Pocket

¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

 

私はスペインで約1ヶ月半ほど、リモートワークで仕事をしながら観光もする、短期滞在をしていました。

 

今回は、最初の目的地のセビリア(セビージャ)で、実際に行って写真も撮ってきた観光地をまとめてみました。

 

有名なセビリア大聖堂やスペイン広場、マカレナ地区やサッカー場など、観光名所を紹介します。

 

スポンサード リンク

スペイン最大の聖堂・世界遺産のセビリア大聖堂

 

スペイン最大の聖堂、ヨーロッパでは3番目に大きい「セビリア大聖堂」です。1401年に建設が開始されて、1519年に完成しました。奥行は116m、幅76mあります。

 

ローマ・カトリックの教会でイスラム風の宮殿「アルカサル」と、コロンブスの自筆の文書が展示される「インディアス古文書館」とともに、1987年に世界遺産にも登録されています。

 

「後世の人々が正気の沙汰ではないかと思うくらいの、美しく壮大な教会を立てましょう。(Hagamos una Iglesia tan hermosa y tan grandiosa que los que la vieren labrada nos tengan por locos.)」という言葉通りに、非常に美しく巨大でした。内部には金で出来た木製祭壇や、建物の南側にはコロンブスの墓もあります。

 

以下の写真は併設する「ヒラルダの塔」。ヒラルダは風見を意味していて、高さが98mあります。

 

礼拝時刻を告げる大小28個の鐘が付けられていて、塔の一番上には風見として、ブロンズの女性像(ヒラルディージョ)がいます。

 

開館時間

 

  • 月曜日:11:00 〜 15:30 (16:30 〜 18:00まではスペイン語か英語の無料オーディオガイド付き)
  • 火曜日から土曜日:11:00 〜 17:00
  • 日曜日:14:30 〜 18:00

所要時間は1時間30分ほどです。

 

チケット・入場料

 

  • 一般:9ユーロ
  • 25歳まで、65歳以上の方、学生:4ユーロ
  • オーディオガイド:3ユーロ

セビリア大聖堂とヒラルダの入場チケットの予約サイトがあります。こちらも活用可能です。

 

→ Reserva de Visitas 

 

アクセス

 

セビリアの市バスのバス停「Menenéz Pelayo」から徒歩10分。また、トラム(Archivo de Indiasから3分ほど)もあります。

 

でも、区間4つしかないので特に必要ないかも。

 

万博会場となったセビリアのスペイン広場

 

マリア・ルイサ公園の中にある「スペイン広場」は、1929年に開催されたイベロ万博の会場になった場所です。直径200mの広さがあり、建築家のアニバル・ゴンサレス氏を中心に建設されました。

 

また、映画「スターウォーズ・エピソード2」の撮影場所でもあります。ちなみに、周囲には池があります。(小型ボートで周遊が可能。)

 

入場料は無料。開園時間は11月1日〜3月31日は8:00〜22:00、4月1日〜10月30日は8:00〜24:00です。

 

エンカルナシオン広場・メトロポールパラソル

 

セビリアのセントロにある「エンカルナシオン広場」と「メトロポールパラソル」は、セビリアの街並みを見るには非常におすすめです。

 

詳しくはこちらの記事からどうぞ。

 

→ スペイン・セビージャ(セビリア)観光。エンカルナシオン広場とメトロポールパラソルは街並みを見渡せる絶景スポット

 

聖母が安置されるマカレナ教会

 

セビリア(セビージャ)の観光地は大聖堂やヒラルダ、スペイン広場だけではありません。マリア信仰があついセビリアで、有名な教会は「マカレナ教会」です。

 

教会に安置されている闘牛士の守護聖女「ラ・エスペランサ」は必見。特に聖週間(セマナサンタ)の時期は復活祭の主人公であり、このマカレナ教会から始まる山車(パソ)の上に乗り、セビリアの街を練り歩きます。

 

開場時間・入場料

 

【冬時間】

月曜日〜土曜日 9:00〜14:00、17:00〜21:00

日曜日・祝日 9:30〜14:00、17:00〜21:00

 

【夏時間】

月曜日〜土曜日 9:00〜14:30、18:00〜21:30

日曜日・祝日 9:00〜14:00、18:00〜21:00

※ セマナサンタの時期は開場時間が変わります。

 

