¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

「はてなブログからWordPressに移行したい!」

「はじめからWordPressでブログを立ち上げたい」

「はてなブログはみんなが使ってるからWordPressでブログを立ち上げて、差別化を図りたい!」

と考えているブログ初心者の方は多いと思います。

 

そこでブログ歴6年以上を数える私が、おすすめするWordPress(ワードプレス)の、おすすめレンタルサーバーとドメインサイトを紹介します。

はじめてブログをはじめるので、どうすればいいのか分からないという方は参考になると思います。

それではどうぞ。

 

スポンサード リンク

はてなブログよりWordPress(ワードプレス)でブログを始めたい人へ

もし、あなたが『本格的にブログを始めて、自身を発信ツールとして個人を武器にして成果を上げたい場合」なら、私は『WordPress』をおすすめします。

 

その理由として、WordPressほど個性を出すには良いツールだと思うからです。WordPressは、はてなブログよりもカスタマイズ面で非常に融通が効くことや、無料・有料のデザインテンプレートもたくさんあります。

 

それを生かさない手はないです。自由なカスタマイズができるからこそ、似通ったはてなブログよりも、インパクトのあるブログが出来上がったり、逆にシンプルなブログも作れます。

 

ブログを視覚的に訴えかける。「この人のブログはこんなブログだったな」と思い出させてくれる可能性が高いです専門性の高いブログこそ、WordPressでの運営は有利です。中身も濃い内容なら読者の記憶にも残りますからね。

 

 

WordPressならレンタルサーバー・独自ドメインは必要

WordPressを使ってブログを始めたいときに知っておきたいことを、まずは紹介します。WordPressでブログを始める場合、以下の2点を行います。

  1. レンタルサーバーを借りる
  2. ドメイン取得する

 

WordPressでブログをはじめる場合、まずレンタルサーバーを借りる必要があります。有料でレンタルサーバーを契約して、さらに一緒に独自ドメインも取得する必要もあります。

 

レンタルサーバーと独自ドメインを一緒に取るメリットとデメリットは?

レンタルサーバーと独自ドメインを取るメリットとデメリットには、どのようなことが考えられるでしょうか?

 

レンタルサーバーと独自ドメインを借りるメリット

メリットには主に3点があります。

  • 管理会社の影響によってサイトが消えることがない(長期的な視野で運営が可能)
  • サイトのアクセス数とアフィリエイトの収益が継続できる
  • 無駄な広告が入らない

 

はてなブログのような管理会社がサーバー管理している場合、少し危険だと感じるのはサイト管理会社の倒産です。もし倒産してしまった場合、せっかく書いたブログは消えてしまいます。

 

しかし、WordPressの場合、レンタルサーバーを契約をしているため、別の管理会社に乗り換えがスムーズであり、もしものときにもサイトの存続が可能です。

 

また、サイトの独自ドメインを持っておくことで、それまで作ってきたブログのアクセス数や、アフィリエイト関連の収益の保護が可能です。

 

SEOはドメインに依存するため、別のブログサービスサイトで同じようなサイトを作っても、アクセス数やアフィリエイト収益を持続できません。ですから、有料のレンタルサーバーと独自ドメインを一緒に取って、ブログを始めるのが良いのです。

 

さらに地味に嬉しいのがレンタルサーバーを借りることで、無料ブログサービスなどで出てくるやっかいな広告がでないこと。アフィリエイトリンクやバナーを貼るときに広告と重なる場面や無駄な広告があると、あなたのブログからユーザーが離脱する原因に繋がります。これは非常にもったいないことです。

 

レンタルサーバーと独自ドメインを借りるデメリット

レンタルサーバーと独自ドメインを一緒に借りて起こるデメリットは、サーバー代などのコストがかかることでしょうか。

 

レンタルサーバーや独自ドメインは月契約や年契約などで数千円を支払います。詳しい金額は各レンタルサーバーによって異なり、独自ドメインも同じように支払いが発生します。(後ほど紹介します)

 

ブログのレンタルサーバーのおすすめは?容量・費用など比較してみた

レンタルサーバーは、月々の使用料金を支払うことで借りられます。

 

サーバー自体には、レンタルサーバーやクラウドサーバーやVPSなど種類があるのですが、ブログ初心者の方には『レンタルサーバー』が使いやすく価格も手頃なため、私はすすめています。

