スペイン語オンライン会話サービス『スパニッシモ』を始めて、3ヶ月が経ちました。

Pocket

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

それなりに続けているスペイン語学習の一環として、スペイン語オンライン会話サービスである『スパニッシモ』を始めました。

スペイン語オンライン会話サービス「スパニッシモ」を始めて、1ヵ月が経ちました。 | My Third-Place.

この度3ヶ月が経ったので、成果と感想とこれからのことをここで書きたいと思います。

それではどうぞ。

スポンサード リンク

外国人の方と喋るという緊張感は無くなった。

日本の地方に住み日本人であるが故に、まだまだ外国人と喋る機会がないと使いません。周りには日本人ばかりで仕事も徹底的な丁寧な日本語を強要されるので。

ですが、その鬱屈したような環境に一つの穴をあけるかのごとく、他言語を強制的に入れ込むことが出来ました。

Skypeを利用してのオンライン会話ではあるのでアクセスしない限りはSkypeを使いませんが、授業中はまさに非日常的な体験をしている感覚に陥ります。

よって、外国人と喋るという緊張感という壁は少しずつ無くなったように感じます。

仕事でも外国人の方と接する機会が増えてきています。

確実に日本語以外の語学を必要する時代がやってきているが故に、その時代より前に壁を無くすという体験出来ていることは、考えれば嬉しいことなんだと思いました。

スペイン語力はアップしたのか?

正直に話します。

微妙でした。

これは自分自身のモチベーションの問題もありますが、結局はオンライン会話中は喋ることに一生懸命になったとしても次へと生かす作業(つまりは復習)をイマイチ継続していないことに問題がありました。

これは自分の反省点でもあります。

オンライン会話の先生にここ最近指摘されたのは、ボキャブラリーを増やすということでした。

簡単な単語を組み合わせることで何とか喋っている現状だと客観的に感じたので、この指摘はまさに正論でした。

もっと勉強に熱を込めてしなければ、海外を拠点にした人物にはなれないと深く反省しています。

その努力をして言いたいことや話したいことを間違っていても話すと自ずと更に上へと上がれる気がしています。

一種の作業のように考えてしまっているオンライン会話の授業をもっと興味をもってやります。

グアテマラの先生は実に寛容で泣けた。

私のパソコンがいきなりシャットダウンしてしまった時や、インターネット接続が上手くいかずに時間に遅刻した時も、先生は No, te pureocupes.(心配ないよ!気にしないで!)と言ってくださいました。

本当にありがとうございます!と心から感謝したものです。

この寛容さが日本人にはなかなかないと思います。

もちろん、先生という立場上のこともあるでしょうが生徒のモチベーション維持がしっかりされていることに私はやっていて良かったなと感じました。

予習と復習の重要性。

スペイン語力はアップしたのか?  でも、少し触れましたが、予習と復習の大切さはかなり重要だと感じました。

文法を中心としたスパニッシモアカデミーというコースを受けていますが、PDFで配られるテキストのボリューム感は本当に凄いです。

何も手をつけずに受けると、本当にわからない箇所や問題に対する答えとしての文章が出てきません!

帳尻合わせでもいいので、予習をすることと自分が言いたいと思うことを文章に混ぜ込むことで、その表現がスペイン語として良いか悪いかを先生が判断してくださいます。

その判断が下ったならば復習に繋げましょう。何度も同じ箇所を間違わないようにしっかりと復習して次へ生かすことが、上達の道なんだとひしひしと感じています。

3ヶ月は様々な先生と話すことが良い。

その理由は単純にいつも同じ先生の予約が取れるとは限らないということ、様々な先生の授業を受けることで自分にあった先生が見つけられるからです。

先生によって進め方や文法の教え方が違います。淡々と進める人や文章一つ一つに例文を課して進める人がいます。

3ヶ月もすると自分に合った先生が見つかってくるので、最初の時はこのやり方をお勧めします。

ちなみに私も勝手に(笑)お気に入りな先生が男女問わず数名見つけることが出来ています。

毎日やれるなら毎日することをおすすめしたい。

私は月10回のライトプランを利用しています。

ですが、もし出来るならば月30回のスタンダードプランをおすすめします。

毎日することで確実に語学力は伸びていきます。10回だと間に時間があることで、間延びしてしまいます。

いつでもいいやと思い結局、回数を消費出来なかったということになりかねません。

3ヶ月で90回の授業と3ヶ月で30回の授業ではやはり進み具合に雲泥の差があります。

毎日して確実に伸ばすことが良いですが、料金は1万5000円であり少し高いのがデメリットだと思います。

個人的に続けるかどうかを考える。

やっていきたいとは思いますが、ポルトガルワーキングホリデーへの方向転換をした私としてはポルトガル語を学ばなければいけません。

スペイン語もやりたいけれども、同時進行でおろそかにするくらいならば一時的に休止する手もありなのかなと思っています。

ここ最近では、スペイン語圏の友人や友達と、ひたすらに交流しながら勉強することも良いかもしれないと感じています。

とにかく今は4ヶ月目をしっかりと勉強していきます。ボキャブラリーを増やしていきます。

いかに真剣にやるか。本気かどうか、お金を無駄にするくらいならやめたほうがいい。

本当にこれに尽きると思います。

その言語でもそうですが、サービスのせいにしてやいやい言うならやめてしまいなさいということです。

私自身もサービスのせいにして、自分の努力を怠った人間に片足をつっこみつつあります。

このメッセージは自分への厳しい言葉として真摯に受け止めたいと思います。

ここで努力をすること、辛いときや忙しい時にやることでもっと語学力はアップしていくことを信じています。

本気になるべきであり、今よりもっと真剣に取り組むことでなりたい自分に一歩でも近づける努力をしましょう。


スパニッシモというサービスへのフォーカスというより、オンライン会話サービスへの心構えのような記事となりましたね。 笑

結局は料金体制などが比較として主となる判断基準であり、何度も言いますがいかに自分自身のモチベーションが高いかどうかです。

3ヶ月経った今、やっとこのことに気づいた自分を反省しつつ、今までの分を取り返す努力をしていきます。

やっぱりスペイン語を習得したいので!

スポンサード リンク

この記事をシェアしませんか?

各種SNSでのフォローはこちらから

【ブログ運営者】

浦川俊平(ニックネームは「たろう」)。スペインを愛するフリーランス。Webライティング・インタビュー取材・ブロガー。「スペインと日本を繋げる」人になることが目標。現在は日本在住。フレキシブルにスペインと携わるために活動中。
詳しいプロフィールはこちら。→ブログサイト/プロフィール


お問い合わせ先。→お問い合わせ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です