花束

「あなたは自分のメディアに愛を持って運営していますか?」

「愛を込めてSNSの発信をしていますか?」

改めて、メディアとSNSへの向き合い方を考えさせられました。どうも。たろう(@v_varentaro)です。

 

2017年10月17日に東京国際フォーラムで開かれた、「TechWave Summit」に参加してきました。アイデアの交流と、イノベーション創出の場として開かれたイベント。今回のプログラムは #GIRLSBOSSカンファレンスプログラム と題して、開かれたプログラムの登壇者すべてが、女性でした。

 

テクノロジーやIT分野への興味・関心があり参加したイベントでしたが、想像以上にライターやメディア運営者としての収穫が多く、大変満足な時間を過ごしました。

 

主に私が聴いたプログラムは、「最先端メディア論」「女の子がついシェアしたくなるSNS活用法」の2つでした。

スポンサード リンク

最先端メディア論。メディアに必要なのは「発信者の顔」と「愛情」

milieu(ミリュー)編集長 塩谷舞さんと、Howto Taiwan編集長 田中伶さんのお二人が登壇したプログラムは、ライター・ブロガーとして活動する私にとって、収穫の多いものでした。

 

プログラムでは、「田中さんが運営するHowto Taiwanがすごい!」と熱量高く話す塩谷さん。なぜ、Howto Taiwanがすごいのか。それは、

「台湾への愛が熱すぎるから」

 

この言葉に集約されます。Howto Taiwanの「親切過ぎる」「丁寧」「台湾に行った人の痒いところに手が届く」という、3つの良さがメディアを良くしているとのこと。

howtotaiwanの良い点

 

本当にほしいと言われるものを作るユーザー視点を持ち、デスクワークではなく、取材(足)で稼いだしっかりした情報こそが、コンテンツの質を保ち、痒いところに手が届くようなメディアになっていると、塩谷さんは話します。

 

また、運営主がペルソナになり、台湾への愛情を持ち合わせているからこそ、愛されるメディアへ成長したのだと、参加者に伝えていました。

 

話を聞きながら私が「たしかに!」と感じたのは、「誰が運営しているのか?」 という点。

 

某キュレーションメディアのような、誰が書いたのか分からないメディアは、情報があっても、記事だけが消耗されているように個人的に感じています。だからこそ、誰が運営しているのかという、顔が見えるのはメディア運営にとって大事だと、ブログを書いていてよく分かりました。

 

改めて、WEBメディアには「愛」を込めること。愛を込めて作るからこそ、長く愛される・バズる・信頼されるのだと、改めて感じました。

 

 

SNSシェア論。「愛」はお金で買えない

もうひとつのプログラム「女の子がついシェアしたくなるSNS活用法」。女の子・女性がどのようにSNS活用をしているのか、その心理をライターとして知りたかったために参加しました。

スポンサード リンク

 

Nakamura Asakoさん、関口舞さん、遠藤優華子さん、大澤真希子さんの4名の方が登壇したプログラム。話の中で強い印象を受けたのが、「愛はお金で買えない」こと。この言葉が出てきたのは、「そもそもなぜシェアをするのか」という話でした。


自分の中で考えているようで、考えられていなかったなと目から鱗。「愛はお金で買えない」という言葉に、グッときたのです。

 

最近は、お金でフォロー・フォロワーが増やせる時代でもあります。ただ、お金で買われたフォロワーのシェアに心(愛情)はありません。シェアをするのは心のある人間。だからこそ、シェアには愛情があるのです。

 

TwitterやInstagramの投稿は、日々、流れていきます。その中で投稿を見つけ出し、シェアをしたいと感じたから拡散させる。登壇者の方々の話を聞きながら、プロのインフルエンサーのSNSに対する考え方・仕事観に脱帽しました。

SNSマーケティング

 

正直、「インフルエンサーってどうなのよ?」って、少し疑っていただけに反省。SNSへの愛情・シェアしてもらうための愛情は、人一倍に強いのです。

 

あと、個人的にTwitterの使い方も納得しました。下記の言葉が刺さります…。

 

 

メディアもSNSも愛を持って運営しているか?すべては「届けたい」が原動力

最先端メディア論、SNSシェア論のどちらも聞いて、共通するのは「愛」です。

「愛を持ってメディアを運営しているのか?」

「愛を込めてSNSで拡散させようとしているのか?」

 

改めて、この2点の重要性を感じました。一次情報を足を使ってきちんと取りにいく、わざわざ時間をかけて記事を書く意味、記事の公開以降のシェア方法。すべては、「届けたい」という愛と心が動かすものなんだ!

 

強い愛を持って届けたいという個人・企業が報われる時代になりました。私もこれから、ライター・ブロガーとして記事を書いていきたい・情報発信しつづけたい。スペインのメディアでも作ろうかな(笑)

スポンサード リンク
この記事をシェアしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です