この記事をシェアしませんか?
スポンサード リンク

やりたいなら行動は早い方がいい。早めに動かないともったいない。

 

と、よく私は耳にします。数年前からこれらの言葉は耳にしていたものの、当時はまだ完全に理解ができていませんでした。

 

私のやりたいこと、「スペインに行く・スペインで暮らす」ということ。

 

数年後に願いが叶ったあと、ようやく「やりたいなら行動は早い方がいい。早めに動かないともったいない。」の意味が理解できたのでした。

スポンサード リンク

適切なタイミングの裏に隠れた理由

それは数年前、私の周りの人が言っていたのは、「早く行動するのが重要」「充分すぎる準備の必要はいらない」といった2つの言葉でした。しかし、当時の私には正直、うまく理解できていませんでした。

 

私は常に行動には適切なタイミングが必要で、タイミングを間違えば取り返しのつかないこともあると考えていたからです。

 

 

しかし、今思うと「適切なタイミング」の裏には、こんな理由を持っていたのだと思います。

 

「語学がまだうまくできないから」

「お金が充分に貯まっていないから」

「いろいろな準備ができていないから」

 

ただ、日本以外を見てみたかった。好きな国で暮らしてみたかった。そう思っているのに、踏み出せない理由には3つの理由が含まれていました。

 

もちろん、この3つは大事です。

 

しかし、「やりたいことをしている人」「人より突き出ている人」に共通しているのが、3つの理由はそこまで深く考えずに、2つの言葉を理解しすぐに行動していること。

 

その共通点に気づいたときに、「私もこのままではいけない。」「すぐに行けるように準備をしなくては」と思えるようになったのです。

 

 

すぐに飛び込んで後悔はなかったのか?

結論を言うと、早く動いて世界に飛び込んだら後悔しました。

 

ほとんど公には言っていませんが、スペインで生きるという現実を知ってから、スペインワーキングホリデーに来てしまったことを後悔をしていた時期もありました。「ああ、しまった。今じゃなかったかも」と。

 

しかし、冷静に考えると、その後悔は僕にとって海外で長い期間生きる「不安」が、脳内を支配していただけだったように思えます。

 

滞在期間が長くなるにつれ、スペインで生きる上の心構えなどを知っていきました。そして、不安が少しずつ解消されていったのです。

 

はじめは長く辛抱し続けなければならなかったため、精神的に辛いなと思うときも思い出します。でも、長く辛抱していたからこそ、徐々に自分にとって良い出来事が起こりはじめました。

 

例えば、スペインの企業から採用をもらったことや、スペインワーキングホリデーの情報発信をすることで、いろんな人・企業から問い合わせをいただいたり、繋がりができたりといったこと。

 

今、思えばあのタイミングで飛び込んだからこそできたこと。正直、1年ほどスペインに来るのが遅かったら、何かに理由を付けて余計に飛び込んでなかったかもと感じるほどです。

ペニスコラのかもめ

 

 

すべての迷っている人は飛び込むべきか?

各家庭環境もあり、すぐには行けない私情の方もいるはずです。なので、すべての迷っている人は全員、飛び込め! とは言いたくありません。

 

ただ、昔の私のように飛び込めるのに飛び込まない人には、今すぐにでも飛び込むべきです。一歩行動すれば、確実にあなた自身の何かが変わります。何より、今まで知らなかった世界が知っている世界に変わるのです。

 

 

 

いきなり長い期間、飛び込まなくてもいいと思っています。1ヶ月だけでもいいです。海外に住んでみたいなら私のような、お試し短期滞在を経験するのだって良い方法です。

参考:スペインお試し短期滞在を終えました。今後のことを報告します

 

何よりも一歩を踏み出せた。それだけでまずは充分なんだと思います。

 

 

早く行動する・飛び込むことのメリット

実際に私がスペインに飛び込んでみて感じた大きなメリットは、「自分自身を知れる」ということ。

 

知りたかった世界に飛び込んで実際にその世界にいると、今まで分からなかった自分が理解できます。例えば、この場所で生きていくために必要なものがわかったり、現状の自分に何が足りないのかがわかるということ。

 

自己理解ができれば、あなたが次に舵をとるべきアクションへ進めます。一気にぐんっと進まなくてもいい。知らなかった自分がわかる、それだけで充分なんです。

 

足りないから勉強したくなる、足りないからスキルを身に付けたいと思う。その早めの気付きが前に進めてくれます。

 

 

早く動けば動くだけ多くのチャンスがある

また、早く動けば動くだけ、誰も掴んでいないチャンスを掴める機会も増えます。

 

例えば、私の場合、誰も書いていないスペインワーキングホリデーについての情報発信をしているがゆえに、これから始めたい人から問い合わせを受けたり、ブログを通じた仕事にも繋がっています。

 

こんな感じで、早く動けば動くだけチャンスが広がっているので、あとは目の前のチャンスを逃さずに掴めるかどうか。

 

早めに動くのはリスクを背負うときもありますが、まだ誰も掴んでいないものを掴んだときこそ、醍醐味が感じられます。それこそが、早く動いた人が得られる特権なのだと思っています。

 

 

さいごに

早く行動し飛び込んできた人だけが見られる世界があります。私はもっと深く長く見たいので、今は早く動くこと・飛び込むことを意識し生きています。

 

まだまだ私も夢の途中。ようやく動き出した自分の人生をもっと楽しく、結果の出るように変えている最中です。

スポンサード リンク