この記事をシェアしませんか?
スポンサード リンク

¡Hola! たろう(@v_varentaro)です。

 

スペイン・バレンシアに滞在して3ヶ月が経ち感じるのは、ものすごく良い街だということ。スペイン中・長期滞在には、バレンシアはちょうどいい。

 

はじめはマドリード・バルセロナに住みたいと思っていたのですが、バレンシアの8つの魅力に惹かれています。

 

私が感じたバレンシアの良さ・魅力をお伝えします。

スポンサード リンク

中心地の規模がちょうどいい

スペインバレンシアの街並み

バレンシアはマドリード、バルセロナに比べるとコンパクトで街の規模もちょうどいい。その理由は、発展する街の中心部なら徒歩で片道30分ほどで歩いていけるからです。

 

バレンシアはスペイン第3の都市であり、地下鉄(メトロ)、市内バス、タクシー、メトロバス(トロリーバス)などがあるため、移動にも困りません。

バレンシアの地下鉄切符の情報

 

さらに、マドリード、バルセロナ、サラゴサなどにもある自転車道路も整備されているところが多く、自転車やキックスケーターなどでの移動もしやすいです。バレンシア市内で使えるValenbisi(バレンビシ)というシェアサイクルもあります。

バレンシアのシェアサイクル

 

 

マドリード・バルセロナより家賃が安い

マドリード、バルセロナよりも家賃が安いのもバレンシアの大きなメリットです。中・長期滞在で、固定費を抑えたいと考える方には良いと思います。

バレンシアの部屋

 

過去に1ヶ月間滞在した、スペイン第4の都市であるセビージャよりも、さすがに安い感覚はありません。しかし、それでも探せば月200ユーロからの家賃で個室のシェアハウスは探せます。ちなみに、私が今、住んでいるシェアハウスの家賃は220ユーロです。

 

セビージャ短期滞在の記録はこちら

 

スペイン(バレンシア)での部屋の探し方はこちら

 

 

温暖な気候・晴れの日が多い

温暖な気候と晴れの日の多さは、スペイン・バレンシアでの生活を快適にしてくれます。

スペイン・バレンシアでの写真

 

1月・2月でも最高気温が20度近くになる日も多いです。もちろん、雨の日や寒いと感じる日もありますけど、ほとんど温暖な気候と太陽が出る日が多いため、そこまで気にならないと感じます。

 

暖かい日は家の近くの広場で子どもたちが、ワイワイと遊ぶ声が聞こえてくるので、心から「暖かい」の恩恵を感じられます。

 

 

飲み物・食事が美味しい

バレンシアに限った内容ではありませんけど、食事の美味しさはスペインの魅力のひとつです。

 

バレンシアではオレンジの生産量が高いため、オレンジジュースの美味しさは格別です。バルやカフェに行けば、100%生絞りオレンジジュースが出てくるところも多いです。もちろん、スーパーマーケットに行けば、1リットル2ユーロもしない手頃な値段で購入できます。

オレンジジュースとパン

 

さらに、バレンシアはパエリアの発祥の地パエージャ・バレンシアーナと呼ばれるパエリアの種類は、鶏とうさぎ肉を使用していてバレンシアだけでしか食べられません。スペインで本場のパエリアを食べたいなら、バレンシアへどうぞ!

 

 

ノマドワーカーに最適なカフェも多い

インターネットを使い、滞在先でオンラインで仕事をするノマドワーカーに最適なカフェも多いです。

 

バレンシアのフリーランスコミュニティなどを覗いてみると、Wi-Fiや電源があるカフェは多すぎない程度にあります。もちろん、コ・ワーキングスペースもあります。

 

 

ただ、Wi-Fi速度はカフェによって速さが違います。日本からの視点で考えると、爆速ではないですけど、遅くもないです。とはいえ、美味しい食事とオレンジジュースを飲みながら、暖かい外で作業できるというのは、バレンシアの魅力でしょう。

 

 

スペインの他の地域・街にも行きやすい

バレンシアはスペインでいえば、東側の端に位置しています。他の地域や街に行きにくい? と考える方も多いと思いますけど、非常に遠い場所でない限り、スペインの他の地域・街に行きやすいです。

 

バレンシアにはスペインの新幹線(AVE)や高速バスが通る駅もありますし、空港も市内中心地からそこまで離れていません。陸と空の両方が使えるのです。

バレンシアのエスタシオン・デル・ノルド駅

 

例えば、バルセロナ、マドリードはもちろん、アリカンテ、パルマ・デ・マジョルカ、イビサ島など。飛行機もスペイン国内なら安いので、サンティアゴ・デ・コンポステーラ、セビージャ、もしくは、バスク地方も行くのも可能です。

 

バレンシア州の違う街に行ったときの記録

 

 

観光客数と人口がそれほど多くない

バレンシア地元のウェブ情報サイト「Valencia plaza」によると、2017年にバレンシア州へ来た外国人観光客数は、890万人だったと伝えています。

 

これはスペインで5番目で、バルセロナ、カナリア諸島、バイ・アレス諸島、アンダルシア州に次いで多いです。

参考:El turismo extranjero creció un 15,3 % en la Comunitat Valenciana durante 2017

 

また、バレンシアの人口も約80万人とそこまで多くはありません。先述したように、ちょうど良いサイズ感のある街です。ですので、観光客の多さに辟易する・疲れるというのは少ないと感じます。

 

 

海が近くて綺麗

バレンシアの代表的なビーチであるマルバロサ海岸は、素晴らしい海の美しさを見せてくれます。マルバロサ海岸まではメトロや市内バスが近くまで通っているため、そこから歩いて10分程度で到着可能です。

マルバロサ海岸

マルバロサ・ビーチ

 

暖かい日は多くの人たちが海と砂浜を楽しんでいます。もちろん、近くにはレストランが立ち並んでいるため、パエリアを食べながら、ビールを飲みながら海を眺められる最高の休日が過ごせるでしょう。

 

 

さいごに

ワーキングホリデーもそうですが、スペイン留学・スペイン旅行にも強く推薦したい、そう思えるバレンシアです。私自身もマドリード、バルセロナにはない魅力を持っているバレンシアを選んでよかったと思っています。

 

スペインに住みたい! 費用を抑えたい! スペインらしさを感じたい! 地中海を見たい! ならば、バレンシアに来たらいいのではないでしょうか? バレンシア、おすすめです。

 

スポンサード リンク