Pocket

¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

突然ですがお知らせです。

 

当ブログで企画し記事として発信している「Webライター・インタビュー」は、2017年から「the stylist(ザ・スタイリスト)」に名称を変更しました。

 

名前を変更した理由や企画名の意味、そしてこれからについてお話しします。

 

スポンサード リンク

「Webライター・インタビュー」→「the stylist」へ

2016年の後半から独自で企画しインタビュー記事として発信している「Webライター・インタビュー」。2017年から名称を変更します。

 

そもそも、なぜインタビュー企画を始めたのかというと、Webライター1年目で経験したインタビュー術をもっと違うところで活かしたかったから。ブログという個人媒体があるからこそ、ここで何かを発信していきたいと感じたのが全ての始まりでした。

 

僕はWebライター・ブロガーなので、距離として近いライターさんをまず始めにあたりました。第1回目からランサーズで結果を出している、とっとこランサーさんに行ってしまったことは自分でもびっくりですが。(笑)しかも、とっとこランサーさんも承諾してくださったこと、ものすごく感謝しています。

→ ライター1年半で月収100万到達! 結果を出すとっとこランサーさんの仕事観に迫る【Webライター・インタビュー】

 

とっとこランサーさんのネームバリューの強さだけでなく、結果を出しているからこそ、たくさんの方に読まれました。心から感謝、ありがとうございます。

 

それから私はこれはいける!と(勝手に)確信してWebライターさんにアプローチ。中馬さんやマツオカミキさんのインタビューも成功。本当、お二人には感謝です。

 

→ 「事実は小説よりも奇なり」常に挑戦し続ける中馬さりのさんの素顔に迫る【Webライター・インタビュー】

 

→ アクションを起こすきっかけ作りを。記事で伝える・教えるライター、マツオカミキさんに迫る

 

そして2017年。はじめに考えたのはこの企画のことでした。

「Webライターの方々にインタビューをするのも楽しい。でも、もう少しだけ幅を広げられないかな。文章を書くのはライターだけじゃない。ブロガーやジャーナリストの方もいらっしゃる。」

インタビュー記事が好きだからこそ、もっと幅を広げたい。(でも広げすぎたくはない。)文章を書く人へもっとフォーカスしていきたいと考えたのです。

 

そして思い切って名称を変更。変えるならカッコよくしたいなと思い「the stylist(スタイリスト)」となりました。

 

the stylist(ザ・スタイリスト)の意味とは?

the stylistの意味とは何なのでしょうか?

それは文章家のことを英語で「a stylist」とも呼ぶこと(少しもじりましたが)、そしてWeb上で「文章を書く」人には様々なスタイルを持った人がいるという2つの意味が込められています。

 

この企画はWeb上で文章を書く方を対象にしています。近年ではWeb上で文章を書く方が多くなったからこそ、本や雑誌という枠内の人ではない人にもきちんとフォーカスしたいなと思いました。

 

さらに、Web上で文章を書く人は必ずしも「ライター」だけではありません。例えばブロガーだったり、ジャーナリストだったり、キュレーターだったり・・・文章を書くことには離れずにそれを武器にして生きている人がいることも、ライター業界に入ってわかったことです。様々なスタイルがあるんだという思いから、the stylist(ザ・スタイリスト)と名称を変更しました。

 

the stylistのこれからについて

the stylist logo

the stylistはWebライターだけではなく、「文章を書く」ことを自身のひとつの表現方法としている方にフォーカスしていきます。

 

もちろん、Webライターの方もこれからインタビューしていけたらなと思っています。月1本〜2本程度で更新していけるように頑張ります。

 

※ 募集を行っていましたが、現在、募集は停止中しております。

 

 

それでは今後とも、the stylistをよろしくお願いいたします。

 

それではまた!

¡Hasta la próxima!

スポンサード リンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です