¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

 

2017年4月5日にスペインのワーキングホリデー制度が決定しました。

4日から来日されているフェリペ6世国王王妃両陛下とともに、アルフォンソ・ダスティス・スペイン外務・協力大臣も来日。日本の岸田外務大臣と「ワーキングホリデー制度の協定」の著名を行いました。

参考: 日・スペイン・ワーキングホリデー協定の署名(外務省)

 

話題沸騰のスペイン・ワーキングホリデーなんですが、概要を調べてみました。対象年齢は何歳なのか? スペインに仕事はあるのか?必要な申請書類と提出方法についても紹介します。

それではどうぞ。

 

スポンサード リンク

ワーキングホリデー制度とは?

ワーキングホリデーとは、日本と対象となる国の間での、相互理解を促進することを目的とされている制度です。

今回のスペインの場合では、日本とスペインの若者を対象に、それぞれの暮らしやライフスタイルを知ること、文化に触れることが主となります。

ワーキングホリデー期間中は、働き口を見つけて働いてもいいし、学校に良いし、遊び尽くしてもいい。つまり、個人の自由な訳です。あなたならどのように過ごしますか?

 

「スペイン・ワーキングホリデー」及び「スペイン・ワーキングホリデービザ」について

マドリードのバラハス空港

2017年6月29日現在で、「スペイン・ワーキングホリデー制度」及び、「スペイン・ワーキングホリデービザ」で決まっていることをお知らせします。

以下から、詳細をチェックしてみてください。

 

スペイン・ワーキングホリデービザの有効期間は?

スペイン・ワーキングホリデービザは、入国から1年間となっています。滞在の目的は休暇として過ごすが主です。しかし、ワーキングホリデーは休暇だけでなく、スペインの法令にしたがって就労が可能です。

 

スペイン・ワーキングホリデービザの申請条件

2017年6月28日に詳細が決定しました。すでに書類なども、在日スペイン大使館から取得可能です。

東京都のスペイン大使館領事部において、必ず本人が申請手続きを行うようになります。

  • 日本国籍を所有し、かつ日本在住である
  • 査証申請時に18歳以上、30歳以下である
  • 被扶養者の同伴はなし
  • 有効なパスポートを所持すること
  • 帰国のための切符、またはそのための充分な資金がある
  • スペイン滞在には当初3ヶ月間に生計を維持するための、月ごと最低532.51ユーロが必要。合計で1,597.53ユーロ相当の資金を所持すること(3ヶ月合計で最低1597.53ユーロ。日本円で約204,596円。(1ユーロ128円計算)
  • 健康であることを示す医療診断書が確認できる
  • 犯罪経歴を有しない申告ができる
  • 滞在終了時にスペイン出国し、かつ、滞在中に在留資格の変更をしないこと
  • 過去にスペインワーキングホリデービザを発行していないこと
  • スペインに入国後は1ヶ月以内に住む市町村で住民届け(EMPADRONAMIENTO)を提出

 

以上が申請ができる条件です。ちなみに在日スペイン大使館では海外旅行保険に加入することも勧めています。

詳しくはホームページを御覧ください。必要な書類などの申請書に関しては、在日スペイン大使館のホームページからダウンロード可能です。

 

→ スペインワーキングホリデービザ | 在日スペイン大使館

 

募集人数は?

気になるのが「募集人数枠」です。どのくらいスペインワーキングホリデービザに枠があるのでしょうか?

 

募集人数は、2017年は250人。2018年からは500人とのこと。

参考:España y Japón comienzan a tramitar visados “Working Holiday”

参考:Programa Working Holiday entre España y Japón

参考:ワーキングホリデー制度 | 外務省

 

以下の動画でも確認ができます。

 

スペイン・ワーキングホリデービザ申請書類まとめ

スペインワーキングホリデービザを申請するための書類をまとめてみました。ビザ申請に必要なものは14点です。

  • 査証申請書
  • 写真(5×3.5)1枚
  • パスポート
  • パスポートコピー1部(ビザ申請書に貼る)
  • 住民票(発行から90日以内のもの)
  • 1年オープンの往復航空券の予約、もしくは往路のみの航空券の予約
  • 経済能力の証明(銀行残高証明または本人名義の銀行通帳のコピー)
  • 健康診断書
  • NIE(外国人登録番号)申請書
  • NIE申請費 1,155円(※ 私が申請したときは1,166円でした)
  • ワーキングホリデービザ申請に伴う宣誓書
  • 返信用封筒
  • 旅行日程表
  • 日本の連絡先データ用紙

 

また、スペイン・ワーキングホリデービザ申請に必要な書類の記入方法等は、スペイン・ワーキングホリデービザ申請のための書類一覧・提出方法・注意点まとめ  で、詳しく書きました。それぞれの書類の記入方法を書いた記事もありますので、参考にしてください。

