この記事をシェアしませんか?

¡Hola!

どうも。スペインワーホリ中の、たろう(@v_varentaro)です。

 

これまでスペインワーホリとワーホリビザについて、多くの記事を書いてきたのですけど、書いた記事がバラバラになっていて見にくいなと思ったので、ひとつにまとめてみました。

 

ここからは、スペインワーホリ準備、ワーホリビザ申請、そしてスペイン滞在までの流れを紹介します。

スポンサード リンク

スペインワーホリとは?基礎情報

まず、スペイン・ワーキングホリデーとは何なのかを簡単に紹介します。

  • 日本と対象となる国の間での相互理解と促進が目的
  • 日本とスペインの若者が対象
  • それぞれの暮らしやライフスタイルを知ること
  • それぞれの文化に触れること

 

ワーキングホリデー期間中は、働き口を見つけて働いてもいいし、学校に良いし、遊び尽くしてもいい。つまり、個人の自由です。

マドリードのプラサ・マジョール

 

ワーキングホリデービザの期間は、入国から1年間有効となります。ビザの申請条件は、以下のようになります。

  • 日本国籍を所有し、かつ日本在住である
  • 査証申請時に18歳以上、30歳以下である
  • 被扶養者の同伴はなし
  • 有効なパスポートを所持すること
  • 帰国のための切符、またはそのための充分な資金がある
  • スペイン滞在には当初3ヶ月間に生計を維持するための、月ごと最低532.51ユーロが必要。合計で1,597.53ユーロ相当の資金を所持すること(3ヶ月合計で最低1597.53ユーロ。日本円で約204,596円。(1ユーロ128円計算)
  • 健康であることを示す医療診断書が確認できる
  • 犯罪経歴を有しない申告ができる
  • 滞在終了時にスペイン出国し、かつ、滞在中に在留資格の変更をしないこと
  • 過去にスペインワーキングホリデービザを発行していないこと
  • スペインに入国後は1ヶ月以内に住む市町村で住民届け(EMPADRONAMIENTO)を提出

 

東京都のスペイン大使館領事部において、必ず本人が申請手続きを行ってください。

 

さらに詳しい内容は、以下の記事でまとめています。

スペインワーホリについての詳しい内容はこちら!

 

 

スペインワーホリビザ申請に必要な書類

スペインワーキングホリデービザ

 

ビザ申請に必要な主な書類は、以下の7点となります。

  • 住民票
  • 健康診断書
  • 経済能力証明
  • ワーキングホリデービザ申請に伴う宣誓書
  • NIE(外国人登録番号)申請書
  • 査証申請書(ビザ申請書)
  • 旅行日程表・日本の連絡先データ用紙
  • 航空券(往復もしくは片道)

 

スペインワーホリビザ申請書類の書き方・注意点

先ほどのワーキングホリデービザの申請書類には、書き方や提出するときに注意点があります。

 

すべての申請書類の書き方については、すべて以下の記事でまとめています。加えて、注意点も書いていますので参考にしてください。

 

スペインワーホリ申請書類のすべて

 

 

スペインまでの航空券を購入する方法

スペインワーキングホリデービザ申請をするときに、すでにスペインまでの航空券を購入する必要があります。

 

スペインまでの航空券を購入するタイミングは、ビザが下りる最長8週間〜ビザが認可されてから90日以内の間で航空券を手に入れるのが無難です。

サプライスでスペインまでの航空券を予約する方法

 

また、日本からスペインまでは長旅と旅費がかかるため、できるだけ安く済ませたいもの。

 

そんな方のために、スペインまでの航空券が安くなる方法や、おすすめの航空券予約サイトを当ブログでは紹介しています。

スペインまでの航空券予約を安くしたい!

