スマホアプリRome2rio2

海外で旅をするときに戸惑ってしまうのが、その国・その土地の交通手段。今いる街から次の街に行きたいときに、常に持っているスマホから行き方を探してしまうもの。

 

そんなときにスマホアプリをよく使います。スペインを旅する前に私はスマホに GO EUROという、交通手段を調べられるスマホアプリを使っていました。

 

しかし、4月・5月のスペインでの短期滞在では、作動はするものの間違った情報ばかりで誤作動を起こして、なぜか使えませんでした。そして急遽、スマホにインストールしたアプリが、Rome2rio(ローマトゥリオ)でした。

 

GO EURO の代わりとして使い始めたRome2Rio飛行機・バス・電車等の交通手段を検索できるアプリとして、GO EUROよりも正確だったことや、その他の良い特徴があったため、今でも使い続けています。

スポンサード リンク

Rome2rioの3つの特長

Rome2rio

Rome2rioをスペインの短期滞在時、約1ヶ月半使い続けて分かった特長は3つありました。

  • 様々な通貨表示をしていること
  • 調べられる交通手段が豊富
  • ホテルをアプリ内で予約ができること

 

様々な通貨の表示に対応

ユーロはもちろん、ドル、カナダドル、ペソ、クローネ等、様々な国の様々な通貨に対応しているのが魅力だと感じました。もちろん日本円もあります。

Rome2rioの通貨

 

だから、日本円表示でヨーロッパやスペインの飛行機の値段、バスの値段を理解できるのは安心でした。

 

交通手段の豊富さ

調べられる交通手段が豊富な点も、特長として挙げられます。

 

下の画像を見ると分かる通り、飛行機・公共のバス・地下鉄・新幹線・鉄道・タクシー・Uber等、どの交通手段で目的地に向かったほうがいいのか、時間や値段で比較がしやすいのです。

Rome2rioの豊富な交通手段検索

 

一緒にホテルも調べられる

また、Rome2rioはホテル予約サイト「Booking.com(ブッキング・ドットコム)」と提携を結んでいます。交通手段を調べた後の流れで、目的地の街のホテルを一緒に探せるのも使いやすいです。

→ Booking.com

以下の画像にあるように、スマホアプリの「Hotels」をタップすれば自動的にサイトページにいきます。

Rome2rioはBooking.comと提携

 

そんなRome2rioは、オーストラリア・メルボルンで生まれたサービス。以下がRome2rioを運営しているチームだそうな。クールですね!

Rome2rioのクールなチーム
引用:https://www.rome2rio.com/press/

 

 

実際にRome2rioで検索

Rome2rioを使って、実際にスペインの街から街まで検索をしてみます。検索をするのは首都のマドリードから、マドリードから近い世界遺産のある街トレドまで。

 

検索の結果、6種類以上の交通手段があると判明。一番安いのは7ユーロのバス。

Rome2rioでマドリードからトレドまで

 

検索結果一覧の一番上にある「Train」を選択すると、鉄道の利用が便利だという結果に。「Schedules」をタップすると、スペイン版新幹線AVE等を運営するrenfe(レンフェ)公式サイトにも飛べます。

Rome2rioでRENFEを検索

 

この他の検索結果も見てみます。高速バスを使う方法や、ライドシェアサービス「BlaBlaCar」も検索結果に出ました。

Rome2rioで調べられる交通手段

 

国を越えて交通手段を調べられる便利さ

Rome2rioは国を越えて、交通手段を調べられます。以前、ポルトガルにも行きたいなと思い、試しに「国を越えた検索はできるのかな?」と調べてみました。検索したのは、セビージャからポルトガルの首都リスボンまで。

Rome2rioでセビージャからリスボンまでの交通手段

 

結論、問題なく調べられます!セビージャからリスボンまでは、飛行機・バス・鉄道からメトロ乗り換えで行けるとのこと。

Rome2rioでリスボンまでの交通手段

 

 

Rome2rioのデメリット

Rome2rioは使いやすいアプリだなと感じて、ずっとお気に入りのアプリです。しかし、デメリットもあります

 

