スペイン留学・ワーホリのためのピソの探し方

スペインでの部屋探しが不安……。

スペインのピソ探しはどうやったらいいの?

スペインの部屋探しで気をつけることって?

はじめてのスペインでの生活。住む部屋は多くの時間を過ごすところなので、できるだけ良い部屋に住みたい….。不安や悩みは付きないと思います。

 

でも、大丈夫です!

 

同じような悩みや不安を持っていた私でも、きちんとスペインで部屋を契約して住んでいるので。スペインでのピソ探し(部屋探し)で気をつける点を確認して、部屋探しサイトを使えば、特に問題なく部屋が見つかります。

 

ここでは、スペインでの部屋探しに多くの不安や悩みを抱えている人のために、実際の経験をもとにしながら、スペインでのピソ探し(部屋探し)のコツ・注意点や、使えるサイトを紹介します。

スポンサード リンク

スペインの「ピソ(piso)」とは?

スペインで部屋探しをするときに「ピソ(piso)」という言葉をよく見かけます。このピソ(piso)とは共同住宅、つまりマンションを指しています。その中でも、スペインに留学に来る人・スペインワーホリで住む人の多くは、ピソ・コンパルティード(piso compartido)= シェアハウス に住んでいる人が多いです。

 

ここからは、私が実際に住んでいるピソ・コンパルティードを契約して住む方法の話で進めます。一軒家などはやり方が違うと思うので除外です。また、分かりやすいようにピソ・コンパルティード=「ピソ」として表現しています。

合わせて読みたい

 

それでは、以下から具体的にピソの探し方を紹介します。

 

 

スペインでのピソの探し方

バレンシアの部屋

スペインでピソを探す場合、主に以下の3点の方法があります。

  • 口コミ
  • 街の張り紙を見る
  • インターネット上の募集サイトを使う

 

スペインへ留学に来ている方の場合だと、留学生や語学学校のツテで口コミから部屋が見つかる場合があります。口コミなら知っている人でやり取りが行われるので、安全です。

 

また、極稀に家の前に張り紙がされて「入居者募集」の張り紙も見かけるので、そこに連絡するのもありでしょう。しかし、張り紙の場合は正直、未知数な部分が多いため、おすすめしません。(あくまで自己責任で)

 

私は3つ目の方法の、「インターネット上の募集サイトを使う」を利用しました。日本から探していたため、知り合いも少ないスペインでは口コミや街の募集広告を見るのは難しかったからです。

 

だから、得意のインターネット検索を駆使して、インターネット上の募集サイトを使うようにしました。インターネット上の募集サイトなら、たくさんの入居者募集が出ています。

 

 

スペインのピソ探しに使えるサイト

インターネットの募集サイトとは、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか? 以下からは実際に私が使った、スペインのピソ探しに使えるサイトを紹介します。

 

idealista(イデアリスタ)

スペインのピソ探しサイトidealista

スペインの代表的な部屋探しサイト、idealista(イデアリスタ)。idealistaはピソだけでなく、一軒家が欲しい人向けにも募集があります。

 

機能的にはpisos.com(後ほど紹介)と似ていて、検索のフィルタリング、マップを使った検索、条件を設定して通知できるアラート機能など多彩です。

 

まず、このidealistaから見ておくと間違いないです。なぜなら、毎日多くの新しい部屋情報が入るので。

 

→ 「idealista(イデアリスタ)」を見てみる

 

スマホアプリはこちらから。

idealista
idealista
idealista
idealista
Developer: idealista
Price: Free

 

Fotocasa(フォトカサ)

スペインのピソ探しサイトfotocasa

スペイン最大級といっても過言ではない、不動産ポータルサイトのFotocasa(フォトカサ)。ウェブサイトだけでなく、スマホアプリの使いやすさも抜群です。

 

欲しい機能が揃っているの魅力でしょう。例えば、検索で出た部屋のお気に入り登録、場所、価格、面積、部屋設備といった情報が、しっかりと記載されている点。また、検索フィルタリングや地図上での検索もできます。

 

idealistaと並行して使うと、ピソ探しに役に立ちます。

 

→ 「Fotocasa(フォトカサ)」を見てみる

 

スマホアプリはこちらから。

 

piso compartido(ピソ・コンパルティード)

スペインのピソ探しサイトpiso compartido

スペインのピソ探しの定番サイトです。名前の通り、ピソ・コンパルティードに特化しているため、留学生や若い方に人気です。ほぼスペイン全土のピソ・コンパルティード情報が探せます。

 

また「部屋探し」だけでなく、自分自身の登録も可能です。「ピソ探し中」である旨を自己紹介文に書けば、プロフィール作成をして掲載ができます。

 

さらに、以下の画像のようにスペイン語や英語が分からない場合でも、ピソの詳細がイラストで判断できるのもよいです。

スペインのピソ探しpiso compartidoの詳細画面

 

