この記事をシェアしませんか?

¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

 

2017年4月5日にスペインのワーキングホリデー制度が決定しました。

4日から来日されているフェリペ6世国王王妃両陛下とともに、アルフォンソ・ダスティス・スペイン外務・協力大臣も来日。日本の岸田外務大臣と「ワーキングホリデー制度の協定」の著名を行いました。

参考 日・スペイン・ワーキングホリデー協定の署名(外務省)

 

話題沸騰のスペイン・ワーキングホリデーなんですが、概要を調べてみました。対象年齢は何歳なのか? ビザは無事に下りるのか? スペインに仕事はあるのか? 必要な申請書類と提出方法についても紹介します。

それではどうぞ。

 

スポンサード リンク

ワーキングホリデー制度とは?

ワーキングホリデーとは、日本と対象となる国の間での、相互理解を促進することを目的とされている制度です。

今回のスペインの場合では、日本とスペインの若者を対象に、それぞれの暮らしやライフスタイルを知ること、文化に触れることが主となります。

ワーキングホリデー期間中は、働き口を見つけて働いてもいいし、学校に良いし、遊び尽くしてもいい。つまり、個人の自由な訳です。あなたならどのように過ごしますか?

 

「スペイン・ワーキングホリデー」及び「スペイン・ワーキングホリデービザ」について

マドリードのバラハス空港

2017年6月29日現在で、「スペイン・ワーキングホリデー制度」及び、「スペイン・ワーキングホリデービザ」で決まっていることをお知らせします。

以下から、詳細をチェックしてみてください。

 

スペイン・ワーキングホリデービザの有効期間は?

スペイン・ワーキングホリデービザは、入国から1年間となっています。滞在の目的は休暇として過ごすが主です。しかし、ワーキングホリデーは休暇だけでなく、スペインの法令にしたがって就労が可能です。

 

スペイン・ワーキングホリデービザの申請条件

2017年6月28日に詳細が決定しました。すでに書類なども、在日スペイン大使館から取得可能です。

スペインワーキングホリデービザ

 

東京都のスペイン大使館領事部において、必ず本人が申請手続きを行うようになります。

  • 日本国籍を所有し、かつ日本在住である
  • 査証申請時に18歳以上、30歳以下である
  • 被扶養者の同伴はなし
  • 有効なパスポートを所持すること
  • 帰国のための切符、またはそのための充分な資金がある
  • スペイン滞在には当初3ヶ月間に生計を維持するための、月ごと最低532.51ユーロが必要。合計で1,597.53ユーロ相当の資金を所持すること(3ヶ月合計で最低1597.53ユーロ。日本円で約204,596円。(1ユーロ128円計算)
  • 健康であることを示す医療診断書が確認できる
  • 犯罪経歴を有しない申告ができる
  • 滞在終了時にスペイン出国し、かつ、滞在中に在留資格の変更をしないこと
  • 過去にスペインワーキングホリデービザを発行していないこと
  • スペインに入国後は1ヶ月以内に住む市町村で住民届け(EMPADRONAMIENTO)を提出

 

以上が申請ができる条件です。ちなみに在日スペイン大使館では海外旅行保険に加入することも勧めています。

詳しくはホームページを御覧ください。必要な書類などの申請書に関しては、在日スペイン大使館のホームページからダウンロード可能です。

 

→ スペインワーキングホリデービザ | 在日スペイン大使館

 

募集人数は?

気になるのが「募集人数枠」です。どのくらいスペインワーキングホリデービザに枠があるのでしょうか?

 

募集人数は、2018年からは500人です。

参考:España y Japón comienzan a tramitar visados “Working Holiday”

参考:Programa Working Holiday entre España y Japón

参考:ワーキングホリデー制度 | 外務省

 

 

 

スペイン・ワーキングホリデービザ申請書類まとめ

スペインワーキングホリデービザを申請するための書類をまとめてみました。ビザ申請に必要なものは14点です。

  • 査証申請書
  • 写真(5×3.5)1枚
  • パスポート
  • パスポートコピー1部(ビザ申請書に貼る)
  • 住民票(発行から90日以内のもの)
  • 1年オープンの往復航空券の予約、もしくは往路のみの航空券の予約
  • 経済能力の証明(銀行残高証明または本人名義の銀行通帳のコピー)
  • 健康診断書
  • NIE(外国人登録番号)申請書
  • NIE申請費 約1,166円(現在はもう少し高い模様)
  • ワーキングホリデービザ申請に伴う宣誓書
  • 返信用封筒
  • 旅行日程表
  • 日本の連絡先データ用紙

 

また、スペイン・ワーキングホリデービザ申請に必要な書類の記入方法等は、スペイン・ワーキングホリデービザ申請のための書類一覧・提出方法・注意点まとめ  で、詳しく書いています。

 

それぞれの書類の記入方法を書いた記事もありますので、参考にしてください。

 

 

スペインワーホリビザは無事に下りる?

