スリ・置き引きが多いスペインで防犯対策としてやった7つのこと

Pocket

¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

1週間のスペインの旅で一番、心配だったことがあります。それはスリと置き引きによる犯罪行為です。

スペインの首都のマドリードや第2の都市バルセロナは特に人も多いので、スリや置き引きによる犯罪が多い。1週間、スペインに滞在していましたが、私は無事にそういった犯罪に巻き込まれることはありませんでした。本当に良かった。

運もあるかもしれませんが、しっかりとスリや置き引き対策を取っていたことも安全要因に挙げられます。

今回は、私がスリや置き引きに遭わないために実際に私が行った防犯対策をご紹介します。

それではどうぞ。

スポンサード リンク

スペインでの邦人被害件数を知る

まず、知っておきたいのはスペインでの邦人被害件数なのですが、その前にスペインでの総犯罪件数を紹介しておこうと思います。

在スペイン日本国大使館の海外安全対策情報によると、2015年の1月から9月分のスペインでの総犯罪件数は1,540,861件。その内訳の中でスリと置き引きに関しては、541,561件と非常に高い水準となっています。

そして、在スペイン日本国大使館が認知している範囲での、邦人被害件数は31件(2015年1月〜9月分)。スリ及び置き引きが大部分を占めている状況なのです。

私がスペインでスリなどに遭わないために行った7つの防犯対策

私が1週間の滞在で行った防犯対策は合計で7つ。難しいことはしていないので、すぐに実践出来るレベルだったので紹介します。

1. テーブルや机に貴重品を置かない

基本中の基本。特に高価なスマートフォンなどは置くべきではないです。いや、置くこと自体が論外だと思いましょう。

日本ではよくテーブルに貴重品を置いたまま、お喋りやトイレに行ったりとすることが多いですが、その習慣を捨てて、海外に行った方がいいです。

むしろ、これからは訪日外国人が増える傾向にある日本で、そのような行為をしていると日本でも置き引きの被害に遭う可能性があると思っておいた方がいいのでは?と思います。

2. 食事の際はカバンを見えるところ、もしくは体に密着させておく

空いている向かい側の椅子に、カバンなどを放置しておくのは危険です。必ず見えるところ、むしろ腕や足にカバンの取っ手を巻きつけておいたりしておきましょう。

私もバックパックを下ろした際は足に巻きつけて、なおかつ足と足の間に挟んでいました。

とにかく、体に密着させることで少しは安心感があるのが大事です

3. バックパックには施錠し、街歩きの場合は雨除けカバーをかぶせる

基本的に街歩きは最低限のものしか持たずに出ていましたが、時々、バックパックやリュックを持って出て行くことも多かったです。カバンの中に、Mac Book Airを持って出て行くこともありました。

時には、大事な貴重品を持って出て行くこともあると思います。そのときは、後ろが分からないリュックタイプには必ず施錠をしましょう。

南京錠をバックパックやリュックのファスナーに取り付けることによって、中身を開けられて取られる確率は少ないです。しっかりと『防犯しているアピールをする』ことが大切になります

更に、バックパックに雨除け用のレインカバーをかぶせていました。

特に重たいスーツケースと一緒に移動する際には、なかなか後ろに気が回せません。これをすることにより、後ろの様子を気にするストレスの軽減が可能です

ちなみに私は以下の商品を買いました。サイズによって値段は違いますが、調節ができてしっかりと止められるので、途中でずれ落ちることもほとんどありません。

4. 堂々と歩き、立ち止まったときは一度、周りを見る

「取られたくない!」からと言って前屈みで縮こまって歩くより、堂々と歩いていた方が強さがある印象を与えられます。

『私は現地のスペイン人なんだ!』というような感覚で歩くといいでしょう。つまり、いかにスペインに溶け込むかです。

もし、道が分からないとなり立ち止まった場合は、必ず周囲を見渡しましょう。

不審人物が居ないかなどを、さらっと確認しておくと良いです。できるならば、動きを止めないようにするのも大切だと思います。

5. スマートフォンを触る場合は、背中を壁ぎわに寄せる

GoogleMapなどで位置を調べたいときにスマートフォンを触る場合に、できるだけ壁を後ろにして調べていました。

スリやひったくりなどが、しにくい状態にさせることが重要。特にバックパックやリュックを背負っている場合に有効です。

6. 財布にはパスポートのカラーコピーを入れておく

パスポートは不要な時は、宿に置いていました。なぜなら、パスポートをカバンの中に入れている時に、カバンごと取られてしまったら絶望的だからです。

財布にはカラーコピーしたパスポートを入れておきましょう。写真のあるページを印刷しておきます。

私がマドリードのソフィア美術館に行った際に、パスポート提示を求められて、周囲を気にせずに出来たのは、カラーコピーしたパスポートを見せたから。きちんと館内にも入れました。

7. 内ポケットのあるアウターを着る

この行動、意外と大事だと思っています。

行ったのが冬だったのでアウターは必須だったのですが、内ポケットのあるアウターを着ることで、外ポケットに入れておくよりかは確実に防犯対策ができます。

体にポケット内のモノが密着するので、もし手を入れられたときには、瞬時に反応できるのが大きなメリットです。

トラブルに会った際のスペイン語を覚えよう

トラブルにあった際に使えるスペイン語を覚えておきましょう。もしもの時に使えます。

  • ¡ayúdame!(アユダメ)

助けて!(続けて、por favorを付けると「助けてください!」となります。)

  • ¡cuidado! (クイダード)

注意して!

  • no me toques.(ノ メ トケ)

触らないで。

  • ¡polícía!(ポリシア)

警察!

  • ¡Un ladón!(ウン ラドロン)

泥棒!

  • emergencia.(エメルヘンシア)

緊急です。

  • perdí mi cartera.(ペルディ ミ カルテラ)

財布を落としました。

  • me he hecho una herida.(メ エ  エチョ ウナ メリダ)

怪我をしました。

  • ¿Puedo usar su teléfono?(プエド ウサール ス テレフォノ)

電話を貸してもらっていいですか?

さいごに

What-to-Do-If-Your-Wallet-Is-Lost-or-Stolen

防犯対策に関しては手軽にできるものばかりです。参考になれば幸いです。

もちろん絶対に安心というわけではないです。スリや置き引き以外の犯罪に巻き込まれる危険性もあります。

外務省の海外安全ホームページの在スペイン日本国大使館による詳しい情報はこちらに載っています。

衝撃的な犯罪の数々の事例なども載っていますし、読むだけでも防犯意識が高まり対策となります。こちらも参考にしていただけたらと思います。

旅には危険が付きもの。怖いからとビクビクして行かないより、割り切って楽しく旅をしたいものですね。

それではまた。

¡Hasta la próxima!

スポンサード リンク

この記事をシェアしませんか?

各種SNSでのフォローはこちらから

【ブログ運営者】

浦川俊平(ニックネームは「たろう」)。スペインを愛するフリーランス。Webライティング・インタビュー取材・ブロガー。「スペインと日本を繋げる」人になることが目標。現在は日本在住。フレキシブルにスペインと携わるために活動中。
詳しいプロフィールはこちら。→ブログサイト/プロフィール


お問い合わせ先。→お問い合わせ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です