→ 「piso compartido(ピソ・コンパルティード)」を見てみる

 

pisos.com(ピソス・プントコム)

スペインのピソ探しサイトpisos.com

pisos.comもピソ探しに特化したサイトです。ただ、piso compartidoのサポートサイトでもあるため、案内している部屋はpiso compartidoと同じものが多いです。

 

「pisos.com」か「piso compartido」どちらを使ってもほとんど変わりはないので、好きな方を使ってみてください。

 

→ 「pisos.com(ピソス・プントコム)」を見てみる

 

スマホアプリはこちらから。

pisos.com
pisos.com
Price: Free
pisos.com - pisos y casas
pisos.com - pisos y casas
Developer: pisos.com
Price: Free

 

BEroomers(ビールーマーズ)

スペインのピソ探しサイトのberoomers

スペイン・バレンシアのスタートアップ企業「BEroomers」が運営する、不動産サイトです。バレンシアはもちろん、マドリード、バルセロナ、グラナダ、セビージャといったスペイン国内、またロンドン、ボストン、ニューヨークなどのスペイン国外にも展開しています。

スポンサード リンク

 

以下が実際の部屋の詳細画面です。分かりやすいデザインと詳しい部屋情報が載っているため、非常に使いやすく感じました。

スペインのピソ探しサイトberoomersの詳細画面

 

ただし、Beroomersは下見ができません。写真や記載されている情報を確認して、判断する必要があるので注意です。

 

→ 「BEroomers(ビールーマーズ)」を見てみる

 

SPOTAHOME

スペインのピソ探しサイトSPOTAHOME

2014年にスペイン・マドリードで生まれた、スタートアップ企業「SPOTAHOME」が運営するサイトです。ピソ探しから予約・決済までを100%オンラインで完結できるので、日本からでもピソ探しが可能です。

 

不明点はチャットで何度も部屋について聞けます。写真と動画を駆使して部屋を紹介するため、下見をしなくても部屋のイメージがしやすいようになっています。

 

また、個人的に企業としてもかなり注目しており、スペイン・スタートアップの中でも急成長を遂げています。スペイン国内(マドリード・バルセロナ・セビージャ・バレンシアなど)だけでなく、ドイツ・ベルリン、イタリア・ローマ、ベルギー・ブリュッセルなどの部屋探しも可能です。最近では、フィレンツェやボローニャの部屋も検索ができるようになりました。

 

ただ、こちらもBEroomersと同様に下見ができません。下見無しで完結できるような仕組みになっていますが、どうしても下見がしたい方は注意が必要です。

 

→ 「SPOTAHOME」を見てみる

 

 

シェアメイト探しに使えるBadí(バディ)

スペインのシェアメイト探しサイトBadí

バルセロナに拠点を置くスタートアップ企業が開発した、シェアメイト募集サービスです。idealistaやFotocasaは、部屋が優先順位として高いですけど、Badíに関してはシェアメイトがどのような人なのかが、重きに置かれています。

 

以下の画像のように、地図上で探すのが基本です。

スペインのシェアメイト探しサイトbadíの検索画面

 

気になる部屋をクリックすると、募集しているシェアメイトと部屋の詳細が出てきます。

スペインのシェアメイト探しサイトBadíのプロフィール画面

 

部屋が気になったら、気になっている旨を伝えられるメッセージが送られます。相手とマッチングができたら、メッセージがやり取りできるようになる、という仕組みです。

 

シェアメイト探しに使えるサイトですけど、気になるのは不動産仲介業者を挟まずに行われる点。個人間のやり取りから部屋の契約に至りますけど、使うのは自己責任になりそうです。利用する場合は、少し気をつけたほうがいいかもしれません。

 

→ 「Badí(バディ)」を見てみる

 

スマホアプリはこちらから。

Badi - Room rentals
Badi - Room rentals
Price: Free

 

 

スペインのピソ探し(部屋探し)のコツ・注意点

ここからは実際に私が経験して感じた、スペインのピソ探し(部屋探し)のコツ・注意点を解説します。

  • メールをとにかく送りまくる
  • 下見はしたほうがいい
  • 周辺地域の治安やお店など何があるかを把握しておく
  • ピソの設備を確認しておく
  • シェアメイトとの相性を確認しておく

 

メールをとにかく送りまくる

日本からスペインの部屋探しをする場合、とにかくメールを送りまくるほうが良いです。なぜなら、返信が来るのが稀だからです。(笑) これまで20通ほど、idealista(イデアリスタ)やFotocasa(フォトカサ)を使って送りましたけど、返信が来たのが3通でした。

 

しかも、それで話が進めば良いですけど、「もういっぱいなんです…ごめんなさい」と言われる場合も多いです。

 