私のところに多くの質問が寄せられます。質問の中にあるのが「無事にビザは下りるのか?」ということ。結論を言うと、ビザが下りる可能性は高いです。

スペインワーキングホリデービザ申請のための供述書とパスポート

 

なぜなら、12月の時点でワーホリで来た日本人の方々の話も参考にすると、そこまでスペインワーホリ申請に殺到していない状況だからです。私自身もスペイン大使館で申請した9月の段階では、大使館の方は来た人は30名くらいでしたよと、おっしゃっていました。

 

2017年の募集定員は250名。2018年には500名に増える予定のスペインワーホリ。まだ、様子見をされている方や、2018年に本格的にスペインワーホリに行くために動き出す方もいらっしゃるようで、私個人の感覚としても、今のうちならビザは無事に下りるのではないでしょうか というのが回答です。

 

とはいえ、基本的にビザについては、毎年、変化するものだと考えておくべき。これはあくまで想像でしかありませんけど、2018年、2019年と進むにつれて、申請書類が変わったりする場合も考えられます。スペインワーホリに行くなら早めが良いかも?

 

 

スペインワーホリ準備からスペイン到着後の手続き

2018年9月現在、すでにスペインワーホリを開始してスペインで暮らしているため、これまでのワーホリ準備・ビザ申請〜スペイン到着後の手続きをまとめました。

 

流れが分からない方は、こちらを参考にしてみてください。

 

→ 【まとめ】スペインワーホリ準備・ビザ申請からスペイン滞在までの流れ

 

 

 

スペインで働ける?就労状況と仕事の探し方

アトーチャ・セルカニアス駅

スペインで仕事探し。ネガティブな意見が多いです。確かにそうかもしれせん。これが現実ですから。

 

スペイン全国紙・EL MUNDOでの記事も参考にしてください。25歳から29歳のスペイン人の失業率は54.1% で、29歳までの人たちは実家暮らしをしているとのこと。

 

→  Si tienes 29 años en España, vives con tus padres

 

ただ、日本人にとって武器となるスキルを身につければ、スペインでも仕事は見つかると思っています。日本語がしゃべれる・日本食が作れるなど、日本では目立ちにくい自身のスキルは、海外では大きな武器になるはずです。

 

実際に私は根気よく探し、運とタイミングで仕事が見つかりました。本当に奇跡でした。

 

→ バレンシアからマドリードへ拠点を移す理由とスペインワーホリのこれまで・これから

 

スペインワーキングホリデーでの仕事の探し方

スペインワーキングホリデーでの仕事の探し方は、私の経験上、たくさんあると思っています。

 

例えば、友達伝えから仕事をもらったり、日本人向け求人サイトで検索したり、スペイン人が実際に使っている求人サイトを見てみたりと、やり方はたくさん。

 

私がスペインで仕事探しをした具体的な方法が、以下の記事と有料コンテンツで販売しています。有料ではありますけど、どこにも出していない情報を詰め込んでいるので、ぜひ、参考にしてみてください。

 

→ 『スペインワーホリ中に採用されるまでにやった具体的な仕事の探し方』

 

 

「スペインから日本へ」のワーキングホリデービザへの条件も決定

※ こちらはスペイン人が日本に来るときのための条件です。お間違いないように!

2017年6月20日に在スペイン日本国大使館から、スペインから日本へのワーキングホリデービザへの条件が決定しました。2017年7月1日からスペインから日本へのワーキングホリデーの受付けが始まります。

詳しい条件に関しては以下のサイトから。(スペイン語です。)

参考:WORKING HOLIDAY EN JAPÓN

 

スペインから日本への条件の中で、いくつかピックアップしてみました。

  • 年齢は18歳〜30歳まで
  • 最長1年間の滞在のみで延長は不可
  • 扶養者がいない(扶養者のための適切なビザを持っている場合を除く)
  • 往復航空券を持っていること。あるいは、それに相当する十分な資金があること。往復航空券2000ユーロ相当(または、往路+復路航空券1000ユーロ)を保持している
  • 航空券とは別に滞在期間の初めをカバーする十分な資金2000ユーロを持っていること
  • 健康診断書、無犯罪証明書が必要
  • 履歴書、ワーキングホリデー参加への志望動機

 

スペインから日本への必要な資金に関しては「往復航空券+ 2000ユーロ」は最低資金なので、合計で3000〜4000ユーロ(多く見積もって5000ユーロ)が必要ということ。日本円で50万円ほどです。

また、履歴書やワーキングホリデー参加への志望動機という、ワーホリでは珍しい(?)書類も必要とのこと。

日本語で詳しく知りたい方は「todomadrid」の記事もチェック!

参考:速報!在スペイン日本大使館がワーホリ申請を7月1日から受付開始

 

 

スペインワーホリのためのおすすめのスペイン語学習教材

スペイン語学習教材・参考書まとめ【文法・単語・リスニング・会話・辞書】

スペイン語ができると、スペインで働けるチャンスがぐっと広がります。以下でスペイン語教材・参考書をまとめました。

 

文法・リスニング・単語・辞書など、各カテゴリごとに紹介していますので、どうぞ!

 

→ 「スペイン語学習教材・参考書まとめ【文法・単語・リスニング・会話・辞書】

 

 

スペインワーキングホリデーは、1年間だけスペインに住める貴重な機会

スペインワーキングホリデーは、1年間だけスペインに住める貴重な機会となります。1年間をどのように使うのかは人それぞれです。

 

バイトに勤しむもよし、スペイン1周するもよし。期間限定でインターンをするもよし。とにかく、悔いの無いようにスペインを楽しんでください。

スポンサード リンク