この記事をシェアしませんか?

¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

 

先日、マドリードからサンタンデールへ旅をしました。サンタンデールまでの往復の交通手段として、スペインの高速バスALSA(アルサ)を利用したので、乗った感想や気づきをシェアします。

 

ちなみに、サンタンデール の旅の記録や気づきは、以下の記事からみてください。

→ スペイン・サンタンデールの旅まとめ。スマートでコンパクトな都市の観光・決済状況・交通手段など

 

スポンサード リンク

ALSA(アルサ)の乗り方・注意点

高速バスALSA(アルサ)に乗るときに、乗車場所に気をつけた方がいいと感じました。

 

その理由は、マドリードのAvenida de America(アベニーダ・デ・アメリカ)という駅から乗ったのですが、高速バス乗り場の電光掲示板には、乗り場の表示がなかったからです。

 

チケットにも乗り場の番号まで記載はなく、非常に焦りました。(ALSAのチケットスタッフに聞いたので乗車できた。)

 

また、ALSAは出発時間15分〜10分前ほどに到着します。しかし、乗車時間の変更も考えられるため、できるだけ早めに到着して待っておくのが、バスを乗り過ごさないコツです。

 

あとは乗車して席番号を確認し、座るだけです。(PDFで印刷した場合、書かれてある『Plaza』が席番号を表します)

 

 

ALSA(アルサ)に乗ってみた感想・気づき

サンタンデールの往復チケット、実は往路・復路で座席クラスを変えていました。

 

以下のようにしています。

  • 往路の座席クラス→ ノーマルクラス
  • 復路の座席クラス→ スーパーエコノミークラス

 

【往路】ALSA ノーマルクラス(座席・荷物・Wi-Fi状況)

私のTwitterのツイートでも、メモとして残してみました。

 

ツイートに載っていない部分もまとめると。

  • 人ひとりが座るには充分な広さがある
  • 大きな荷物はバスの下に収納し有料で預かってくれる
  • 上に手荷物を入れるスペースがある
  • 小さな台が付いている
  • 背もたれは倒せる
  • Wi-Fiは使えた

 

予約画面にはWi-Fiマークはなかったので使えないのかな? と思っていたのですが使えました。

 

ただ、スマートフォンをスリープモードにして再度起動すると、Wi-Fiの接続が切れていたり、田舎道だと電波が弱いなどの弱点もありました。

 

ちなみにノーマルクラスは、日本の一般的な高速バスの座席に似ています。(画像参照)

ALSA(アルサ)のノーマルクラス

画像引用先:https://www.flickr.com/photos/alsa-autobuses/5950371502/in/album-72157627223551222/

 

【復路】ALSA スーパーエコノミークラス(座席・荷物・Wi-Fi状況)

復路でもTwitterのツイートで残してみました。

 

ツイート内容や体験したことをまとめると、

  • 人ひとりが座るには充分な広さがある
  • 大きな荷物はバスの下に収納し有料で預かってくれる
  • 上に手荷物を入れるスペースがある
  • 大きめの台が付いている
  • シートは革製でゆったりできる
  • 背もたれは倒せる
  • 座席の背面に映画・音楽が楽しめる画面がある
  • Wi-Fiは使える
  • USBポートが付いている
  • トイレ完備

 

ノーマルクラスより値段が10€ほど高いため、車内の設備は充実していました。

 

特に高速バスには珍しい、エンターテイメント(映画・音楽・ドラマ)が楽しめる画面が付いていたり、革製シートに座れる充実度。また、Wi-Fiはもちろん、USBポートまであるのでスマートフォンの充電も可能です。

 

さらに、トイレまで完備されていました。マドリードからサンタンデールまで5時間という長時間移動には嬉しかったです。

ALSA スーパーエコノミークラス

 

 

スペインの高速バスALSA(アルサ)の予約方法

スペインの高速バス『ALSA』のチケットを予約する方法

 

そんな高速バスALSAの予約方法は、以下の記事にまとめています。公式サイトからインターネットでチケット(乗車券)を買う方法・予約の仕方。また、変更方法やキャンセル方法も追記しています。

 

実際に予約をするときの参考にしてみてください。

 

→ スペインの高速バスALSA(アルサ)のチケットを予約する方法。時刻表確認や変更・キャンセル方法も紹介

 

 

まとめ

ALSAの乗車方法は簡単ですが、バス乗り場の確認はしておくと良いです。また、座席の種類もいくつかあるので、今回の座席設備の状況を頼りに予約してみてください。

 

ちなみに、スペインのバスでバス酔いをしたので、バス酔いが不安な人は本を読んだり、スマホを触るのはやめて寝ておくのが良いかもしれません。経験談としてお伝えしておきます。

 

それではまた。

¡Hasta la próxima!

 

スポンサード リンク