なので、とにかく送る。送れば返信数も増えると思います。もし、部屋が決まった後に違うところから、ピソの連絡が来ても断れば良いので。

 

スペインに到着して部屋を決める場合なら、メールも良いですけど実際に電話して部屋を見たいという旨を伝えるのもありです。

 

下見はしたほうがいい

実は今、住んでいる部屋はSPOTAHOMEで見つけたため、下見をしていませんでした。おおむね写真と動画の通りなので良かったですけど、やはり下見はしたほうがいいです

 

今の部屋を決める前に、idealistaから返信が来た違う部屋に下見へ行きましたが、あまりにも暗くて狭い部屋……。がっかりしたので下見は重要だなと感じました。

 

下見をすれば、写真では見えなかった部分が分かるし、シェアメイトになる人とも話せるし、オーナーにも気になる点を聞けます。たくさんのメリットがあるので、下見をするのをおすすめします。

 

周辺地域の治安やお店など何があるかを把握しておく

日本ではなく海外で部屋を探すなら、周辺地域の治安を知るのは大切です。行きたい土地に精通している、現地在住の日本人に治安状況を聞いたり、部屋のオーナーとやり取りできるなら、この場所は安全なのかを聞くのも良いでしょう。

 

今住んでいる部屋もオーナーに治安状況を聞いたところ、「3年間暮らしているけども危ない場所ではない」と言っていました。この点も契約するポイントになっています。

 

また、スペインで節約生活をするなら自炊は必須です。私は周辺にスーパーマーケットがあるかどうかも重要でした。

 

スペインのスーパーマーケットは、Mercadona(メルカドーナ)、Lidl(リドル)、Día(ディア)などが有名です。また百貨店のEl Corte ingles(エル・コルテ・イングレス)の地下にもスーパーマーケットがあります。

 

外食も良いですけど出費はかさむので、スーパーマーケットを利用してみてください。日本とは違うスペインのスーパーマーケットは、個人的に面白くて楽しいです。(笑)

 

ちなみに、スーパー以外で言うなら薬局、病院、銀行などが近くにあるのもチェックポイントになります。

 

ピソの設備を確認しておく

ピソの設備を確認しておきましょう。例えば、

  • キッチン用具が揃っているのか?
  • 洗濯機はあるのか?
  • ワードローブは部屋にあるのか?
  • Wi-Fiはあるのか?
  • 部屋に暖房はあるのか?

など。挙げたらキリがないです。(笑) ある程度の妥協は必要だと思いますけど、暮らすのに最低限のものがあるかは確認しておくべきです。

 

ピソによっては、電子レンジがない、洗濯機がない、Wi-Fiがない、部屋に暖房がないといったところもあります。ピソ探しのときは質問をまとめて、オーナーに聞きましょう。言えば準備をしてくれる場合もあります。

 

シェアメイトとの相性を確認しておく

ピソ・コンパルティードの場合は自分以外の人も一緒に暮らすため、シェアメイトがどのような人なのかを把握しておくのが大切です。一緒に暮らすであろうシェアメイトと話す機会があれば、出来る限り会話しておいてください。

 

例えば、

  • 何をしている人なのか?(生活リズムが分かる)
  • 綺麗好きがどうか(掃除が大変になる)
  • タバコは吸うのか?(タバコ嫌いな人は避ける。ただピソ自体が禁煙なら安心)
  • 男性か女性か(女性が住む場合、万が一のために女性ばかりの部屋を選ぶのもあり)

 

一緒に住むであろう人ときちんと確認し合えば、双方にメリットがあります。深掘りするのは避けながら、確認すべき点は聞いておくのが良いです。

 

 

さいごに

スペインでのピソ探し(部屋探し)は、根気強さが大切だと感じました。早めに動いてメールを送って、とにかく下見する。諦めなければ、あなたの条件に合った部屋も見つかる可能性もあります。

 

紹介した方法やピソ探しサイトを使いながら、部屋探しはとにかく楽しむのがコツです。私は探している最中、ちょっとしんどいなと思うときもありましたけど、楽しんで探していました。

 

スペインで新生活ができるのですから、ワクワクした気持ちで部屋探ししてほしいなと思います。

 

それではまた。

¡Hasta la próxima!

スポンサード リンク
The following two tabs change content below.

浦川たろう

1989年生。スペインを愛すフリーランスライター・ブロガー。2017年11月からスペインワーキングホリデーを使い、1年間のスペイン滞在中(バレンシア在住)。 WEBライティング(SEO、LP等)、取材記事、インタビュー記事執筆が得意。 ▷▷ お問い合わせ先(執筆依頼・PR記事広告依頼・各種ご相談)  ▷▷ スペイン・ワーホリビザ相談・サポートサービス  
この記事をシェアしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です