¡Hola!

私、たろう(@v_varentaro)はワーキングホリデーの準備と並行して、スペイン語を再度、勉強しています。

 

スペイン語学習教材の「これなら覚えられるスペイン語単語帳」は、数少ないスペイン語教材の中でも、ひとつ持っておきたい教材だと思っています。

ちなみに過去にはこの記事に関する記事を書いています。

→ スペイン語は単語が重要。初心者におすすめの単語帳を紹介します

 

ですが、この記事では本の紹介だけでした。ここでは、もう少しこの本を使い込む方法を紹介していきます。

 

スポンサード リンク

「これなら覚えられるスペイン語単語帳」とはどのような教材なのか?

まず簡単にですが、「これなら覚えられるスペイン語単語帳」とはどのような教材であるのかを説明します。

 

NHK出版から出ている「これなら覚えられるスペイン語単語帳」は、おおよそB5サイズの本でスペイン語の単語1500語が並んだ単語帳。その中で800語には例文が付いています。

巻末にはすべてを網羅しているわけではないですが、文法と重要な不規則活用動詞なども掲載されています。本には2枚のCDが一緒に付いているので、単語・例文を覚えていきながらスペイン語の単語を学んで行くのです。

 

CDを聴いて単語を黙読するだけではもったいない

いつもスペイン語教材を購入すると思うことがあります。

「もっと効果的な活用方法はないかな?」と。今回の「これなら覚えられるスペイン語単語帳」も同じように、どのような活用法が効果的であるのかを考えてみました。

 

CDを聴きながらひたすらに本を繰り返し読む

一番オーソドックスなパターンです。

流れるCDでは、スペイン語の単語→日本語で単語の意味→スペイン語で例文が読みあげられるという流れ。そのようなパターンで流れるスペイン語を、本を読みながら、とにかく聴きます。

そのオーソドックスなやり方にプラスするなら音読が効果的でしょう。圧倒的に脳に残りやすいなと感じます。音読をすることでスペイン語特有の抑揚なども真似できるのは良いです。

私もCDを聴きながらスペイン語単語帳の例文を音読して、繰り返しながら勉強しています。

 

重要な箇所を判別してそこだけを音読する

音読をしながら繰り返していくことは効果的である一方で、デメリットだなと思うのは「あきらかに口にしないフレーズを読むこと」です。

どういうことかと言うと以下のような例文。

Una semana después estalló la guerra. 1週間後に戦争が勃発した。(p.133より)

必要な人は必要かもしれません。でも、今の自分には特に必要のない例文です。話すというより、新聞で読んだりする「読み専用」のスペイン語も時々、掲載されています。

そのような単語・例文はチェックを付けるなりして、敢えて音読せずに黙読で対応することが良いです。

スポンサード リンク

1500語すべてを覚えられるのは理想ですが、スペイン語始めたばかりの方の場合は、少し酷なこと。ならば、スペイン旅行などできちんと伝わるスペイン語を覚えたほうが効果的だと感じます。例えば、

¿Comemos en este restaurante? このレストランで食べましょうか?(p.64 より)

とかね。

 

ディクテーションをやってみる

ディクテーションも効果的です。最近は行っていませんが、一時期やっていたときにCDを聴いて音読して書く作業は、頭を使っているなとひしひしと感じました。

何回も繰り返していくと聴いた例文と書いた記憶が残っているので、音をすべて聴くまでに書き始めるといったこともできます。

 

始めた頃や久しぶりにやると、文が繋がって聴こえるので「a」とか単語自体を聴き漏れてしまうことも。例えば、

No podemos vivir sin aire. 私たちは空気なしでは生きていけません。(p.108より)

ノ ポデーモス ビビール シン アイレ. と読みます。しかし、sin aire の部分が音声を聴くとsinaire(シナイレ)と聴こえるのです。この影響から「シナイレってなんだ?」「そんな単語あったか?」となった経験があります。

 

このような経験があるからこそ、ディクテーションが良い効果を発揮してくれるのです。ディクテーションをすることで、単語と単語の繋がりの部分を意識したリスニングの勉強になると思います。

 

共通するのは繰り返しのみ

3つの方法を紹介してきました。スペイン語単語帳なので工夫してやれることが限られます。その他なら、例文を自分のことに置き換えて音読してみるのも良いでしょう。

 

3つのすべてに共通するのは繰り返し行うこと。とにかく1冊を終わらせる気持ちで始めて、2周目・3周目と続けていくのみ。私は今は違うスペイン語学習をしていますが、時々、見返して音読しています。

共にスペイン語学習を続けていきましょう。

 

スペイン語単語帳の例文をオンラインスペイン語会話で試してみる

スペイン語の単語を詰め込むだけでは上達をしません。話す作業を行いましょう。巷ではオンライン英会話がありますが、オンラインスペイン語会話もあります。

中南米を中心にしたスペイン語会話なら、スパニッシモ(SPANISIMO)スパニッシュ・オンラインなどが有名です。

参考:スペイン語オンライン会話SPANISIMO(スパニッシモ)を紹介します

 

また、最近ではオンラインの外国語学習サービスitalkiも良いです。これはスペイン語の場合、中南米の先生だけでなくスペイン人の先生も選ぶことが可能です。支払いはUSドル計算になるため面倒ですが、マンツーマンでスペイン語学習ができます。

 

さいごに

スペイン語初心者の方はもちろん、中級者の方も基礎的単語を確認したい場合にも有効な、これなら覚えられるスペイン語単語帳

大きな教材ではないため、サイズ感もよく通勤学習にも最適です。紹介したスペイン語学習法を参考にしてみてください。

 

こちらも合わせてどうぞ。

→ スペイン語は単語が重要。初心者におすすめの単語帳を紹介します

それではまた。

¡Hasta la próxima!

 

スポンサード リンク
この記事をシェアしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です