サッカーは万国共通のスポーツとして世界中に広まっています。私の好きなスペインでも世界の中で強い国として有名です。日本のJリーグでもですが、スペインでもサッカーリーグがあります。

 

それが、リーガエスパニョーラです。そのスペインリーグ、リーガエスパニョーラが8月19日金曜日(現地時間)に開幕しました!

 

スペインのサッカーを見たいけどどのチームが良いかわからない。」、「サッカーが好きだけど、スペインのチームのことを知りたい。」、「リーガエスパニョーラのチームはどんなチームがあるの?

 

そんな聞こえてくる悩みを解決すべくリーガエスパニョーラ観戦歴6年、チームサポーター歴13年以上の私の視点から、今シーズンの1部のチーム20チームと各チームの注目選手を紹介します。

 

それではどうぞ!

スポンサード リンク

スペインのサッカーリーグ「リーガエスパニョーラ」とは?

La_Liga_logotip

スペインのサッカーリーグはリーガエスパニョーラと呼ばれています。これはリーグの総称名。ちなみにリーガエスパニョーラは日本独自の言い方でスペインで正式には「La Liga(ラ・リーガ)」と呼ばれます。

 

さらに、今シーズンからその名前を変えて、

  • 1部リーグは「La Liga Santander(ラ・リーガ・サンタンデール)
  • 2部リーグは「La Liga 1/2/3(ラ・リーガ・ウノ/ドス/トレス)

となりました。この名前の由来は、スペインの大手銀行のサンタンデール銀行がメインスポンサーになったからです。

 

リーガエスパニョーラは1部、2部、3部、4部が基本にあり、その下にアンダルシア州やガリシア州、アストゥリアス州などの地域に分かれた地域リーグがあります。国技がサッカーであるスペインだからこそ、このように大きな組織となるのです。(本当はもっと細かいよ。)

 

これが、世界でも強さを発揮するスペイン代表の源となるスペインリーグです。

 

リーガエスパニョーラの1シーズンは年をまたぎます

シーズンが年をまたぐことに関しては、スペインだけではありません。イタリアやフランス、ドイツもそうです。

 

スペインに限って言うと、1シーズンのことを2016-2017シーズン(今シーズンの場合は。)と言うことがあります。日本のJリーグの場合は3月から開幕して12月に終わるために年を越さないのですが、ヨーロッパのリーグはそのような周期に現在はなっています。

 

フランスやイングランドなどは8月上旬などの早い時期からシーズンが開幕するのですが、スペインに関しては大体8月の下旬に開幕。これが次の年の5月か6月に終了します。

 

そして、6月から8月いっぱいはヨーロッパ全体の移籍市場が開かれ、多くの選手がクラブ間を移籍します。さらに来年の1月いっぱいの1ヶ月間は、冬の移籍市場として選手が移籍することが許されています。(ちなみに、所属先がない選手がいつでも移籍ができる。)

 

例えば、日本の本田圭佑選手や香川真司選手がACミランやドルトムントに移籍をしたのも、夏と冬のどちらかの期間で移籍したということになります。

 

リーガエスパニョーラ1部チームと各チームの注目選手を紹介(前編)

現地時間19日(日本時間20日早朝)から2016-2017シーズンリーガエスパニョーラが開幕。

 

ここでは1部に所属する全20チームを簡単に紹介し、各チームの中での注目選手も合わせて紹介します。一気に紹介するのは文字数の関係でできないので、まずは10チームを紹介します!

 

移籍期間は8月末までですので、その後の選手の動きがあるかもしれませんが、予測ができないので予めご了承ください。それではどうぞ!

 

FCバルセロナ

世界的有名なクラブであり日本でもソシオ(サポーター会員)を持つFCバルセロナ(FC Barcelona)。日本でもスペインでもバルサ(Barça)と呼ばれています。

DSC01360

スペインのカタルーニャ州のビッグクラブであり、カンプノウは1つの観光名所にもなっています。(行ったよ!)

