¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

オンラインスペイン語会話レッスンのSPANISIMO(スパニッシモ)を3ヶ月間やってみました。スパニッシモをはじめてから気づいたことや感想を紹介します。

それではどうぞ。

スポンサード リンク

スパニッシモとは?

photo:SPANISIMO.com
photo:SPANISIMO.com

SPANISIMO(スパニッシモ)とは、グアテマラが発信源となりグアテマラ在住の先生とオンラインでスペイン語レッスンを行えるサービスです。オンラインのスペイン語レッスンサービスにはSkypeを利用します。スペイン語の会話や文法の授業をオンラインで先生とマンツーマンで受けられるのです。

 

グアテマラはスペイン語に関しては非常に優秀な国であり、グアテマラのスペイン語はとても綺麗だと言われており、語学学校も充実している国とのこと。

 

詳しくはこちらをどうぞ。

合わせて読みたい

 

 

実際に3ヶ月間スパニッシモを体験してみた

実際に3ヶ月スパニッシモを体験してみました。はじめは緊張して本当にきちんと喋れるのだろうかと不安になったのを覚えています。でも、徐々に慣れてきました。

グアテマラの先生もプロです。生徒があたふたしても大丈夫。「少しずつやっていけばいい」と説いてくれます。

 

私は文法を学んでいく「スパニッシモアカデミー」というコース から始めました。

文法中心であるので独自の教材に沿って進めていきます。マンツーマンレッスンであり、もちろん教材の文法の話が多いのですが、必ず授業の最初には自己紹介や簡単な会話があります。

 

最初の自己紹介でも緊張します。でも、分からなくてもとにかく喋ってみるのが良いと感んじました。言葉に詰まっても先生たちはしっかりと待ってくれます。

分からないなら、分からないと言えば英語に直したりして教えてくれるのです。しっかり喋れたり発音ができたならば、いいね!(¡Muy bien!)と言って褒めてくれます。嬉しい…..!

 

スパニッシモのオンラインスペイン語会話レッスンをするメリット

実際にスパニッシモでスペイン語会話レッスンするメリットを、体験したあとに考えてみました。

 

座学にはできない理解の早さがある

座学では理解できない部分が少しずつスペイン語オンラインレッスンで、理解しやすくなります。実際に声に出して使ってみることで、同じ意味でも使い方が違う単語の使い分けができるのです。

 

例えば、「知っている」という意味の単語に「saber(サベール)」と「conocer(コノセール)」の2つがあります。この使い分けについて教えてもらったのは、

  • saber = información(情報)、 deportes(スポーツ)
  • conocer = personas(人物)、 cosas(物事)、 ciudades(街)、 paises(国) etc……

という分類で使い分けるというもの。

 

1ヶ月前は特にこの2つを気にせずに使っていただけに、少しずつ注意を払うようにもなりました。スペイン語を話す楽しさを少しずつ感じているように思えます。

 

外国人と喋る緊張感は無くなる

Skypeを利用してのスペイン語オンライン会話レッスンは、まさに非日常的な体験をしている感覚に陥ります。

3ヶ月間とにかく喋って場数を踏むことで、外国人と喋るという緊張感という壁は少しずつ無くなったように感じます。

 

スペイン語力はアップできると思う

正直、自身の努力次第だと感じます。私の場合はとにかくボキャブラリーを増やすということでした。スペイン語オンライン会話中、簡単な単語を組み合わせることで、何とか喋っている状態だと感じました。

 

予習と復習をしっかりして自分の話したい会話やセンテンスを溜め込んでおく。そして、会話の最中に盛り込む。これが大事でこれを欠かさないようにすればスペイン語力はアップすると思います。

 

スパニッシモの講師はどんな感じ?

ある日、私のパソコンがいきなりシャットダウンしてしまったときがありました。また、インターネット接続が上手くいかずに時間に遅刻したときもありました。

でも、グアテマラの先生たちは「No, te pureocupes.(心配ないよ!気にしないで!)」と言ってくださいました。

 

この寛容さは本当に心から救われたものです。もちろん、先生という立場上のこともあるでしょうが、生徒側としては次は頑張っていこう!と思えます。期待に応えたいということです。

中にはよくわからない先生もいましたけど、グアテマラの寛容さと丁寧な指導で、どの先生も満足にレッスンを受けられました。

 

3ヶ月間様々な先生と話すのは楽しい

理由としては、いつも同じ先生の予約が取れるとは限らないからです。様々な先生の授業を受けることで、自分にあった先生が見つけられるメリットもあります。

 

先生によっては授業の進め方や文法の教え方が違います。淡々と進める人や文章ひとつひとつに例文を作って進める先生もいて十人十色。3ヶ月もすると自分に合った先生が見つかってくるので、はじめはこの方法ををおすすめします。

 

毎日スペイン語オンライン会話をすれば上達は早い

月10回のライトプランを利用していました。しかし、可能ならば月30回のスタンダードプランをおすすめします。毎日することで確実に語学力は伸びていきます。

 

10回だとあいだに時間があって間延びしてしまいますので。また、いつでもいいやと思い、結局、回数を消費できない事態も防げると思います。

 

まとめ

今までのスペイン語学習ではほとんど座学で勉強していました。知識を詰め込んではそれで満足していたのかもしれません。

 

しかし、語学は喋らなければ意味が無いことをこのスパニッシモで思い知らされました。 語学は喋ってなんぼ伝えてなんぼであり、それを怠っては「なりたい自分にはなれない」と。とにかく練習あるのみです。

スペイン語初心者の私からすると、スパニッシモはスペイン語学習をしたい方に、是非とも一度体験してほしいと思います。

それではまた!

¡Hasta la próxima!

 

スポンサード リンク
この記事をシェアしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です