 

 

スペインワーホリまでのスペイン語学習・勉強法

スペイン語学習教材・参考書まとめ【文法・単語・リスニング・会話・辞書】

スペインでは英語も通じますけど、スペイン語が必須です。そのため、スペインワーホリまではスペイン語学習向上に充てるのが良いと思います。

 

スペイン語の学習教材・参考書をまとめています。おすすめの本をチョイスしているので、参考にしてみてください。

 

スペイン語の教材・参考書はこちら

 

英語と同じようにスペイン語も、「聴く」「覚える」「話す」を繰り返して、身についていくもの。地道に勉強していきましょう。

 

ちなみに、Twitterのハッシュタグを使ったスペイン語学習のための継続企画を行っています。具体的な内容はこちらからどうぞ。

合わせて読みたい

 

 

スペインワーホリに持ってきた持ち物

スペインワーホリまでもうすぐ! スペイン生活のための準備として、何を持っていくか迷う人も多いはず。

 

そこで、私が実際に持ってきた持ち物をこちらで紹介しています。

 

スペインワーホリに持ってきた持ち物とは?

 

さらに、スペインワーホリ生活が3ヶ月ほど経ったら、持ち物の再確認として、改めて「必要だったもの」「いらなかったもの」を確認する記事も書く予定です。

 

 

スペインワーホリでの部屋探し・注意点

スペインワーホリの最初の難関は、部屋探しです。マドリードやバルセロナといった都市部では、早めかつ、たくさんの応募と根気が必要となる場合があります。

 

私はバレンシアに滞在していますが、都市部でも部屋探しの方法は、ほとんど同じです。

 

少しでも手助けになれるように、こちらでは部屋の探し方や、おすすめの部屋探しサイトを紹介しています。

スペインで部屋を探していますか?

 

 

ホテル・Airbnb滞在がお得になるクーポン

Hostal Restaurante La Masía1

スペインで部屋を探している間は、ホテルもしくは民泊(Airbnb)で滞在される方もいらっしゃると思います。

 

そのような方が少しでも負担軽減となれるように、ホテルやAirbnb滞在がお得になるクーポンを紹介します。

 

おすすめの4つのホテル予約サイト

以下の4つのホテル予約サイトはおすすめです。安価で良いホテルが見つかる可能性が高い&ヨーロッパでも有名なサイトなので使ってみてください。

Booking.com Booking.comの2,000円特典クーポン
Agoda(アゴダ) Agodaでクーポンを見てみる
Hotels.com(ホテルズドットコム) Hotels.comのクーポンを見てみる
Expedia(エクスペディア) Expediaで使えるホテル割引クーポンを見てみる

 

Airbnb(エアービーアンドビー)

よくAirbnbを使っているので、Airbnb新規登録者・8,000円以上の宿泊に限り、3,700円割引になるクーポンも持っています。

合わせて読みたい

 

こちらから手に入れてみてください。

 

→ Airbnb 3,700円割引クーポンを見てみる

 

 

スペイン到着後のワーホリ書類申請方法など

バレンシア中央市役所

スペインワーホリではスペインに到着したあとに、市役所にて手続きが必要です。

 

先述の「基礎情報」にも記載した、「スペインに入国後は1ヶ月以内に住む市町村で住民届け(EMPADRONAMIENTO)を提出」という点が、それにあたります。

 

詳しいやり方等は、こちらにて記事にしています。

ワーホリ到着後の手続きについてはこちら!

 

また、通常の学生ビザと違い、ワーホリビザは既にNIEを取得して渡航している状態になります。(通常ならNIE取得はスペインの外国人局に行って、手続きをしなければならない。)

 

そのため、市役所側が理解しておらず働くときの社会保険手続きを拒否する(例:紙ではダメでNIEをカードにしてから出直して来いと言われる)という問い合わせが、多く私のところに寄せられました。

 

この問題を解消させるには、「スペイン側にNIE自体は、すでにVISAに記載されている」という旨を伝えなければいけません。

 

学生ビザはNIE取得に半年ほどかかるのですけど、ワーホリビザはその手続きが既に終えているので、このビザは既にNIEがあると言っておきましょう。

 

また、担当者によって言うことも変わるので、根気よく何度も訪れて伝えるのが良いです。

 

 

まとめ

スペインワーホリ準備からスペイン入国・手続きまでを振り返りました。これまで書いた記事は、2017年当時の状況なので変更される場合も、おおいに考えられます。

 

スペイン大使館の情報を確認しながら、ブログ記事を参考にしていただくと嬉しいです。

 

それではまた!

¡Hasta la próxima!

スポンサード リンク