この記事をシェアしませんか?
スポンサード リンク

¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

 

タイトル通りなのですが、現在住んでいるマドリードの部屋を、8月末で退去するようになりました。

 

理由は、部屋の契約切れ。突然、大家さんから連絡が来て退去してほしいと言われたので驚きましたが、契約書を見ると期限切れでした。口頭で11月までと言っていたはずですが、契約書に書かれているのが正義。反論もしましたが、結果的に私が折れる形になりました。

 

不本意ではあるものの、違う部屋に行けるワクワク感でいっぱいです。今後はマドリードに残るか、いっそ違う都市に行くのも良いなと考えました。

 

ここからは、候補都市(地域)のメリット・デメリットを交えながら検討していきます。

 

スポンサード リンク

行き先の候補

まさかスペインワーホリ中に3回も部屋を引っ越しするとは思いませんでした。(笑)

 

でも、なんだか楽しいので新しい場所を検討することにしました。候補は以下の通りです。

  • マドリード
  • サラゴサ
  • ガリシア州(サンティアゴ・デ・コンポステーラかア・コルーニャ)
  • アンダルシア州(マラガ、コルドバ)

 

私に考える、それぞれのメリット、デメリットを考えてみます。

 

 

マドリード

モンクロアから見た景色

まずは、マドリードに留まる案。現在、家賃(光熱費含)450€の部屋に住んでおり、中心部に近い立地の良いところです。引っ越し先は大家さんの推薦してくれたピソ。今の部屋より広い、家賃500€の部屋とのこと。

 

マドリードのメリット

首都なため人の多さは最大のメリットです。様々な人に出会えるだけでなく、開かれるイベントも豊富にあります。

 

また、旅行するときには出発拠点となるため、移動が非常に便利なのも強みです。あとは、日本料理店が多いし、仕事も多い点でしょうか。

 

マドリードのデメリット

人の多さは嬉しいですが、人口の多さから家賃が高騰。生活費は地方より高く付きます。あと、内陸部なので海はありません。

 

 

サラゴサ

アラゴン州の州都であるサラゴサ。サラゴサは、マドリード・バルセロナの中間地点にあります。規模としては、以下のブログ記事によれば日本でいう名古屋だそうです。

参考:<スペイン発>サラゴサの居心地がすごくいい件! | Woc Woc

 

サラゴサのメリット

マドリードと比較すると、人口の少なさは心地よさを感じるかもしれません。また、ピラール大聖堂を中心とした観光地もあるので、たまに見に行くのも良さそう。

 

家賃もそこまで高くなく、物価もマドリードより抑えられます。生活面で私の評価は高いです。

 

サラゴサのデメリット

人口が少ないので人との出会いの場の機会は減るでしょう。日々の人との出会いは重要視しているので、悩むところ。また、マドリードも同様ですが、海がないので海に行きたくても「まあ、いっか」と億劫になってしまう。

 

また、他の都市へ観光に行く場合は少し移動しにくい。パンプローナやバスク地方に行くには良いかもしれませんが、アンダルシア州に行くには、陸路だとマドリードを経由しなければいけません。

 

 

ガリシア州(サンティアゴ・デ・コンポステーラかア・コルーニャ)

ガリシア州の中でもサンティアゴ・デ・コンポステーラ、ア・コルーニャの2都市を候補に挙げました。ガリシアは緑が豊かなので、落ち着いて暮らすには良さそうですね。

 

ガリシア州のメリット

ガリシア州は北西部にあるため、気温もそれほど高くなりません。そのため、過ごしやすいなと感じます。実は、以前の短期滞在でサンティアゴ・デ・コンポステーラに1週間滞在しましたが、コンパクトな街でよかったです。

 

また、サンティアゴ・デ・コンポステーラに滞在しておけば、他のガリシア州の街に行きやすいです。例えば、ビーゴ、オウレンセ、ルーゴなど。さらに、ポルトガルだってバスで行けてしまいます。

 

もう一方のア・コルーニャは、私が大好きなサッカークラブの本拠地。そのため、大好きなチームのホーム戦に行ける喜びは大きなメリットです。また、海もすぐ近くにあるため、癒しを求めるには良い場所です。

 

ガリシア州のデメリット

正直、何もない。退屈な日々になるかもしれません。

 

あと、10月、11月の天候も気になります。雨も多い地域なので、外に出れない場合も想定するとワーホリ最後に場所としてふさわしいのかは、少し疑問があります。

 

 

アンダルシア州(マラガ、コルドバ)

南部も検討しています。その中でもマラガとコルドバは大きな候補先です。ちなみに、セビージャは滞在経験があるので、外しています。それから、グラナダは旅行先として行けばいいかなと。

 

アンダルシア州のメリット

アンダルシア州のメリットは、マラガ在住のポテチさん(@lavidamalaga )の情報も参考にすると、アンダルシアの多くの地方都市や村に行きやすいところでしょうか。また、観光都市を逆手に取れば、人と出会う機会は多そうです。meetupといったイベントもある程度ありますし。

 

もう一方のコルドバは、マドリードに近いというメリットと人口もそれほど多くないため過ごしやすさはあるのでは? と思っています。あとは、アンダルシア全体で言えば家賃の安さは魅力的ですよね。

 

それから、セビージャに滞在したときも感じたのは人の優しさ。アンダルシア出身の人たちは気軽に話しかけてくれるのは、滞在していて居心地が良かったです。

 

アンダルシア州のデメリット

暑い。とにかく9月・10月でも暑い。暑さには弱いため、その点を心配しています。また、イベントを見つけるのはマドリードより難しそう。あとは、仕事などは他の都市と同様です。

 

 

スペインワーホリ・残り期間の生活で大切にしたいこと

 

残りの生活で大切にしたいのは、『人との交流』『スペイン語の強化』です。

 

日本からスペインにやってきて暮らして感じたのは、人との交流を持たないと自分自身が枯れてしまうということ。SNSが盛んな時代ですけど、やはり人と面を向かって話す大切さを感じます。

 

特にスペイン人は、コミュニケーションの天才といってもいいくらいにおしゃべり。スペイン社会にもっと乗り出して行くのが、今後の人生にも良い影響を与えてくれるのでは? と思うのです。

 

また、せっかくスペイン語に溢れるこの期間を大切にしたいので、スペイン語の強化も同時にやっていきたい。仕事に就くのは残り期間の少なさから諦めています。せっかくなので短期間、スペイン語の語学学校に通うなども検討しています。

 

 

さいごに

Twitterでフォロワーさんに投票もしてみました。アンダルシアが圧倒的な票数を獲得!

 

投票してくださったみなさん、ありがとうございました。参考にさせていただきます。

 

さあ、時間もないけれど。どこに住もうか。結果は後日、ブログでも報告します。

 

それではまた。

¡Hasta la próxima!

 

スポンサード リンク