 

でも、ひとつ難点はレンタルサーバーを提供する会社が多いこと。

 

どれを選んだらいいのか分からない!という方も多いはずです。

 

ここからは、おすすめのレンタルサーバー6つを機能面、価格、サーバーの安定性などで紹介します。よく知られているレンタルサーバーの会社ですので、初心者に安心です。

 

ロリポップ

ロリポップはブロガーやメディア運営初心者の方に人気のある、レンタルサーバーのひとつです。特徴は最低金額月々100円から始められる料金プランと、マニュアル動画解説で使い勝手の良いです。

 

Word Pressも「簡単インストール機能」がある「ロリポップ!スタジオ」というサービスでは、サイト作成初心者でも開設と運営を一貫して可能です。もちろん、サーバー稼働率は99.99%、アクセス数増加に対応するために制限値を一時的に緩和する「同時アクセス数拡張」といったサービスも受けられます。

 

ロリポップの料金プラン

ロリポップの特徴は価格面でしょう。プランは4つあります。以下が主な料金プランです。

プラン 初期費用 月額料金 ディスク容量 転送量
エコノミー 1,500円 100円(税抜) 10GB 40GB/日
ライト 1,500円 250円(税抜) 50GB 60GB/日
スタンダード 1,500円 500円(税抜) 120GB 100GB/日
エンタープライズ 1,500円 2,000円(税抜) 400GB 400GB/日

 

ちなみに、全てのプランに10日間の無料お試し期間が付いています。ただし、Word Pressをインストールできるのは、ライトプランからとなるので注意してください。

気軽に始めたい方や、費用を抑えたいと思う方にはおすすめ。WordPressをやってみて合わないと感じても、レンタルサーバーのリスクが小さいのはロリポップの良い点です。


 

エックスサーバー

エックスサーバー

エックスサーバーは「高速」「多機能」「安定性」の3つが特徴のレンタルサーバーです。多くのブロガーさんが使っています。

何よりパフォーマンスが安定しており、業界トップクラスと言われる200GBの大容量で圧倒的な高速表示、高い安定性を備えながら、税抜き月額900円から運営ができるのです。

 

エックスサーバー社にて直接保有・運用管理をする、最新の20コアCPU・大容量192GBメモリを搭載しています。また、従来のHDD環境と比較してもディスクの読み込み速度は約48倍以上で、書き込み速度は約23倍以上と圧倒的な快適環境を実現します。

 

その他にも、アフィリエイトサイトの信用性を高める独自SSLを無料で使用ができ、サーバー稼働率も99.99%以上の高い安定性を持っています。これなら安心してブログ運営が可能ですよね。

 

エックスサーバーの料金

エックスサーバーの料金プランは3つ。

  • X10(スタンダード)プラン
  • X20(プレミアム)プラン
  • X30(プロ)プラン

どのプランも「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」と3ヶ月ごとに契約となります。(最長は36ヶ月)

 

参考にX10(スタンダード)プランの、初回契約時の支払い料金を紹介します。

契約期間 初期費用 利用料金 合計
3ヶ月 3,000円(+消費税) 1,200円(+消費税)×3ヶ月 6,600円(税抜)
6ヶ月 3,000円(+消費税) 1,100円(+消費税)×6ヶ月 9,600円(税抜)
12ヶ月 3,000円(+消費税) 1,000円(+消費税)×12ヶ月 15,000円(税抜)
24ヶ月 3,000円(+消費税) 950円(+消費税)×24ヶ月 25,800円(税抜)
36ヶ月 3,000円(+消費税) 900円(+消費税)×36ヶ月 35,400円(税抜)

 

また、X10(スタンダード)プランの契約更新時の支払い料金も紹介します。

契約期間 利用料金 合計
3ヶ月 1,200円(+消費税)×3ヶ月 3,600円(税抜)
6ヶ月 1,100円(+消費税)×6ヶ月 6,600円(税抜)
12ヶ月 1,000円(+消費税)×12ヶ月 12,000円(税抜)
24ヶ月 950円(+消費税)×24ヶ月 22,800円(税抜)
36ヶ月 900円(+消費税)×36ヶ月 32,400円(税抜)

 

