覚えておきたい!スペインサッカーを見るときに言いたいスペイン語を紹介します。

Pocket

¡Hóla!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

突然ですが、私はサッカーが好きです。プレーする方ではないですが、観戦する方を主にやってきました。今年でサッカー観戦を趣味に始めて、14年目を迎えました。

当初はイングランドのプレミアリーグやドイツのブンデスリーガ、日本のJリーグも見ていましたが、スペインに興味を持ち出してから、スペインのサッカーしか見ていません。

日本ではLiga Española(リーガ・エスパニョーラ)と呼ばれていますが、スペインでは、La Liga(ラ・リーガ)と呼ばれています。

今回は、そんなLa Ligaを見る際に覚えておきたいサッカー用スペイン語を紹介します。これを覚えればスペイン人と仲良くなれます。ほんとですよ?!

それではどうぞ!

スポンサード リンク

言えるとかっこいい?!覚えておきたいスペインのサッカー用スペイン語を紹介!

football-stadium-254443_960_720

スペイン語はスペインのみならず、中南米のメキシコやコロンビア、ペルー、チリ、アルゼンチン、ウルグアイなどでも使われます。もちろん、その国でもスペイン語は使えますが、若干サッカー用語としてのスペイン語が違う部分があります。

スペインのサッカーを私は長年見てきたのでスペインのサッカー用語を紹介します。中南米ではこう言うよ!という方が、いらっしゃったら教えていただきたいです。

今回は分かりやすく、La Liga の動画を付けて覚えましょう!
※ 放送の関係上、Youtubeに飛んでからでないと再生出来ません。

¡Golazo!(ゴラッソ!)


まずはこれ。ゴールの瞬間に言いたい!
スペイン語でゴールは「Gol.(ゴル)」なのですが、素晴らしいゴールや上手いゴールが決まった時に言うのが、この単語です。

つまり、スーパーなゴールが決まった時は思いっきり叫びましょう。

「¡Golazo!/ゴラッソ!」

この単語に続いて、ゴールした選手を言うと「〇〇選手の凄いゴール!」という意味になります。例えば、「¡Golazo de Lionel Messi!」といった具合です。
更に、「Golazo.」の前に「Qué(ケ)」を使えると、さらに強調した言い方にもなります。

¡Madre mía!(マドレ・ミア!)


これも驚くようなゴールをした瞬間に言いましょう。この単語は、『驚いた!』『びっくりした!』というような元々の意味があります。まさに意味の通りで、思いもよらないようなゴールやミスがあった時に言いましょう。

「¡Madre mía!」

動画を見ていただくと分かりますが実況の人が、

「¡Madre mía! ¡Madre mía, qué golazo!」と言っています。先ほどの紹介したGolazo.と組み合わせることが出来ます。
さらに、信じられないミスを犯してしまった瞬間にも使える単語です。語尾を下げれば、そのニュアンスになるのでオススメです。

¡Remate! o ¡disparo!(レマテ or ディスパロ)


シュートのことをスペインのスペイン語では、「Remate.」もしくは、「Disparo.」と言います。この2つの違いが未だに分かりませんが、ここ最近の数試合を見る限りではRemateと言っている実況が多いのです。

ちなみに、シュートがゴールの外に外れた場合は、外という単語「Fuera.(フエラ)」を使いましょう。外れた際にこの1単語だけでも通じます。

「disparo」は「シュート」という意味ですが、「disparar」は「シュートをする」という単語もあります。覚えておきましょう。

¡Paradón!(パラドン!)

この単語はシュートをギリギリでセーブしたり、近距離のシュートを弾いて危険を回避したゴールキーパー(スペイン語でPortero/ポルテーロ)に対して、言う言葉です。

つまり、スーパーセーブです。「¡Paradón!」は、略されて「Para.(パラ)」だけで呼ばれることもあります。

その他、覚えておくといいサッカー用スペイン語

その他にもサッカー用語が沢山あります。使える用語ばかりです。是非、覚えましょう!

Muy bueno.(ムイ ブエノ。)

良いプレーをした際に言いましょう。サッカーだけでなく、日常でも利用出来ますよ。

Vamos.(バモス。)

時々、日本の広告にも見かけるのがこの「バモス」です。この単語は、「行く。」という意味を持つ 「ir」の1人称複数形(私たち)の形です。主に、「行こう!」や「来い!」といったニュアンスで使われます。

私がスペインのサポーターと一緒に試合観戦をした際には、「Venga.(ベンガ)」とも言っていました。Vengaは「venir/来る」の命令形です。こちらを使うことも出来ます。

Córner.(コルネル)/saque de esquina.(サケ・デ・エスキーナ)

コーナキックのことです。自分が応援しているチームの選手がシュートを放ち、相手選手が弾いて外に出た際に使いましょう。判定が怪しい時に、抗議をする時にも「Corner.」と叫ぶといいでしょう。(もちろん、テレビの前でね。)

saque de banda.(サケ・デ・バンダ)

スローインのことです。実況でもよく使われています。

saque de portería.(サケ・デ・ポルテリーア)/saqué de meta.(サケ・デ・メタ)

ゴールキックのことです。こちらもよく使われます。どちらも同じ意味です。

tiro libre(ティロ・リブレ)

フリーキックのことです。ゴールに直接狙ったフリーキックの場合、「tiro libre direct.(ティーロ・リブレ・ディレクト)」間接的に狙ったフリーキックの場合は、「tiro libre indirect.(ティーロ・リブレ・インディレクト)」と言います。使い分けましょう。

Fuera de fuego.(フエラ・デ・フエゴ)

オフサイドのことです。オフサイドのルールは難しいとよく言われますが、何となく分かっていれば、観る専門ならそのくらいの知識で大丈夫です。

さいごに。

7509013476_0e306bb9b4

https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0

いかがでしたか。基本的にスポーツ観戦は言葉でなく、想いの強さも必要だと思っています。このような単語を知っておくだけでも、友達を作るきっかけになります。スペイン人の友達を作りたいなら、スペインサッカー用スペイン語はオススメです。

これらの単語をきっかけに、スペインに魅力を感じてくだされば幸いです。

それではまた!

¡Hasta la próxima!(また次回!/アスタ・ラ・プロキシマ!)

スポンサード リンク

この記事をシェアしませんか?

各種SNSでのフォローはこちらから

【ブログ運営者】

浦川俊平(ニックネームは「たろう」)。スペインを愛するフリーWebライター・ブロガー。スペインと日本を繋げる人材になることが目標。現在は日本在住でスペイン移住・長期滞在に向けて準備中。
詳しいプロフィールはこちら。→ブログサイト/プロフィール


お問い合わせ先。→お問い合わせ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です