¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

 

スペインの伝統的な舞踊であるフラメンコをセビージャ(セビリア)で観てきました。

 

フラメンコの発祥の地で観た、人生はじめてのフラメンコ。私はどのような印象を受けたのでしょうか?

 

フラメンコの基礎知識や、フラメンコを観るときの注意点、セビージャでフラメンコを観られる主な場所も合わせて紹介します。

 

それではどうぞ。

 

スポンサード リンク

フラメンコとは? スペインの民族舞踊を紹介

スペインを代表する民族舞踊のフラメンコの具体的な発祥地はわかっていません。ですが、スペインの南部アンダルシア地方で、生まれたものであるのはわかっています。

 

フラメンコ誕生に大きな影響を与えたのは、15世紀にアンダルシア地方にやってきたロマ族(スペイン語でヒターノ= gitano)たち。インドが起源のロマ族が、アンダルシア地方に元々あった踊りや歌などを、ロマ族の人たちなりにアレンジしたものだとされています。

 

はじめはロマ族の仲間内だけで行われていた踊りや歌。でも、それに興味を持った旅行に来た外国人たちが、19世紀にフラメンコを楽しむための酒場「カフェ・カンタンテ」を作ったのです。

 

カフェ・カンタンテは、現在のタブラオ(フラメンコの舞台のこと Tablao)の前身とされています。やがて、公演なども行われるようになり、どんどんフラメンコは発展していったのです。その後、2010年からフラメンコは、ユネスコ無形文化遺産に認定されています。

 

 

フラメンコ=踊りではない! 歌こそが大切

フラメンコは踊り(バイレ Baile)ではなく、歌(カンテ Cante)が中心なんです。

 

「フラメンコは踊りがメインでしょ?」と思われる方も多いと思います。でも、実は踊りは後から付いてきたもので、何より歌が最も重要なんです。

 

また、フラメンコの演奏者の構成は、以下の3つが基本。

 

カンタオール(Cantaor)・カンタオーラ(Cantaora)

フラメンコの歌い手の人を指します。日本で言う演歌のような、こぶしの効いた声が特徴です。

 

歌は数種類あって、ロマ族の要素が強いカンテ・ヒターノ(Cante・Gitano)、アンダルシア色の強いカンテ・アンダルース(Cante・Andalusu)、深みのある歌が特徴のカンテ・ホンド(cante・jondo)などがあります。

 

ギタリスタ(Guitarrista)

ギタリストのこと。初期のフラメンコでは手拍子伴奏でしたが、19世紀にアンダルシアで親しまれたギターを伴奏楽器として使い始めたのがきっかけです。ラスゲアード(rasugueado)と呼ばれる技法は、フラメンコ独特のもの。

 

バイラオーラ(Bailaora)または、バイラオール(Bailaor)

フラメンコの踊り手のことです。バイラオーラは女性の踊り手で、バイラオールは男性の踊り手を指します。

 

踊り方にも種類があって、例えば、靴音でリズムを打つ「サパテアード(zapateado)」や、スカート(ファルダ)を少し持ち上げて、軽快な足さばきを見せる動きなど。

 

フラメンコを観るときはどの役割の人もじっくり見れば、よりフラメンコが楽しめると思います。

 

 

サンタクルス地区にある「Casa del Flamenco」に行ってきた

今回のスペイン短期滞在で観に行ったタブラオは、「Casa del Flamenco」という場所でした。

 

Casa del Flamencoは、セビージャのカテドラルやヒラルダがある場所からすぐ近く。ヒラルダの目の前にあるマテオ・ガゴ(Calle Mateo Gago)から1本ずれた、ヒメネス・デ・エンシソ(Ximénez de Enciso)にあります。

 

 

15周年を迎えた伝統的なフラメンコショーが見られるCasa del Flamenco。チケットは当日、受付でも購入は可能です。でも、平日でも満席になるほどの盛況ぶりでしたので、予約するのをおすすめします。

 

予約は公式サイトから可能です。スペイン語の他に英語やフランス語に対応しています。観たい日と時間帯を選択して、クレジットカードで決済をしてください。

 

値段は1時間で18ユーロ。タブラオの中にはもっと長い時間、公演するところもあります。でも、1時間くらいが飽きずに観られるので、ちょうど良い気がします。

 

「Casa del Flamenco」公式サイトはこちらから

 

 

これが本場のフラメンコ!圧倒的な感情のぶつかり合いに興奮した

始まる前のフラメンコの舞台は、何だか厳かな雰囲気に包まれていました。

 

そして、開演時間。ついに心待ちにしていたフラメンコが始まります。カンテとギタリスタの2人の男性が出てきて、歌を唄いギターを演奏。そして、そのあとに出てきたのはバイラオーラとバイラオール。風格と美しさのある2人の踊り手は、軽快なステップとリズムで会場を徐々に盛り上げます。

 