入場料は無料。併設する博物館は5ユーロです。

スペインの若者が集うアラメダ広場

 

結論から言うと観光地ではないです!(笑) しかし、バルやカフェもあり、セビリアの若者が多く集まる憩いの場として有名です。

 

朝から次の日の夜明けまで、一日中賑わうこの場所はセビリア市民が集います。夜にはバーなども開いていました。セビージャのWi-Fiカフェ記事で紹介した「カフェ・ピオラ」は、このアラメダ広場の中にあります。

 

→ スペイン・セビージャ(セビリア)でWi-Fiが使える4つのカフェ。食事も美味しくてオシャレです

 

また、アラメダ広場のシンボルである、古代ローマ神殿の2本のヘラクレスの彫像はインパクトがあります。

 

 

グアダルキビル川・イサベル二世橋

 

セビリアの西側を流れる「グアダルキビル川イサベル二世橋」は、セビリアをゆっくり過ごしたいときに良いです。グアダルキビル川沿いの芝生で寝っ転がったり、川を見てぼーっとしたりするのが最高です。

 

また、イサベル二世橋も素晴らしい景色を見せてくれます。どのような景色なのか気になるなら、以下の記事からどうぞ。

 

→ スペイン・セビージャ(セビリア)を観光しよう!グアダルキビル河とイサベル二世橋で見た美しい景色

 

川沿いにある黄金の塔(オロ・タワー)

 

グアダルキビル川を南に向かうと見える、大きな塔が「黄金の塔(オロ・タワー)」です。

 

聖十二角形の形をしていて、13世紀に川の通行を見張るために建てられました。現在は海洋博物館として船の模型などが展示されています。

 

入場料は3ユーロ(学生1.50ユーロ)。月曜日〜金曜日 9:30〜13:30、土曜日・日曜日は10:30〜13:30

セビリアのサッカー場

 

スペインに来たならサッカーの試合を楽しみたいところ。セビリアでは主に2つのチームが存在します。セビージャFCとレアル・ベティスです。

 

ラモン・サンチェス・ピスファン

 

ラモン・サンチェス・ピスファンスタジアム」は、セビージャFCのホームスタジアムです。壁にはセビージャの選手の巨大な絵が描かれています。

 

サンタ・フスタ駅から近い距離にあり、ショッピングモール「Nervión Plaza」の裏にあります。

 

ベニート・ビジャマリン

 

ベニート・ビジャマリンスタジアム」は、レアル・ベティスのホームスタジアムです。こちらのスタジアムは少し遠かったため、行っていません。(汗)紹介だけさせていただきました。

 

セビリア観光の所要時間

 

セビリア(セビージャ)観光の所要時間は、北から南まで徒歩で片道約1時間はかかります。以下の画像のだいたい上から下までの距離です。

© OpenStreetMap contributors

 

セントロ(中心部)までは歩いて30分ほどで着くほど。セビリアは街のコンパクトさが魅力です。しかし、旧市街の道を多く通るので道に迷いやすいなと感じました。

 

そのときは、Google mapMaps.me といったアプリを使うと便利です。

 

→ スペイン旅行におすすめの無料アプリまとめ! スマホで快適な旅行ができるよ

 

 

セビリア観光に使えるガイドブック

 

セビリア観光にはガイドブックを持っておくのもおすすめです。個人的に重宝したのは地球の歩き方です。「スペイン全土」も良いですけど、マドリード・アンダルシアに特化した地球の歩き方もおすすめします。

 

 

 

もしくは、セビリアのお土産屋や書店では、セビリアのみに特化した観光ガイドも売られています。スペイン語だけでなく英語もあるので、現地で購入するのも手です。

 

 

さいごに

 

実際に私が訪れたセビリアの観光名所を紹介しました。世界的に有名な観光地だけでなく、地元の人が集まる場所などもあるので、ぜひ、巡ってみてください。

 

その他の、スペイン短期滞在「セビージャ編」の記事は、こちらからどうぞ。

 

→ スペイン短期滞在 – セビージャ | My Third-Place.

 

ちなみに、「カフェやバル、レストランなどのまとめ」も後日、記事として紹介します。そちらもお楽しみに。

それではまた!

¡Hasta la próxima!

 

スポンサード リンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です