかし、マネパカードはクレジットカードのような与信審査がありません。

 

さらに日本在住で15歳以上なら原則誰でも申し込みが出来るのです。クレジットカードには個人情報の登録も必要ですが、なんとそれも不要という素晴らしさ。

 

ちなみに買い物のチャージ金額は、

外貨の場合:

  • 1回→80万円
  • 1日→100万円
  • 1ヶ月→200万円
  • 1年→1,000万円

 

円貨の場合:

  • ひと月→50万円

 

の範囲で自由にチャージ利用が可能です。

 

マネパカードの手数料はクレジットカードの半額

さらにマネパカードのメリットは続きます。

 

海外でクレジットカードをショッピング利用すると手数料がかかります(平均で1.6%程度)が、マネパカードは手数料のコストが実質半額になります。

 

例:スペインでの2週間で必要な予算を計算した場合

飲食費 10,000円
観光費 10,000円
交通費 6,000円
お土産代 3,000円
合計 29,000円

 

例えば、スペイン旅行2週間を約3万円ほど利用するとします。すると手数料は、

  • マネパカード→29,214円(214円が手数料)
  • 銀行利用→29,849円(849円が手数料)
  • クレジットカード→29.498円(498円が手数料)

 

以上のようにマネパカード圧倒的なんです。海外ショッピング利用では、手数料の面でマネパカードは非常に安く抑えられるのです。

 

さらに、銀行や両替店での外貨両替と比較しても安いです。マネパカードだと最大93%もコストカットになります。

引用: https://card.manepa.jp/about/
引用: https://card.manepa.jp/about/

 

スペインのお土産店やスペインバルでの利用でもクレジット処理ができるお店が豊富にありました。そのためショッピングでの利用が増えたことで、その際にマネパカードが出る幕は多かったです。

 

→ スペインと言えばバル!マドリードで2件のバルに行ってきた。

 

→ 私が実際に購入した、オススメしたいスペイン(主にバルセロナ)のお土産を紹介します!

 

マネパカードは現地ATMでの「現金引き出し」に使える

スペイン旅行中で困ったのは現地の両替所・銀行でのお金の引き出す方法。

 

スペインにはカイシャ・バンク、サンタンデール銀行、サバデル銀行などありますが、実際にどの銀行の手数料がどのくらいかかるのか分からないのは不安でした。

 

ですが、マネパカードはマスターカードのマークが付いたATMで現地通貨を引き出せるのです。特に空港に設置してあるATMでの引き出しにマネパカードは便利でした。実際にマドリードのバラハス空港にあるATMで簡単に現地通貨を引き出せましたよ。

 

→ スペインの首都マドリードに到着!バラハス空港からマドリード中心部に地下鉄で行く方法。

 

現金を必要とする場所もあるスペインでしたが、少しのユーロを引き出したい時にマネパカードを通じて行う方法は便利です。

 

またマネパカードは国際(海外)キャッシュカードよりも安く、米ドル、ユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドルを引き出せます。ただし、日本円でのATMでの引き出しは出来ませんのでご注意を!

引用: https://card.manepa.jp/about/cashcard.html
引用: https://card.manepa.jp/about/cashcard.html

 

 

ちなみに、マスターカードが提供する「MasterCard Nearby™」という便利なアプリもあります。このアプリはマネパカードで外貨を引き出せる「マスターカードATM設置場所」の検索やマスターカード加盟店の場所を確認ができます。これを開いて、あらかじめ場所を把握すれば探す手間も省けますね。

MasterCard Nearby
MasterCard Nearby
Developer: MasterCard
Price: Free

 

安心・安全!高額な現金を持ち歩なくていい

スペインのマドリードやバルセロナなどの都市部ではやはりスリの発生率は高いです。旅行者自身の対策も必要なので、大量の現金を持っていくことなんてナンセンス。

 

ですから、高額の現金を持ち歩かなくてもマネパカードにチャージをすれば仮に盗まれても、すぐに会員専用サイトから利用停止ができます。操作をすれば、その時点でカード残高を補償してくれるのです。

 

また総額50万円のカードショッピング保険で商品を補償してくれたり、ICカードだから不正利用も防止、24時間365日のサポート対応もしてくれます。

 

どれだけ至れり尽くせりなんだマネーパートナーズは! ありがたい!

 

→ スリ・置き引きが多いスペインで私が防犯対策としてやった7つのこと。

 

留学にもマネパカードは使える

前述した通りに15歳以上で使えるマネパカードは、高校生からの留学にも使えて便利です。与信審査も年会費も発行手数料も無料だからこそ、開設コストが節約できます。

 

長期留学の場合は現地の銀行口座の開設が必要となる時もあります。ですが、短期留学で多くの現金を持っていることは防犯面でもリスクです。だからこそ、あらかじめチャージをしておけば必要な時に必要な分だけ、現地ATMで現地通貨で引き出しが可能なのです。

 

ちなみにスペインはマスターカードを使えるお店が多いので、活躍するシーンはたくさんあります。確かに利用額の制限はありますが、高校生や大学生でカードを使うのが初めての学生さんにおすすめしたいです。

 

2016年6月1日から国内利用も開始

2016年6月1日から日本国内利用が開始されました。全国のマスターカード加盟店で利用できます。

 

海外では日本最安、国内では最大2%還元(条件あり)のお得なマネパカード。日本円にチャージすれば、そのままプリペイドカードとして利用が出来ます。

 

ちなみに、最大2%還元を受けるには条件があります。

  • マネパのFX口座を持っている→1.5%
  • マネパで月間100万通貨以上のFX取引を行う→翌月に1.7%
  • マネパカードの口座を持っていて、マネーパートナーズにて月間100万通貨以上のFX取引をされた方→2.0%

 

さらに嬉しいのは、海外旅行で使い切れなかった外貨は日本円に再両替することで、手数料相当額0円で国内利用が出来るようになります。これなら無駄なく賢く使えますね。

 

まとめ

DSC01633

私が楽しくスペインの旅が出来たのはマネパカードのおかげでもあります。大切なお金の管理にストレスをあまり感じることなく、普通のクレジットカードのように使えました。

 

申し込みも5分程度で完了し手数料も無料。さらに審査も簡単なマネパカード。1枚持っておいて損はありませんよ。

 

申し込みは以下からできます。



それではまた!

¡Hasta la próxima!

スポンサード リンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です