はじめてフラメンコを見て感じたのは、フラメンコって「感情」と「感情」のぶつかり合いなんじゃないかなと思ったこと。

 

カンテが、しゃがれた声で感情を露わにして声で表現し、バイラオーラ・バイラオールの2人は踊りと表情で歌に呼応する。

 

歌い手の涙を流しながら感情を込めて歌う歌と、踊り手のサパテアードやファルダが激しかった。時間が経ち終盤になるにつれ、とにかく感情と感情のぶつけ合いを強く感じられたのです。

 

正直、私は言葉にならない衝撃を受けました。それは私がフラメンコを観るのが、はじめてだからという理由もあるかもしれません。でも、それだけじゃない気がしたのです。

 

床をタップするときの衝撃、感情を表現するような表情、飛び散る汗。その全てが「これがフラメンコの本場だ」と言わんばかりに、感じされてくれたのです。

会場では、素晴らしさを感じ取ったお客さんたちの拍手で埋め尽くされ、歓声も上がりました。 私は心から、ここに来てよかったと思いました。値段以上の価値のあるフラメンコを観られて満足です。

 

Casa de Flamencoでフラメンコを観るときの注意点

Casa de Flamencoでフラメンコを観る注意点は、幾つかあります。

 

まずは写真撮影。フラメンコの最中に写真撮影がOKなタブラオもあります。

 

しかし、Casa de Flamenco の場合は、終了5分前にカンテ・ギタリスタ・バイラオール・バイラオーラの4人が再登場する、その時だけしか写真撮影が許されていません。

 

また、開演前のタブラオ自体を撮るのは許されています。でも、始まったら最後の5分間まではぐっと我慢してください。加えて、動画撮影は一切禁止、携帯電話もOFFです。

 

もちろん、勝手な手拍子なども禁止されています。フラメンコはパルマ(palma)と呼ばれる独特の手拍子があるので、それを乱すような行為はダメです。じっくり、楽しくフラメンコを堪能してください。

 

 

セビージャ(セビリア)でフラメンコが見られる主な場所

今回、紹介したCasa de Flamenco以外にも、セビージャではフラメンコを観られる場所が多くあります。以下が主なところです。

 

Casa de la Memoria(カーサ・デ・ラ・メモリア)

エンカルナシオン広場の近くのセビージャのセントロにあるタブラオ。国内外から高い評価を得ています。

開館時間:毎日開催 19:30 – 20:30、21:00 – 22:00

料金:18ユーロ、スペイン国内・セビリア市民と16歳未満は15ユーロ、6歳〜11歳は10ユーロ(6歳以下の入場は禁止)

公式HP:https://www.casadelamemoria.es/

 

 

El Arenal Sevilla(エル・アレナル・セビージャ)

40周年を迎えた由緒あるタブラオ。闘牛場の近くです。アンダルシア料理を楽しみながら観られます。

開館時間:毎日開催 19:30 – 21:00、21:30 – 23:00

料金:35ユーロ

公式HP:https://tablaoelarenal.com/home/

 

 

Los Gallos(ロス・ガジョス)

アルカサルの近くにあります。1966年に創業した歴史あるタブラオです。

開館時間:毎日開催 20:30 – 22:00、22:30 – 0:00

料金:35ユーロ、6~10歳は20ユーロ

公式HP:http://www.tablaolosgallos.com/

 

 

3つのタブラオに全てに共通しているのは有料という点。セビージャには、フラメンコを無料で観られる場所もあります。

 

でも、アンダルシア地方発祥のフラメンコを観るなら、やはり、お金を払って観るのが良いと思います。バルではなく、しっかりとしたタブラオがある場所で観ると満足度が高いですよ。

 

へレスでは「フラメンコ・フェスティバル」も毎年開催されています

Jerez y el Festival de sus sueños (Resumen XXI edición) from Festival de Jerez Televisión on Vimeo.

セビージャから電車で1時間ほどの街、へレス・デ・ラ・フロンテーラでは、毎年3月にフラメンコ・フェスティバルが開催されています。以上の動画では、フェスティバルで踊るフラメンカたちのドキュメント映像です。

 

フラメンコ・フェスティバルを楽しんだあとに、へレスの有名なシェリー酒で思い出に乾杯するなんてこともできますよ。

 

へレスのフラメンコ・フェスティバルの情報は、こちらからどうぞ。

 

→  Ayuntamiento de Jarez

 

さいごに

セビージャでの滞在で、一度は本場のフラメンコを観ておきたいと思って観に行きました。心から行ってよかったなと感じています。

 

公演中にカンテの男性が言った言葉が忘れられません。

 

「フラメンコには、英語やスペイン語といった言葉は要らないんです。踊りや歌、ギターの音色が言葉の代わりになります。とにかく感じてください。

 

ぜひ一度、本場のフラメンコを観に行って欲しいです。

 

それではまた。

¡Hasta la próxima!

スポンサード リンク
この記事をシェアしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です