¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

「スペインって英語は通じるの?通じないの?」

「スペイン語はできないから英語が通じるか心配」

「スペインのどの都市なら英語が通じるの?」

とスペインの情報を発信していると、時々、聞かれます。

 

私がこれまでスペインで行った、マドリード・バルセロナ・セビージャ・サンティアゴ・デ・コンポステーラなどの都市に滞在して感じた、スペインの英語について紹介します。

またスペインの英語に関連して、過去に私が行っていた英語学習や英語教材も紹介していきます。

スポンサード リンク

通じる?通じない?スペインでの英語使用状況

そもそも英語はスペインで使われてるのでしょうか?

結論から言うと、英語が頻繁に使われているとは感じられませんでした。

 

以下の画像は、2012年にヨーロッパで英語が使われている状況を統計として出されたもの。数字が高い方が英語が使われている国でイギリスや北欧、オランダなどは高い数値です。

english-eu
引用元: http://jakubmarian.com/map-of-the-percentage-of-people-speaking-english-in-the-eu-by-country/

 

しかしスペインを見てみてください。わずか「22%」という結果に終わっています。画像の中で統計が取られたヨーロッパ各国の中でも一番低い数字となっています。

 

また、2017年1月にスペイン大手新聞の「El PAÍS」が掲載した以下の記事でも、約60%のスペイン人が英語の読み書き・話すのができないとされています。

 

参考:Nearly 60% of Spaniards say they can’t read, speak or write in English | EL PAíS

 

スペイン各都市で体感した英語の使用頻度

マドリード・バルセロナ・セビージャ・サンティアゴ・デ・コンポステーラなど、スペインの都市を巡り滞在した経験から言えるのは、英語の使用頻度は地域によって違いがあること。

 

スペインの首都であるマドリード、第2の都市バルセロナは国際的な街であり、多くのスペイン人以外の外国人が住んでいます。そのため英語を使うシーンも多いので、お店の従業員なども英語を使って話してくれます。実際にスペイン語に詰まったときには「英語はしゃべれますか?」と聞いてくれました。

合わせて読みたい

 

一方でセビージャなどのアンダルシア地方、サンティアゴ・デ・コンポステーラのあるガリシア地方などの地方都市の場合は、英語がそれほど通じません。(むしろ、スペイン語にもアンダルシア弁などあるくらい…)

 

観光客がたくさん来る観光地、プロサッカーチームのショップ販売員などは英語を話してくれましたが、いわゆる地元の人は英語を話そうものなら「え?」と返されるほど。(笑)

私がAirbnbを使って滞在したとき、ホストの方はスペイン語だけしか話せないといったこともありました。

合わせて読みたい

 

 

スペインだから英語はいらない?英語が話せれば世界が広がる

スペインは英語の使用頻度が低いから、英語は勉強しなくてもいいと思う人もいるでしょう。でも、私が思うのはスペインでも英語が喋れば世界が広がるということ。

 

私はセビージャ滞在中に、私は3週間ほど語学学校に行きました。語学学校では各国のたくさんの生徒を相手にすることから英語も話されます。

合わせて読みたい

英語を喋れない自分はスペイン語を優先的に使っていました。でも、語学学校で講義を受けていて感じたのは、英語の重要性でした。スペイン語を学んでいるので、スペイン語を積極的に使うのは重要。

それ以上に英語も使えれば他の生徒ともっと仲良くなれたなと後悔したものです。人脈が広がりますし、話題もたくさんできたはず…..

 

今思うと、数年前は普通に日本で暮らしていても、英語を話す機会はあまりありませんでした。でも最近は自宅にいながらでも英語を学べる時代です。それを実現したのは私が過去に半年ほどしていた「オンライン英会話サービス」です。

 

おすすめのオンライン英会話サービス

スペインでも英語を使えるときに使えれば、スペイン人以外の人と繋がれる。そんな期待と目標のために英語を勉強をするなら、3つのオンライン英会話サービスがおすすめです。

 

レアジョブ英会話

レアジョブ英会話はフィリピン人講師と、25分間187円という安さで英会話ができます。Wi-Fi環境でSkypeさえあれば、自宅で英語が学べるだけでなく、フィリピン人講師の質の良さも人気の理由です。

 

毎日25分で月5,800円ですし、無料体験レッスンも2回(キャンペーン中なら3回)もできるので、とりあえず始めたい人におすすめ。

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)

ネイティブキャンプは24時間365日レッスンが可能で、月4,950円という安さが人気です。しかも、回数が無制限なので「今月あと○回か〜」と気にする必要がありません。

 

また「レアジョブ」や次で紹介する「DMM英会話」は、あらかじめ予約をしてから英語の授業を受ける必要がありました。しかし、ネイティブキャンプではいつでもレッスンが受けられるようになっているので、予約をしなくてもレッスンが受けられるのです。