まず、オフラインで使えないこと。GoogleMapなどは地図をダウンロードすれば、オフラインでも利用可能です。しかし、Rome2rioはオフラインでの操作ができません。

 

ですから、今のところはヨーロッパでも使える、レンタルWi-Fiのユーロデータなどを持っておくと、もしものためにも重宝するでしょう。Rome2rio、今後はオフラインで使えるようになってほしい。

 

また、日本語に対応していない点もデメリットです。有名な都市や街はカタカナ・漢字での検索が可能ですが、難しい名前の街はカタカナに対応していません。検索には、ローマ字や英語表記で検索をするのをおすすめします。

 

とはいえ、日本語未対応は特に気にならないと私は思います。都市名などを英語やスペイン語で学ぶつもりで、ガンガン検索しましょう。

 

 

Rome2rioを実際に使って役に立った3つの体験談

新しいアプリを使う前に気になるのは、アプリの使用感です。私は急遽、使うようになったため、特に使用感を確認しませんでした。

 

実際に使っていく内に、Rome2rioがどのようなときに役に立ったのか等を、体験・経験をもとにシェアしておきます。

 

ホテルから空港までの時間を計算しやすかった

マドリードで宿泊していたホテルからマドリードのバラハス空港まで、どのくらい時間がかかるのかを、知りたかったときがあります。もし、チェックインや荷物預ける時間を間違えれば、せっかく予約した飛行機には乗れません。

 

しかし、事前にRome2rioで地下鉄の駅から空港までの所要時間を調べておいたため、逆算して準備ができました。時間に焦ることなく安心して空港へ向かうことができました。

合わせて読みたい

 

 

ア・コルーニャのホテルに無事に着きたいときも便利だった

スペイン北西部ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラから、北にあるア・コルーニャという街まで行く前日のこと。

 

ア・コルーニャの街は海が綺麗で美しい街。素敵な街で1泊だけホテルに宿泊したいときに、Rome2rioは知らない街までの交通手段と、ホテルまでの道もきちんと示してくれました。

コルーニャの海

 

ちなみにホテル予約ならヨーロッパの場合、Booking.comHotels.comがホテル掲載数が多くておすすめです。

 

セビージャの観光地への行き方が分かった

セビージャに滞在したときのこと。セビージャでの生活は充実したもので、生活の中では観光地を巡ることも重要なポイントでした。

合わせて読みたい

 

知らない街での観光でも、Rome2rioが助けてくれました。セビージャのアラメダ地区からセビージャ大聖堂まで行きたかったとき、歩ける距離なのかバスに乗ったほうがいいのか迷っているときにRome2rioで調べることに。

 

そのときに、「徒歩での時間」「バスに乗ったときの時間」をきちんと計算してくれて、すぐに判断ができたのです。(結局バスにした)

 

セビージャはスペインでの有数の観光都市なので、魅力的な観光地が豊富にあり、満足した短期滞在でした。

合わせて読みたい

 

 

 

海外旅行にスマホアプリRome2rioを入れておくのは損にならない

Rome2rioをスマホにダウンロードしておくのは、損にはなりません。

むしろ、快適になると私は思っています。

「はじめての海外旅行。旅行先で安心して使えるスマホアプリが見つからない」

「交通手段が分からないからこそ、いざというときに使えるアプリがほしい」

「少しの英語で理解で調べられるアプリは?」

 

不安だし心配な方にこそ、交通手段を安心して調べられるRome2rioをおすすめしたい。

 

なぜなら、困ったときにRome2rioを使って、問題が解決した経験がたくさんあったから。

スマホアプリRome2rio1

 

iOS版・Android版のダウンロードは以下から。

Rome2rio
Rome2rio
Developer: Rome2rio
Price: Free

 

また、Rome2rio以外でスペイン旅行に使えるアプリを探しているなら、「スペイン旅行におすすめの無料アプリまとめ! スマホで快適な旅行ができるよ」にも、多く掲載しています。こちらでも、きっとダウンロードしたいアプリが見つかるはずです。

スポンサード リンク
この記事をシェアしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です