注目選手

バルセロナの注目選手はアルゼンチン代表から引退をしたリオネル・メッシやオリンピックのブラジル代表として出場しているネイマールです!

 

と言いたいのですが、私はクロアチア代表のイバン・ラキティッチ選手に注目します。

(アイコンの奥さんとの写真がめっちゃいいよね。)

 

クロアチア代表でも中盤で中心選手として活躍する彼のパスセンスと、ゴールへの積極性に注目してください。現在、イニエスタ選手が怪我で離脱しているからこそ、ラキティッチを中心にチームは回っていくのではないかと思っています。

 

レアル・マドリード

日本では「レアル」の相性で呼ばれているレアル・マドリード(Real Madrid)。ちなみにレアルとスペインで呼ぶと、レアルと付くチームが多数あるので通じません。   ですので、相性である「エル・ブランコ(El Blanco)」や「レアル・マドリー(Real Madrid)」、「マドリー(Madrid)」と呼びましょう。(マドリーは通じるはず?!)

 

毎年、大型補強を敢行しては移籍市場で話題を呼んでいます。過去にはジダン、フィーゴ、ベッカム、ロナウド、オーウェンも在籍していました。     マドリードの街ではレアル・マドリードのショップもありました。   昨シーズンはヨーロッパで1番のクラブチームを決める「UEFAチャンピオンズリーグ」で優勝も果たし、2016年の12月には日本に来日します! 

注目選手

やっぱりクリスティアーノ・ロナウドでしょうか? と言いたのですが、推薦したのはセルヒオ・ラモスです。    

キャプテン(スペイン語ではカピタン)マークを巻くようになってから、益々、頼もしい存在となり、ビッグクラブを率いています。

 

彼のヘディングでの得点は幾度となく、チームを救ってきましたし、本職の守備でもその力強さは折り紙つきです。

 

イタリアのビッグクラブのユベントスから移籍したアルバロ・モラタなども注目していますが、レアル・マドリードは攻撃の強さで隠れがちな守備陣の健闘を紹介したいと思い選びました。

 

アトレティコ・マドリード

闘将と呼ばれるシメオネ監督が就任後に着実に力を付けたアトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)はリーグ戦優勝し、UEFAチャンピオンズリーグにも決勝進出を2度果たすなど、素晴らしい功績を残しています。

 

レアル・マドリードと同じマドリードをホームタウンとしながら人気を二分しています。相性は「アトレティ」でしょうか。今季はまだ手に入れていないヨーロッパNo.1の称号を手に入れるだけでなく、リーグ戦優勝も狙っていることでしょう。

注目選手

フランス代表としてユーロ2016で活躍したアントワン・グリーズマン選手。 アトレティコへ移籍した後でいきなり20ゴール以上をリーグで挙げるという大ブレイクを果たしました。     裏への飛び出しとゴールへの嗅覚が冴え渡り、アトレティコ・マドリードのチーム戦術が彼を目掛けてボールを配球するような戦術も取っています。

 

今シーズンも目が離せない選手です。それからチャンピオンズリーグ決勝でゴールを奪ったサウル・ニゲスやキャプテンのガビといった中盤にも注目すると面白いと思います。

 

バレンシア

バレンシア州のクラブチームであるバレンシア(Valencia)も、日本で多くのファンを持つクラブです。昨シーズンはフロントの気まぐれな監督交代劇の憂き目にあい、下位でフィニッシュするという結果に終わってしまいました。

 

今季は復活を果たしたいバレンシアですが、知人のバレンシアニスタ(バレンシアファン)によると今季の補強はなかなか上手くはいっていないとのこと。バレンシアは好きなチームなだけに今シーズンは復活して欲しいと願うばかり。     