 

これほど使いやすいながら、7日間の無料トライアル(お試し期間)が付いているという太っ腹ぶり。ネイティブキャンプを使わない手はありませんね。

 

DMM英会話

オンライン英会話の中でも人気のある「DMM英会話」は、多くの先生が在籍していることもあり授業の予約が取りやすいです。

 

私がDMM英会話で英語を学んでいたときは、毎日2レッスン(50分)のプランを使っていました。とにかく、毎日、時間を決めてからやることをおすすめします。

 

時間帯も特に気にしないで良いため、朝一にオンライン英会話をして仕事に行くといったこともしていました。毎日、英語に触れ続けて習慣づけることで英語勉強も楽しくなりますよ。

 

おすすめの使える3つの英語学習教材

本格的に英語を始めるために過去に買っていた英語学習用教材を紹介します。私が使っていたのは以下の3つです。

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

この教材は、とにかく話すことに特化したトレーニングを積めます。DMM英会話の教材としてもこの本は選ばれているので、英会話を開始してからは積極的に使っていました。具体的には各セクションを先生と会話しながら進めていき、残った時間はフリートークをする流れを続けていました。

 

オンライン英会話でありがちな、教材のダウンロードをいちいちしなくてもいいのが大きいです。パッと開いて予習・復習する時間を割かなくても良いのは便利だと感じました。

 

Aクラス選書 中学生の英文法

文法書はたくさんあったので、実際に英語を勉強している方に聞いてみました。すると、多くの方が勧めてくれたのが「Aクラス選書 中学生の英文法」でした。分からない文法用法を見直すための教材として使っていました。また、予習のときに理解を深める教材としても便利です。

 

また良いところは、安くて薄いのに解説文が分かりやすいところ。中学の文法を見直すことで、基本をしっかりさせる意識を植え付けられます。練習問題も付いているので解きながら学ぶことも可能ですし、間違いやすい点も網羅しているので、かゆいところに手が届きやすかったです

 

DUO3.0

英単語の鉄板教材として有名なDUO3.0。とにかく例文が面白くて仕方がないです。

 

単語集と感じさせない緻密でストーリー性のある本で、単語集ではなく読み物として読んでいきたいと勉強しながら感じました。ちなみに、教材に出てくるボブに関する例文が悲しすぎて気の毒で仕方ありません。(笑)

 

さいごに

スペインの英語使用頻度と私の過去の英語学習を振り返ってみました。英語学習はとにかく同じ教材を繰り返し、何度も見直すことが大切だと過去の経験から感じます。

私自身、スペイン語ばかりを勉強しているため、英語学習に力を入れる回数は少なくなりました。

 

でも最近英語の必要性をひしひしと感じているので、スペイン語の合間をみながら、英語学習を復活させるのもありですね。一緒に頑張っていきましょう。

それではまた!

¡Hasta la próxima!

スポンサード リンク
この記事をシェアしませんか?

“スペインで英語は通じる?通じない? さらに世界を広げるためのおすすめのオンライン英会話・教材を紹介” への1件のコメント

  1. はじめまして。
    私も、スペイン留学を夢見てダブルワークで死ぬほど働いているまなみと申します。
    境遇が似ていて、役立つ情報をたくさんのせて下さっているので、いつも愛読させていただいています。

    学費が高い、ビザを取得するのに必要な書類は多く発行までの期間が長すぎることから、
    3ヶ月の滞在ののちドイツへワーホリが最も効率的なのではないかと気づいた時に、
    偶然このブログを発見しました!ありがとうございます(^ー^)
    (実は、今年の夏にも3ヶ月間スペインに観光ビザで滞在しておりました!)

    今回はドイツへの入国について質問があり、ご存知でしたらご回答いただきたくコメントさせていただきました。

    3ヶ月間の滞在でスペインに入国する際は、シェンギェン協定のルールが適応されて、180日間で90日までの滞在となると思います。その後、3ヶ月以内にスペインを出国し、ドイツに入国する際、入国審査があるかご存知でしょうか。通常なら、シェンギェン協定国内の出入国はフリーの為、チェックがないと思うのですが、もしなかった場合、ビザは持っていても、(いつスペインを出国したかわからない為)3ヶ月以上観光ビザで滞在していることになるのでしょうか。

    また、スペイン3ヶ月滞在の後、ワーホリビザでドイツに入国できた場合、180日ルールは適応されるのでしょうか。またすぐにスペインに行けるのか、それとも3ヶ月またなければいけないのでしょうか。ルールが適応されない場合、ドイツのワーホリビザを保持したまま、スペインに長期滞在できるような気がするのですが、、、。

    もしご存知でしたら、メールもしくはコメントにてお手すきの時にご返答頂けますと光栄に思います(^ω^)
    突然のコメント失礼いたしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です