紹介したプランはエックスサーバー内の最安値となります。プランによって利用料金が変化していきます。詳しくはサイトをチェックしてみてください。

さくらのレンタルサーバー

さくらのインターネット

さくらのレンタルサーバーは幅広い料金と容量のプランがあるレンタルサーバーです。

特徴としては、契約サーバーとは別のサーバーに自動的にバックアップを取ってくれる他、99.99%の稼働率で安定性もあります。また、独自SSLや共有SSLの利用もできます。

スポンサード リンク

 

さくらのレンタルサーバーの料金プラン

さくらのレンタルサーバーには「ライト」「スタンダード」「プレミアム」の3つプランがあります。以下が各プランの料金です。

プラン名 利用料金 初期費用 容量
ライト 129円/月(1,543円/年) 1,029円 10GB
スタンダード 515円/月(5,142円/年) 1,029円 100GB
プレミアム 1,543円/月(15,428円/年) 1,029円 200GB

 

全てのプランに2週間の無料お試しサービスが付いています。また、3つのプランの他に「ビジネス」「ビジネスプロ」プランも用意されているので、用途に合わせて選びましょう。詳しい解説やレンタルサーバーの契約は以下からどうぞ。


 

お名前.comレンタルサーバー

お名前.com

独自ドメイン取得ができる「お名前.com」が管理するレンタルサーバーです。

 

月額で税抜900円からサーバーを契約が可能です。お名前.comレンタルサーバーの特徴は99.99%のサーバー稼働率、24時間365日無料の電話サポートが付いている点。なので、初心者でも安心してレンタルサーバーを借りられます。

 

また、独自ドメインが一緒に取得できるのも良い点です。契約時には「共有サーバー」と「独自ドメイン」を一緒に契約すれば、1年目のドメイン契約費用がなんと1円で利用できます。

 

お名前.comレンタルサーバーの料金プラン

お名前.comのレンタルサーバーには3種類あり、その中でもWord Pressが使えるサーバープラン「SD-11」がおすすめです。

SD-11の料金プランは以下のようになっています。

初期費用 初回お支払料金 2回目以降のお支払い料金
1ヶ月 無料 無料 1,300円/月
6ヶ月 無料 5,400円/年(1,080円)/月 6,480円(1,080円/月)
12ヶ月 無料 10,780円(980円/月) 11,760円(980円/月)
24ヶ月 無料 20,700円(900円/月) 21,600円(900円/月)
36ヶ月 無料 31,500円(900円/月) 32,400円(900円/月)

 

特典として初期費用が無料、月額料金が最大2ヶ月間無料です。詳しい内容は以下からどうぞ。


 

ミニバード

ミニバード

ミニバードはロリポップと同じように、低価格から始められるレンタルサーバーです。月額で税抜250円から50GBのプランで始められます。

低価格なメリットがありながら、マルチドメインに対応しており、独自ドメインを50個まで設定が可能なこと、国内データーセンターでサーバー管理されていることなど、費用面が安めながら他のレンタルサーバーと変わらない機能性を持っています。

 

さらに、ミニバードはMySQLを5つ使える点も魅力です。Word Pressなどのデータベースを必要とするサイトを複数作りたい方には、おすすめしたいレンタルサーバーと言えます。

 

ミニバードの料金プラン

ミニバードの料金プランは以下のようになっています。他のレンタルサーバーと違い、最長で12ヶ月の契約期間しかないので注意です。

 

初回契約時の料金:

契約期間 初期費用 月額費用 合計
3ヶ月 1,500円(+消費税) 300円(+消費税)×3ヶ月 2,400円(税抜)
6ヶ月 1,500円(+消費税) 250円(+消費税)×6ヶ月 3,000円(税抜)
12ヶ月 1,500円(+消費税) 250円(+消費税)×12ヶ月 4,500円(税抜)

 

契約更新時の料金:

契約期間 月額費用 合計
3ヶ月 300円(+消費税)×3ヶ月 900円(税抜)
6ヶ月 250円(+消費税)×6ヶ月 1,500円(税抜)
12ヶ月 250円(+消費税)×12ヶ月 3,000円(税抜)

 

お試しとして無料で2週間使えます。ブログ始めたいけど、ミニバードのレンタルサーバーはどうなの?という方は、まずお試し期間だけでも使ってみるのはいかがでしょうか?