注目選手

今季のバレンシアで注目しておきたいのはホセ・ルイス・ガヤ選手です。フォワードのパコ・アルカセル選手に注目していましたが、移籍期限ギリギリでバルセロナへ移籍……悲しみの声がバレンシアニスタ(バレンシアサポーターのこと)から聞かれました。

 

悲しみの中でバレンシアニスタがユース選手で大事に育てて欲しいと考えているのがガヤ選手。サイドバック(スペイン語でラテラル)のポジションですが、時々見せる攻撃参加や相手のサイド攻撃を封じる守備などそのプレースタイルがファンから愛されています。

 

将来のバレンシアを背負う逸材でありまだ21歳と若い選手。ぜひ、バレンシアはこの選手を大切に育ててほしいです。

スポンサード リンク

 

アスレティック・ビルバオ

スペイン北部のバスク地方のクラブチームであるアスレティック・ビルバオ(Athetic Bilbao)。スペインの古豪クラブとして親しまれています。「アスレティック・クラブ」とも呼ばれます。

 

ちなみにビルバオはリーガエスパニョーラが2部制になってから、一度も2部に降格していないという偉大な記録を持っています。

 

しかも、大型補強よりバスク地方出身の選手とユースの選手のみでチームを形成するというのだから驚きです!(最近は緩いですが、しっかりとクラブ信念は守っています。)

注目選手

ストライカーのアリツ・アドゥリスです。この選手はとにかく体が強い。当たりに負けないのはもちろん、ゴールへの嗅覚が凄過ぎます。   昨シーズンのスペイン人得点王。しかも35歳です。そして、ユーロ2016のスペイン代表。 なんだこのおっさんは!(失礼。)  

セビージャ

スペイン南部のアンダルシア地方のセビージャを本拠地とするセビージャ(Sevilla CF)は、ヨーロッパでは名を馳せたクラブです。選手を安く買って育てて、活躍したら高く売るというスタンスを取り、クラブを運営しています。

 

堅実的なクラブ運営が身を結び、ヨーロッパクラブNo.1を決める大会のチャンピオンズリーグの下に位置する「UEFA ヨーロッパリーグ」では3連覇を達成。   今季は4連覇を達成もしくは、チャンピオンズリーグ優勝を狙います。

注目選手

清武弘嗣(きよたけ ひろし)選手でしょう!

 

今シーズンからセビージャに移籍を果たした清武選手は日本人は成功しにくいと言われるスペインの地でどのような活躍を見せてくれるのか楽しみです。ドイツ時代はテクニックに優れていたこともあり、スペインの水には慣れやすいかもと感じています。

 

清武選手を応援したいからという理由で、セビージャファンになってみてはいかがでしょう?

 

セルタ・デ・ビーゴ

スペインの北西部に位置するガリシア州のさらに西の方にある港町ビーゴ。そこを本拠地とするセルタ・デ・ビーゴ(Celta de Vigo)は昨シーズン6位という好成績を残しました。

 

その原動力となったのは強力な攻撃陣のノリート、アスパス、オレジャナの3選手。特にノリートはユーロ2016のスペイン代表となりゴールも決めました。現実な守備と攻撃力でビッグクラブを負かすことも可能なポテンシャルを秘めています。

注目選手

セルタの攻撃を支えるイアゴ・アスパスが注目選手です。セルタに長らく在籍していましたが、一度イングランドのプレミアリーグに挑戦し渡英。

 

しかし、結果が残せずセルタに帰還し、再度ブレイクを果たしました。今シーズンはアスパスが攻撃の中核を果たすのではないかと思っています。

 

ビジャレアル

リーグの中では中堅ながら安定した成績を残しているビジャレアル(Villarreal)。ビジャレアルという地域はバレンシアから北上したとこにあります。

 

小さい町のクラブながら南米とのコネクションを持ち、以前にはアルゼンチン選手のリケルメや、日本のJリーグでもプレーしたフォルランも在籍していました。

注目選手

ビジャレアルファンの間では、今シーズンは不調の年になるかもしれないと噂されるほど、選手補強がうまくいっていないようです。ですが、そのような補強の中でもブラジル人選手のアレシャンドレ・パトには注目したいです。