 

スペインワーキングホリデービザ申請書類の「相談・サポート」サービスもご提供中

スペインワーキングホリデービザ申請書類代行

9月中旬にスペイン・ワーキングホリデービザが無事におりました。申請までの経験や体験・気付き等を、これからスペイン・ワーキングホリデービザを申請したい方のためにご提供したいと考え、ビザ申請書類についての相談・サポートサービスを開始いたしました。

 

記入代行は行えませんが、記入相談・案内等をお受けいたします。サービス内容については以下からどうぞ。

 

→ 「スペインワーキングホリデービザ申請書類の相談・サポートサービス」を見てみる

 

 

「スペインから日本へ」のワーキングホリデービザへの条件も決定

※ こちらはスペイン人が日本に来るときのための条件です。お間違いないように!

2017年6月20日に在スペイン日本国大使館から、スペインから日本へのワーキングホリデービザへの条件が決定しました。2017年7月1日からスペインから日本へのワーキングホリデーの受付けが始まります。

詳しい条件に関しては以下のサイトから。(スペイン語です。)

参考:WORKING HOLIDAY EN JAPÓN

 

スペインから日本への条件の中で、いくつかピックアップしてみました。

  • 年齢は18歳〜30歳まで
  • 最長1年間の滞在のみで延長は不可
  • 扶養者がいない(扶養者のための適切なビザを持っている場合を除く)
  • 往復航空券を持っていること。あるいは、それに相当する十分な資金があること。往復航空券2000ユーロ相当(または、往路+復路航空券1000ユーロ)を保持している
  • 航空券とは別に滞在期間の初めをカバーする十分な資金2000ユーロを持っていること
  • 健康診断書、無犯罪証明書が必要
  • 履歴書、ワーキングホリデー参加への志望動機

 

スペインから日本への必要な資金に関しては「往復航空券+ 2000ユーロ」は最低資金なので、合計で3000〜4000ユーロ(多く見積もって5000ユーロ)が必要ということ。日本円で50万円ほどです。

また、履歴書やワーキングホリデー参加への志望動機という、ワーホリでは珍しい(?)書類も必要とのこと。

日本語で詳しく知りたい方は「todomadrid」の記事もチェック!

参考:速報!在スペイン日本大使館がワーホリ申請を7月1日から受付開始

 

スペインで働けるの? 就労状況は?

アトーチャ・セルカニアス駅

Twitter経由で絡ませていただいている、スペインを知る先輩方々のツイートを参考にしてみました。

 

ネガティブな意見でしょうか? 確かにそうかもしれせん。でもこれが現実でもあるのです。

EL MUNDO紙の記事も参考になると思います。25歳から29歳のスペイン人の失業率は54.1% で、29歳までの人たちは実家暮らしをしているとのこと。

 

→ Si tienes 29 años en España, vives con tus padres

 

スペインワーホリのためのおすすめのスペイン語学習教材

スペイン語ができると、スペインで働けるチャンスがぐっと広がります。渡航前・ワーホリ中にスペイン語の勉強をするための、おすすめの参考書を紹介します。

 

スペイン語文法

スペイン語の文法書は「新版 スペイン語の入門」がおすすめ。ちょうどよい濃さの文法書で、ひっかかりやすい悩みを解消してくれる丁寧さです。詳しくは以下で徹底解説しています。

 

→ 「スペイン語の文法書は「新版スペイン語の入門」をおすすめしたい」を見てみる

 

スペイン語単語帳

スペイン語の単語帳の決定版をも言える、スペイン語学習者が買っている「これなら覚えられる!スペイン語単語帳」。ちなみに、当ブログで一番、売り上げています。

付いている音声と共に学習するのがおすすめ。日本語も単語の意味を読み上げるだけに使われるので、スペイン語メインで聴きたい人にも推薦します。詳細は以下からどうぞ。

→ 「スペイン語は単語が重要。初心者におすすめの単語帳を紹介します」を見てみる

 

→ 「これなら覚えられるスペイン語単語帳をやり込む方法」を見てみる

 

リスニング

生のスペイン語を「長文で」「現地の早さで」聴ける教材は、スペイン語教材の中でそれほどありません。

 

紹介する「耳が喜ぶスペイン語 リスニング体得トレーニング」では、スペイン語リスニング強化の柱として使える教材です。「現地のスペイン人が言っているスペイン語の意味を聞き取れない!」「もっと聞き取れたらいいのに!」と悩んでいる方におすすめします。

 

また、現地のラジオが聴ける「TuneIn Radio」で耳を慣らすのも良いでしょう。

 

