Pocket

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

2月19日に、ベルサール渋谷ガーデンで行われた「The BRIDGE Fes 2016」にボランティアとして参加しました。

『THE BRIDGE Fes 2016』

ボランティア目線でのレポートは、また後日の記事で書こうと思っていますが、今回はなぜこのイベントボランティアに参加したのかを書きます。

それではどうぞ。

スポンサード リンク

「The BRIDGE」のファンだから

「The BRIDGE」とは何なのかをご存知ない方にまず説明します。

「起業家と投資家を繋ぐ」をコンセプトに国内のスタートアップを中心としたテクノロジー系ニュースを毎日配信するブログメディアサイト。

(THE BRIDGE Aboutより。)

こちらからアクセスできます。

私は元々、スタートアップやテクノロジー業界への関心からこのブログメディアサイトに辿り着きました。プログラミングの知識は皆無に近いですが、面白さを多くの記事から毎日感じており、いつの間にかファンになりました。尊敬するライターさんが専属ライターとして属していることや、情報発信系の文章の参考にもなることも一つの理由になっています。

 

スタートアップの可能性と過程を知るのが面白いと感じるから

私が肝としているのは、この部分だと自覚します。なぜ「The BRIDGRE」のファンになったのかというと、スタートアップのこれからの可能性と、どんどん大きくなる過程を見るのが純粋に楽しい、面白いと思うからです。スタートアップをされている方にしたら、もしかしたら気分を害する言葉かもしれません。

ですが、言葉を紡いで文章として発信していくものとしては、各々にストーリーがあり試行錯誤や苦しい時、楽しい時を乗り越えて自分のサービスを完成させるまでの、その部分に個人的にとても感動するのです。

私はスタートアップを作りたいとはまだ思っていませんが、そんな働き方が多くあることを今回のフェスで感じました。だからこそ、私はそれを伝えたいと思うのです。

自分の未来を変えるかもしれないサービスや、人の為に還元する社会貢献事業は、私には出来ないからこそ興味関心があるのでしょう。そう、自己分析しています。

 

ただ読む人からの変化を。自分自身の視野と可能性を広げたいから

ファンならブログメディアサイトを毎日読んでいればいいのですが、それで物足りないのが私です。自分もすぐに動き出さなければいけないと感じました。

今までは海外旅行や海外滞在、スペインのことなどを中心に発信してきましたが、ブロガーとして、そしてライターとしてもっと視野と可能性を広げたいと感じています。だからこそ、私のような境遇の人でも、近くに触れられるボランティアスタッフの募集に応募したのです。

スタートアップへの興味を興味だけで終わらせたくない。興味から自分の力にしたいと思って締め切りギリギリで飛び込みました。

 

さいごに

IMG_3517

裏方から見るイベント運営の難しさ、表から見る華やかさの両方を今回参加して感じられました。またその時の感想は近日中にブログに更新します。

それではまた。

 

スポンサード リンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です