この記事をシェアしませんか?

¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

 

前回の記事から約1ヶ月が経過しました。仕事を始めてからブログを書く機会が減りました。

 

その間、平日はスペインにあるスタートアップで仕事をしていたのですが、この1ヶ月間で1つ大きな挫折を味わいました。

 

このブログで告白するのもどうしようかと悩みましたが、気持ちを昇華させるためにも書くことにしました。

スポンサード リンク

スペインワーホリ中で味わった1つの大きな挫折

結論から言うと、仕事を始めたスペインのあるスタートアップから契約終了を告げられました。

 

「日本市場の仕事を閉じようと思いますので、あなたの契約終了をしたい。」

 

とCEOに言われたときには、驚きと悲しみを感じショックを感じました。正直、「悔しい」という感情しか湧かなかったです。

 

終了を告げられるまでの話を簡単にすると、働いていたスタートアップはとにかく結果が求められる企業で、日本のときのようなイチから育てて云々なんて思考はほとんどありません。(即戦力を求められる海外では、どこもそうだと思います)

 

現時点で持てる自分の力を最大限に会社に使おう、貢献しよう! と思っていました。しかし、3週間ほど業務を続けるも、一番分かりやすい結果が出なかったのです。

 

日本市場を相手にする仕事でしたが3週目の終わりに上司から、「来週、結果が出なかったら業務を閉じるつもりです。」と告げられた、あの瞬間は鮮明に覚えています。

 

4週目こそ! と意気込んで業務に取り組んでいましたが、結果は出ませんでした。5週目最初のミーティング後に話し合いの結果、日本市場進出ができないとなり、同時に私の業務も終了となったというわけです。

 

(そんな終了を告げられた次の日に、1つ結果が出ました。笑)

 

 

原因は、自身の実力不足。とはいえ、1週間ほどショックで呆然となったり自分を責めたり、ネガティブになったりしていました。自分はダメなんだと感じたときもあります。

 

ただ、冷静に考えると本当にすべてが自分のせいなのか? とも考えるとそうでもない気もしています。日本市場へ挑戦して「やってみたけれどダメだった」という、スタートアップ側の判断の犠牲となったとも言えるかもしれません。

 

今さらワーワー言うのはここでやめますが、これが海外なんだなと痛感した出来事でした。詳しい話を聞きたい方は、直接お会いしたときにでも。

夜明け前

 

 

仕事探しは継続

ワーホリの期間はまだあるため、仕事探しを継続しています。先日、スペイン企業でインターンシップの募集があったので、面接を受けてきました。

 

ただ、結果は不合格。残念。

 

面接だと思っておらず行ってみたら面接だったので、急遽、面談をしました。脳のスイッチを切り替えて、急な面談でもバッとスペイン語を話し始めた自分に驚きました。笑

 

ブロークンスパニッシュではあるけれど、スペインワーホリに来て、聞き取る力や急遽な面談でも臆せずに話せるようになっていた自分を褒めたいと思います。

 

今後については未来は不確定なので、わからないが本音。仕事探しをしながらも、せっかく働ける特権を生かして、自分自身のやりたいこと・やっておきたいこと等を柔軟にやろうと思います。

 

何かきっかけがない限りは、今後もマドリードにいる予定。スペインで面白いこともしたいので、こんなアイデアあるよ〜って方はお声がけくださいませ。お力になれるかもしれません。

 

→ 「お問い合わせ」 ページ

 

 

常に前向きに考える人は強い

退職した後に、日本人やスペイン在住の外国人の方とお会いする機会が何度かありました。

 

今回の件について告白をしたら、皆、前向きな言葉をかけてくださいました。

 

そこで感じたのはスペインに住んでいる人たちは、日本のようにさらに不安を煽るような言葉をかけないということ。

 

「そうか、残念でしたね。今回のところがダメだっただけで、たろうさんにはもっと良い会社があるんだということですよ。」

「あらー! でも、前向きにいきましょう! つまりこれは、たろうさんにはまだまだ良い会社があるということですね!」

 

これらの言葉は海外で働くこと、単身で海外生活をすることの難しさ、ツラさを理解しているからこその言葉なんだと思います。

 

前向きな言葉をかけてくれた人たちに感謝しつつ、これからは悔いのないワーホリにしたい。そして、これからスペインワーホリやスペイン生活をする人たちから、私が相談されたときはデメリットも教えながらも前向きな言葉をかけてあげたいです。

 

今回、大きな挫折を味わいましたが、常に前を向いています。どんな状況でも前を向いて進める人に良い運が回ってくると信じ、スペインワーホリを楽しむだけです。

 

それではまた。

¡Hasta la próxima!

スポンサード リンク