→ 「スペイン語を耳から楽しもう!TuneIn Radioなら生のスペイン語をラジオで聴けるよ」を見てみる

 

スピーキング

スピーキングに関しては教材・参考書を使うよりも、実践の繰り返しが良いです。あなたがスペインへ渡航前なら、ひとつの手としてオンラインスペイン語会話レッスンを受けて、スペイン語を話すことに慣れるべきです。

 

オンラインスペイン語会話レッスンには、以下のようなものがあります。

→ 「スペイン語オンライン会話SPANISIMO(スパニッシモ)を紹介します」を見てみる

 

→ 「オンラインスペイン語会話レッスン 1to1SPANISH を3週間体験してみた【PR】」を見てみる

 

 

スペインワーキングホリデーは、1年間だけスペインに住める貴重な機会

スペインワーキングホリデーは、1年間だけスペインに住める貴重な機会となります。1年間をどのように使うのかは人それぞれです。

 

バイトに勤しむもよし、スペイン1周するもよし。期間限定でインターンをするもよし。とにかく、悔いの無いようにスペインを楽しんでください。

 

スポンサード リンク
この記事をシェアしませんか?

“スペインワーキングホリデー制度・ビザの詳細。いつから? 対象年齢は? 申請条件・申請書類は?仕事はある? 調べてみた” への16件のコメント

  1. 初めまして!最近よく読ませていただいてます。スペインもワーキングホリデーの仲間入りと聞いて私も真剣に考えたりしてます。スペインでの生活楽しんでください^^

  2. バルセロナ在住のものです! 参考になる記事ありがとうございます!これからもワーキングホリデーの情報お待ちしています!

    1. ありがとうございます! バルセロナ在住なのですね。バルセロナに行く予定もあるので、バルセロナ楽しみです。情報は気長にお待ちくださいませ!

  3. たろうさんには残念な話かもしれませんが、スペインが他の国と結んでいる協定では、ワーホリビザはcuenta ajenaとあるので、自営業は認められていないようですね。仮に認められるとしても、ライターとして自営されるなら、税金や社会保障関連の手続きは避けられないでしょうから、このように先走ってリモートで、というのはやはり少し先走りすぎじゃないでしょうか?今でこそ制度の改正を重ねて、現地での就労許可取得の手続きが省かれ、ビザが就労許可を兼ねるようになっていますが、以前は現地での取得が求められ、鶏卵問題になっていたようです。
    蛇足ですが、電車の駅構内は撮影禁止ですよ。

    1. コメントやご指摘、ありがとうございます。すべては、スペイン大使館の詳細や情報を待ってからと思っています。先走り云々などの件に関しても、一つの提案であるだけで、すべては大使館の連絡待ちという考えです。難しい場合ならそれまでと思っております。
      駅構内の写真に関しても、ありがとうございます。こちらで確認してから、削除もしくは変更いたします。

  4. 詳細は既に官報に掲載されていましたが、大使館も発表したんですね。
    あと、枠って発表されてます?

    1. コメントありがとうございます。そうだったのですね。枠に関してはちょっと不明です。年間(?)1000人という噂もありますが。

  5. これ犯罪経歴証明書が抜けてるんじゃない?要らないのかな?
    私もいろいろ気になってきました。どのタイミングで申請すべきか。前の方が書いてますが、いくら座席あるんでしょうかね〜。ただ、1000というのは(ソースは?)多すぎる気がします。日本側は200か250くらいですし、他の国もせいぜいその程度で、しょっちゅう定員に達してますから。

  6. 追記
    あと、これって学生ビザみたいに現地更新いらないんですかね?労働許可をビザで含む形になると、就労先とか職質された時の警察とかにワーホリってわかってもらえず、なんかいろいろとトラブりそう。いずれにしても、いろいろ疑問が湧いてくるので、ライターなんだから大使館の情報コピペだけでなく、追加調査por fa!

    1. いろいろとありがとうございます。速報ベースだったので、記載だけしておきました。そうですね。追記や申請するときに疑問も湧いてくるので、ちょくちょく追加して行く予定です。(または別記事)

  7. >>>年間で250人とのこと。(平成29年度は250人、平成30年度からは500人になる)申請開始日の7月1日〜1年間で250人。つまり、2018年7月1日で一度、リセットされる仕組みです。2018年7月1日からは500人となります。

    これ、スペイン大使館に直接確認したので、間違ってると思いますが、何かソースあるんですか?ちゃんと取材してます?

  8. ???さんが書いてますが、今年の7月から来年の7月までの枠は250でなく500ですよ。
    スペイン語の報道で記事がたくさんあがってますから、日本語だけでなく、スペイン語の情報にも当たりましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です