 

今季の補強の目玉として注目され、昨シーズン、いまいちだった攻撃陣に刺激を与えます。プレシーズンマッチでは早速得点を決めるなど、シーズン開幕に向けて期待が膨らみます。

 

レアル・ソシエダ

バスク地方の中でも美食の街として知られるサン・セバスティアンのクラブがレアル・ソシエダ(Real Sociedad)です。過去にはチャンピオンズリーグの出場を果たすなど、現在でもコンスタントに好成績を残しています。

 

アスレティック・ビルバオとのバスクダービーは必見。白熱した戦いが繰り広げられます。

注目選手

レアル・ソシエダの中盤の底から支えるのはアシエル・イジャラメンディです。彼に注目してください。

 

レアル・マドリードから移籍後、スタメンに定着しボランチ(スペイン語ではピボーテ)の位置からチームの攻守を支えています。特にロングパスなどのパス精度が高く、自らの守備で奪ったボールを素早く前線に渡せる力を持っています。   レアル・ソシエダの試合を観戦する際は、彼の動きに注目するとサッカーがより面白くなるでしょう。

 

レアル・ベティス

アンダルシア地方のセビージャにクラブを構える緑のユニフォームが映えるベティス(Real Betis Balompié)は、リーガエスパニョーラファンなら知っている古豪です。   一時期は1部と2部を行き来するエレベータークラブと言われていましたが、リーガエスパニョーラファンの誰しも「やっぱりベティスは1部にいるべきだよね。」と口を揃えて言うほど。

 

ベティスのサポーターのことを「ベティコ」と言うのですが、ホームスタジアムであるベニート・ビジャマリンに集うベティコの応援がクラブへの愛を感じさせる試合があります。その瞬間に出会えるとサッカーの良さが感じられます。

注目選手

ベティスのストライカーとして君臨し続けるのはルーベン・カストロです。

 

彼の得点力は2部でクラブを渡り歩いた経験からできています。得点感覚を磨き、ベティスへとやってきたルーベン・カストロはついにブレイク!

 

今シーズンもゴールを奪います。35歳という年齢、新加入選手の台頭もありますがベテランの経験をどこまでクラブに貢献してくれるのか見ものです。

 

リーガエスパニョーラを見るならスカパーかWOWOWで

「どうすればリーガエスパニョーラを見ることができるのだろう。」と思っていませんか?

 

ヨーロッパサッカーの中継は民放ではほとんど放送されません。そこで、「スカパー!WOWOWを利用してみてください!

 

スカパーなら毎試合5試合を録画放送を含めて放送しています。インターネットからの申し込みから割引になる「WEB割り」なども実施され、とてもお得に試合を見ることができます!

 

サッカー観戦歴が長い私の経験上、1試合を通して見てサッカーにハマると、ハイライトじゃ物足りないと感じます。なぜなら、ハイライトのゴールシーンには色んな過程を経てゴールが決まるからです。

 

パスの出し方、ボールを受ける選手の動き、相手の守備の連携、ボールを持っていない人の動き方など様々な要素がうまく重なってゴールは生まれます。

 

もどかしくも、戦略的に繰り広げられる試合をぜひ、「スカパー!WOWOWで!

 

さいごに

2016-2017シーズンのスペインサッカーリーグ「リーガエスパニョーラ」の概要とチームを紹介しました。チームですが残り10チームがまだ残っているので今回は前編と題して、お送りしました。

 

後編はチーム紹介の他に、リーガエスパニョーラの秘密を書いていきたいと思います。

後編:リーガエスパニョーラ開幕! 2016-2017シーズンのチームと注目選手を紹介します(後編)

 

それではまた!

¡Hasta la próxima!

 

スポンサード リンク
この記事をシェアしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です