Pocket

 

¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

 

みなさんスペイン語学習始めていますか?

 

スペイン語を始める際に買ったおきたいものと言えば、文法書や単語帳です。

 

→ おすすめのスペイン語文法書「やさしいスペイン語文法」レビュー

 

→ スペイン語は単語が重要。初心者におすすめの単語帳を紹介します

 

そして、さらに買っておきたいものは、スペイン語辞書です。英語とは異なる単語が繰り出されるスペイン語は、辞書を買っておかないと単語の意味が把握できないものばかりなんです。

 

今回はその不安を解消すべく初心者から中級者まで使える、おすすめのスペイン語辞書を紹介します。

 

それではどうぞ!

 

スポンサード リンク

人気スペイン語辞書「ポケットプログレッシブ西和・和西辞典」

DSC01475

私が今回、紹介したいスペイン語辞書は小学館から出版されている『ポケットプログレッシブ西和・和西辞典』です。

 

西和45,000語、和西15,000語の内容を収録しており、独自に集めたデータをもとにしながら作られています。

 

そして、何より小さいのが嬉しいです。私が所持しているiPhone5 とのサイズを比べると上記の写真のようになります。

 

サイズが小さく軽いので持ち運びに便利です!自宅ではなく外に出て勉強をしたいという方には持ってこいの辞書です。

 

DSC01481

中身はこのようになっています。

 

スペイン語の単語と意味、品詞が書かれている実にシンプルな掲載になっています。(スペイン語に必須な男性名詞、女性名詞の区分けもされています。)

 

 

小さいけれど中身が充実したコストパフォーマンス最高の辞書

DSC01480

この辞書の特徴は、小さいからといってそれに伴い中身が薄いというわけではないということです。コストパフォーマンスが非常に優れた辞書なのです。

 

西和辞典で初の試みの地域別語彙の違い

スペイン語を使う国はスペインだけではありません。

 

この辞書は、北中米・カリブ海地域、南米、アフリカの赤道ギニアの単語による違いまでも掲載しているのです。

 

例えば、このような感じです。

diga [ディガ]:もしもし(電話での応答)
diga/dígame(スペイン); aló(ほぼラ米全域);bueno(メキシコ); hola(パラグアイ、ウルグアイ、アルゼンチン)

 

decir(言う)という単語から、「もしもし」という表現に変わったdigaはスペインでしか使われずに、ラテンアメリカの地域によって使い方が違うことを表しています。

 

もちろんこの表現方法が必ず正しいとは言えませんが、使い分けることで現地の人がどのような単語を使っているのかを把握するには有効だと思います。ほとんどの単語は共通して使えるようですが、時々このような単語があるのでそのような時に便利です。

 

 

和西辞典も収録

DSC01488

このサイズ感で和西辞典も付いているのは非常に嬉しいです!西和辞典と和西辞典がセットしている辞書がなかなか無い中で収録単語数は少ないですが、ちょっとした確認で使えます。

 

 

動詞の活用表もあります

DSC01489

基本的に辞書なら付いている動詞の活用表も収録されています。動詞の活用はスペイン語にとっては非常に大切ですのでしっかり覚えたいですね。

 

 

つづり字と発音、アクセントも学べます

DSC01490

基本的にローマ字読みでOKなスペイン語ですが、やはり発音は気にしたいところ。hを発音しなかったり、巻き舌であるrrであったりと何かと厄介な読み方ですがこの辞書でも学ぶことが出来ます。さらに、書く際にも気をつけたいアクセントの位置もここで学んでおきましょう。

 

 

そんなとこまで?!組織・制度等略語

DSC01485

びっくりしました。組織・制度等の略語も掲載されています。新聞やネットニュースを見る時に非常に便利ですね。
何かと話題になるスペイン政治で、『PP』と書いてあったとしてもこの辞書を引くことで、『PP』=Partido Popular 国民党(スペイン)だと分かります!

 

 

スペイン語圏のことならお任せ!国名・首都・行政区も載ってます

DSC01487

スペイン語を使う国は多数あると言いましたが、この辞書の付録にはスペイン語圏の国名・首都・行政区が載っています。もちろん、スペイン語表記で書かれています。

 

私は知りませんでしたよ、ホンジュラス(Honduras)の首都がテグシガルパ(Tegucigalpa)だったなんて!

 

表現が分からないならこの辞書を引け!基本会話表現も載ってます

DSC01484

辞書内の会話表現は1つ1つの単語の後ろに掲載されている場合が多いです。

 

もちろん、この辞書も例外ではありませんが、この辞書には付録として基本会話表現が載っています。

 

【あいさつ】Mucho gusto./はじめまして

【電話でアポを取る】Espere un momento./そのままお待ち下さい

【拒否する】→No tengo tiempo./時間がありません

【質問をする】→¿Dónde está el baño?/トイレはどこですか?

【祝福する】→¡Salud!/乾杯!

 

さらに場面別会話表現も載っているので、この辞書だけを持ってスペイン語圏の旅行に行けます!

 

【空港】→(訪問の目的は何ですかと聞かれて)Para hacer turismo./観光です。

 

【駅】→Dos billetes de ida y vuelta para Valencia, por favor./バレンシアまで往復2枚お願いします。

 

【ホテル】→¿A qué hora tengo que desocupar la habitación?/チェックアウトは何時ですか?

 

【レストラン】→¿Qué platos nos recomienda?/おすすめの料理は何ですか?

 

【買い物】→¿Se puede pagar con tarjeta?/クレジットカードで支払いは出来ますか?

 

 

さいごに

一言で言うとこの辞書は『持っていて損は無い!』です。3000円程度する値段ではありますが、見た目以上に内容が充実しているために、コストパフォーマンスが非常に良いです。

 

長年持っておける貴重な辞書となることが出来るでしょう。

 

是非とも一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

それではまた!

¡Hasta la próxima!

 

非常に良い辞書ですが、やはり語彙数が少なく辞書に載っていない単語を調べることが難しい場合があります。

 

そんな時は大きな辞書を自宅に1冊持っておくと便利です。私はこの辞書を時々、使っています。豊富な単語数と用語が掲載されており、完成度を高めたい人にはこちらをおすすめします。

スポンサード リンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です