 

mixhost

mixhostのトップページ画面

最近、ブログ運営者等で話題となっているのがmixhost(ミックスホスト)です。mixhostの特徴は以下の3点があります。

  • 高機能・高品質なサーバーを月額480円から運営できる
  • サーバーお試し30日間無料
  • 無料の独自SSL化対応

 

実は当ブログもつい最近、mixhostへサーバーを移転をしました。話題だったことや、サーバー移転を兼ねてブログに勢いをつけたい等、様々な理由がありますが、大変満足しています。上記で紹介した特徴を、いかんなく発揮してくれるだけでなく、ブログ等の運営初心者に優しい、無料期間や無料での対応は高評価です

 

また、サーバー移転も代行サービスとして受けてくれるので、サーバー移転が難しい方には良いサーバーだと感じます。(ただし、WordPressサーバー移転料金は税抜9,980円かかります)自分でやって失敗したので、餅は餅屋といわんばかりにプロに頼みました。苦戦していたサーバー移転もスムーズにしてもらい、約3日間ほどで完了しました。

 

さらに、分からないところはメッセージを送れば、詳しく対応していただけるのも嬉しいです。今、一番推薦したいレンタルサーバーです。

 

mixhostの料金プラン

mixhostの料金プランは、以下の5つがあります。注目は初期費用が無料、30日間お試し期間がありながらも、この低価格を実現している点。エコノミーなら格安でブログ運営が可能です。

エコノミー スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラン
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
12ヶ月契約 480円/月 980円/月 1,980円/月 3,980円/月 5,980円/月
6ヶ月契約 530円/月 1,080円/月 2,160円/月 4,380円/月 6,580円/月
3ヶ月契約 580円/月 1,180円/月 2,380円/月 4,780円/月 7.180円/月
容量SSD 10GB 30GB 48GB 72GB 96GB
CPU/メモリ 1v/512MB 2v/1GB 3v/2GB 4v/4GB 5V/6GB
お試し期間 30日間 30日間 30日間 30日間 30日間

 

本当に今のところ不満な点が、サーバー代行サービス料金が高いしかないので、ほとんど満足です。心からおすすめします。


独自ドメインとは?

有料のレンタルサーバーと一緒に独自ドメインを取ってください。ドメインとはインターネット上の住所のようなもの。例えば、当ブログのURLを参考にしてみます。

http:// shumpeiucom

この場合『shumpeiu』『com』 の2つのことを指します。

 

『shumpeiu』の部分はブログの個性を出せるもの。つまり、太郎さんなら『taro』と名付けても良いですし、ブログのタイトルがMy lifeならば、『mylife』とつけられます。自由に付けられるというわけです。

 

しかし、この部分はインターネット上では全て早い者勝ち。独自性を出したり、覚えて欲しいURLがあるのなら、すぐにでもドメインを取得する必要があります。

 

後ろの『.com』もドメインの一種で、見慣れている方も多いのではないでしょうか。この『.com』の部分もたくさんのドメインの中から選べられます。この他にも『.net』『.org』の人気ドメインを付けられるのです。

ちなみに、後ろの部分のドメインについては選んだドメインによって利用料金が変わります。

 

ドメインの取得については「お名前.com」「ムームードメイン」がおすすめ。どちらもドメインに関しては高い信頼度を誇っているため、ドメイン取得は安心です。

 

→ 「お名前.com」を見てみる

 

→ 「ムームードメイン」を見てみる

 

結局おすすめのレンタルサーバーは?

WordPressでブログを始めるためにはレンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取得しておきましょう。費用面はかかりますが、ブログを起点に個人を発信したいなら欠かすことはできません。

 

私がおすすめのレンタルサーバーは、エックスサーバー MixHostです。どちらも人気のあるレンタルサーバーとなるので、迷ったときの参考にどうぞ。

 

それではまた!

¡Hasta la próxima!

スポンサード リンク
The following two tabs change content below.

浦川たろう

1989年生。スペインを愛すフリーランスライター・ブロガー。2017年11月からスペインワーキングホリデーを使い、1年間のスペイン滞在中(バレンシア在住)。 WEBライティング(SEO、LP等)、取材記事、インタビュー記事執筆が得意。 ▷▷ お問い合わせ先(執筆依頼・PR記事広告依頼・各種ご相談)  ▷▷ スペイン・ワーホリビザ相談・サポートサービス  
この記事をシェアしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です