¡Hola!

こんにちは。たろう(@v_varentaro)です。

 

どの語学学習にも単語を覚えることは大切なことです。

スペイン語も同様に、単語や熟語のボキャブラリーを増やしていくことがスペイン語上達の近道となり得る1つの手段です。特にスペイン語は英語のように学生の頃から日本人には馴染みのない語学です。だからこそ、単語は重要になっていきます。

 

スペイン語を読む際は基本はローマ字読みでOKなことが多いですが(もちろん例外もありますし、巻き舌も使用します。)、比較的日本人にとっては取り組みやすい言語です。

 

今回はスペイン語入門者はもちろん初心者までが把握しておきたいスペイン語単語をほとんど網羅している単語帳をご紹介致します。

それではどうぞ。

スポンサード リンク

これなら覚えられる!スペイン語単語帳

スペイン語の単語帳教材は数が少なく、いきなり2000語ほどを覚えるのは身の丈に合いません。だからこそ、比較的少ない語数をまずは覚えることをオススメします。

 

そこで私がおすすめしたいのはこちらの教材です。何故私がこの教材をオススメするのかというと、

  • 1500語という比較的少ない数を収録
  • 単語を使った例文がある
  • CDは例文を読んでくれる(日本語訳は読まない)
  • 幾つかグループに分けてある
  • NHK出版から出ている

 

の5点が理由として挙げられます。

 

1500語という比較的少ない数を収録 していることで、いきなり多くの数をこなさずに出来ています。基礎中の基礎である単語を網羅しているので初心者はもちろん、中級者以上の方にも何度も確認出来ます。基礎が大切であり会話でもよく使う単語ばかりです。

 

その他には 単語を使った例文 も掲載されており、単語だけを言ったり書かれたりしているようなCDや単語帳にはない良さがあります。使い方が分かるということは勉強しやすいのです。

 

付いている CDは例文を読んでくれるので 聴きながら真似をして音読をすることで、単語だけを覚えるだけでは身に付かない勉強も出来ます。スペイン語をそのまま脳に取り入れるのです。

 

CDは単語の意味を言ってくれますが、例文の日本語訳は読みません。

ですので、単語帳の日本語訳を見て「これはこういう意味なんだ」ということを確認しながら勉強することができます。

 

それから、単語はいくつかグループに分かれて掲載されています。

例えば、動詞だけでも『日常的な動作』、『移動を表す』、『開始・終了』 という風に細かく区分されています。それによって、一気に詰め込むことなく整理しながら覚えることも可能です。

 

そして、最後にこの単語帳を出しているのが NHK出版 であるという点です。テレビでスペイン語や、まいにちスペイン語でお馴染みのNHKであるからこそ、実績を経験があります。実に分かりやすい単語帳の部類に入るのでオススメです。

 

さいごに

DSC00841

私も今でも使用して時間ある時や家事中などの時間は積極的に聴いています。これを基礎に未知のスペイン語単語を更に少しずつ増やしていくことをしていきたいと思います。

この本の詳しい学習方法は以下の記事で紹介しています。

→ これなら覚えられるスペイン語単語帳をやり込む方法

 

是非とも皆さん使用してみてはいかがでしょうか?

 

それではまた。

¡Hasta la próxima!

スポンサード リンク
この記事をシェアしませんか?

“スペイン語は単語が重要。初心者におすすめの単語帳を紹介します” への2件のコメント

  1. 楽しく見させていただいてます!

    ところで、最後の締めは adiósですよ…笑
    acentoがaではなくoです

    1. 初めまして!
      どうもご指摘ありがとうございます!笑
      恥ずかしいですね。意識出来ていなかったので気をつけます。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です