「やさしいスペイン語文法」はスペイン語学習でおすすめの参考書

Pocket

Me he convencido de que tengo que trabajar mucho más.

私はもっと一生懸命勉強しようと決心しました。

Me voy a esforzar! 

頑張れ自分!

どうも。こんにちは。
たろう(@v_varentaro)です。

スペインが好きな私は本格的にスペイン語の勉強をし始めました。

今回は、おすすめの文法書とワークブックを紹介します。実際に私がスペイン語学習で使っている参考書です。

それではどうぞ。

スポンサード リンク

やさしいスペイン語文法

10351594_734239876660374_2565959660735197701_n

基礎からの叩き直しを目指す為に、スペイン語でも大切となる文法を何度も繰り返してやる<>ことにしました。

文法が身に付くことが出来れば、後々の勉強や会話も楽に出来るはずだと考えたからです。

文法書では、『やさしいスペイン語文法 /三修社』がおすすめ。

これを数週間前に買ってからスペイン語の勉強は現段階ではこれしかしていません。あれもこれも買うよりかは、少ない数を何度も何度もこなす方が勉強方法として効率が良いです。沢山の参考書を購入して結局やらないよりかはマシ。

「やさしいスペイン語文法」の良い面とは

「やさしいスペイン語文法」の良い面は、

  • 解説が分かりやすい

  • 余計なものをそぎ落とし基礎の基礎が書いてある

  • 丁度良いサイズで持ち運びしやすい

  • 問題集が苦ではない

という点です。

やさしいというタイトル通りに非常に解説が理解しやすい。更に、文法の解説はもちろん、スペイン語の勉強の初心者である私たちの語学に対する不安も取り除いてくれる文章があることが嬉しいです。

例えば、

心配ご無用。活用形にはある程度のパターンがあるから、慣れればどうってことはない。(p,34) 動詞の活用を覚えるのは理屈じゃない。掛け算の九九と同じで、口を動かして活用のリズムを身につけてしまおう。(p,35) アクセントはスペイン語の命と言えるほど大切なものだ(p,15)

『なるほど!ここは重要なんだな。よし、頑張ろう!』 と思えます。

活用形の形と種類が多いことがスペイン語勉強の最大の山場であると思っているので、引用した文章の言葉は実に心強いです。

「やさしいスペイン語文法」の悪い面とは

良い特徴を紹介しましたが、今回はデメリットな部分もあります。

  • 基礎なので中級レベルにとっては物足りなさを感じる可能性がある

  • 軽い単語集などは無い

  • 答えの解説が無い

必要最低限な部分だけなので、中級スペイン語学習者にとっては物足りなくなると思います。

そう感じたらレベルアップした教材に行くことをおすすめします。下記の参考書などが良いでしょう。

あと、教材によく付いている参考書内の単語が網羅されているような軽めの単語集はありません。

まあ、文章の中で把握できるようになっているので問題はないかと思います。

「スペイン語ワークブック」もおすすめ

BzVFTlzCIAANTmf

photo: Shumpei Uragawa.

スペイン語の文法を参考にしながら問題を解く、ワークブックも持っています。

それが写真中央の『スペイン語ワークブック』。

私はこれまでの数年間、とてもお世話になった教材であり、かなりボロボロになっています。

中級くらいまで網羅出来そうな抜群な量があり、各セクションの終わりにはしっかりとした問題もあり、紹介した『やさしいスペイン語文法』の補助と強化として使えそうです。

やはり 『やさしいスペイン語文法』に比べると圧倒的に問題量が多いので、初心者は挫折しそうになるでしょう。さらに、サイズが大きいので持ち運びには不便かもしれません。

さいごに

今回は私がスペイン語の勉強で使用している教材をご紹介しました。是非、スペイン語独学中の方は参考にしてみてほしいと思います。

スペイン語独学仲間も募集しています。よろしければ、おすすめの勉強法や教材等を教えてください。

Twitterはこちらです。 @v_varentaro

それではまた。

¡Hasta la próxima!

スポンサード リンク

この記事をシェアしませんか?

各種SNSでのフォローはこちらから

【ブログ運営者】

浦川俊平(ニックネームは「たろう」)。スペインを愛するフリーランス。Webライティング・インタビュー取材・ブロガー。「スペインと日本を繋げる」人になることが目標。現在は日本在住。フレキシブルにスペインと携わるために活動中。
詳しいプロフィールはこちら。→ブログサイト/プロフィール


お問い合わせ先。→お問い合わせ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です