この記事をシェアしませんか?

¡Hola!

どうも。たろう(@v_varentaro)です。

「バレンシアのクリスマス時期ってどこに行けば楽しめるの?」

 

クリスマス当日ってお店も閉まっているし、街に人がいなくなります。なぜなら、スペインのクリスマスは家で過ごすのが一般的だから。24日・25日は交通機関も止まる場合もあります。

 

そんなクリスマスで移動がしにくくなる前に、ぜひとも行ってほしい場所をまとめました! バレンシアのクリスマスが楽しめるスポットを写真で紹介します。

※ 掲載している写真はすべてオリジナルで私が撮影しています

スポンサード リンク

バレンシア市役所前広場(Plaza de Ayuntamiento)

バレンシア・セントロ(中央)には市役所があります。

市役所の前は広場になっており、毎年クリスマスの時期には、クリスマスツリーとアイススケートリンクが現れるのです。昼間の様子は動画で確認をどうぞ。

 

昼間は普通の遊び場のようになっていますが、夜になると幻想的な世界が広がります!

バレンシアの市役所前広場

 

う〜ん! 大きなクリスマスツリーで美しい。クリスマスツリーの中に入れるので、中で写真を撮るのも可能です。

バレンシアの市役所前広場のクリスマスツリー

 

クリスマスツリーの隣には、メリーゴーランドもありました。子どもを連れたお父さん、お母さんたちで休日の午後の時間は賑わいます。ちなみに、1回3.5ユーロでした。

バレンシアの市役所前広場のメリーゴーランド

 

クリスマスツリー、メリーゴーランドの隣には、アイススケートリンクもあります。子ども用・大人用があり、みんな上手に滑っていました。(運動音痴なのでできない)

バレンシアの市役所前広場のアイススケート

 

つまり、夜になると光るクリスマスツリーを見ながら、アイススケートができたりします。最高かな?!

バレンシアの市役所前広場のクリスマスツリーとアイススケートリンク

 

バレンシア市役所前広場の場所はこちら。すべてが写真撮影スポットで遊べるので、まずはここに行けばOKです!

 

 

エスタシオン・デ・ノルド(Estación de Nord)

スペインの国鉄「Renfe(レンフェ)」や、バスの乗り降り場所となっているエスタシオン・デ・ノルド。2017年に100周年を迎え飾り付けも豪華です。駅内部はもちろん、外部もクリスマスと100周年を祝う飾り付けがされていました。

バレンシアのエスタシオン・デル・ノルド駅

 

入り口付近には、赤色のミニクリスマスツリー。赤色に近い橙色をしているので、この隣で写真を撮る方も多く見られました。

バレンシアのエスタシオン・デル・ノルド駅のイルミネーションと街

 

ノルド駅の場所はこちら。ノルド駅はバルセロナやアリカンテなどにも行けるので、ノルド駅で降りてからクリスマスムードを楽しめるでしょう。

 

 

バレンシア中央市場(Mercado del Centro)

バレンシアで新鮮な食材を買い出しするなら中央市場へGO!

スペインの中央市場では中でご飯が食べられる場所はありますが、この中央市場のほとんどが野菜、お肉、魚が売られているマーケットとしてお店が立ち並ぶ場所となっています。

バレンシアの中央市場

 

中央市場はいつも賑わっていますけど、クリスマス時期になると中心に大きなクリスマスツリーが出現します。クリスマスツリーを見たい観光客で、さらに多くの人が訪れていました。(個人的にこの写真がお気に入り)

バレンシア中央市場のクリスマスツリー

 

クリスマスツリーは立派で、正直、市役所前よりも素敵に思います。また、クリスマスツリーの下にはプレゼント飾りもありました。かわいらしいですね。

バレンシアの中央市場のプレゼント

 

クリスマスツリーを見て満足したら、スペインのハム(ハモン)でも買って、1杯といきたいところですね。バレンシア中央市場の場所はこちらです。

 

 

プラサ・デ・ラ・レイナ(Plaza de la Reina)

スペイン国王アルフォンソ12世の最初の妻、マリア・デ・ラス・メルセデス・デ・オルデアンの名前から取って、広場の名前となりました。ここには、バレンシアの大聖堂「サンタマリア大聖堂」と「エル・ミゲレテ」と呼ばれる塔があります。

 

以下の写真が普段の大聖堂です。立派ですよね。

バレンシアのラ・セウ

 

クリスマスの時期になると、大聖堂のある広場の中央にクリスマスツリーが出現。昼間は光らないので美しくはありませんが、夜は写真のようにライトアップ!

バレンシアにあるプラサ・レイナのクリスマスツリー

 

観光客のみならず、地元バレンシアの人達にも人気のようです。(「なんて美しいクリスマスツリーなの!」とお母さんが叫んでました)シンプルな色で素敵だと思います。

バレンシアのプラサ・レイナのクリスマスツリー

 

プラサ・デ・ラ・レイナの周辺にはお店がたくさんあるので、食事には困りません。広場の場所はこちらです。

 

 

ちなみにバレンシアでチュロスを食べたいなら、プラサ・デ・ラレイナの端にあるValor(バロール)というお店がおすすめ。チョコたっぷりのチュロスが味わえます。

バレンシアにあるvalor

 

valorのチュロス

 

4本で1人分といったところでしょうか。複数人で来るなら6本分メニューもあるので、そちらを頼むと良いかも。

valorのチュロス

 

→ 「Valor(バロール)」のホームページを見てみる

 

 

バレンシア・コロン市場(Mercat de Colón)

先述した中央市場よりも食事メインで考えるなら、バレンシアの地下鉄駅Colón(コロン)にあるコロン市場はいかがでしょうか?

バレンシアのコロン市場の入り口

合わせて読みたい

 

 

バレンシアのコロン市場は普段でも賑わいを見せていますが、クリスマスの時期は大きなクリスマスツリーが出現するので、さらに多くの人が訪れます。

バレンシアのコロン市場にあるクリスマスツリー

 

クリスマスツリーには星などの飾り付けがされています。このクリスマスツリーこそ、日本で思い浮かべるクリスマスツリーに一番近いのではないでしょうか?

バレンシアのコロン市場にあるクリスマスツリーの飾り

 

クリスマスツリーの反対側には、Belén(ベレン)があります。ベレンとは、スペイン語でキリストが生まれた街「ベツレヘム」のこと。スペインの家庭では、クリスマスツリーの横にベレンを一緒に置くのが一般的。コロン市場でもベレンが置かれていました。

バレンシアのコロン市場のベレン

 

ベレンでは、イエス・キリストが生誕をしたシーンが再現。周りには聖ヨセフ・聖マリア、東方の三賢者なども飾られています。(ちょっと怖い)

バレンシアにあるコロン市場のベレン

 

また、コロン市場では工芸品などを売るアーティストの方々がお店を出店。おしゃれなアクセサリーやランプなど家でのクリスマスの飾り付けに、ひと工夫したい道具がたくさんありました。

バレンシアのコロン市場

 

コロン市場の地下にはバルやカフェ、日本料理店もあり、クリスマスの時期には食事と買い物が楽しめそうです。コロン市場の場所はこちらです。

 

 

バレンシアの街の飾り付けにも注目

バレンシア・セントロの通りを歩くと、頭上にクリスマスの飾り付けがされている場所が多くあります。普段の通りは以下の写真のように、いたって普通の通りといった感じ。

バレンシアの普通の日の通り

 

しかし、クリスマスの時期になるとシンプルかつ工夫が施された飾り付けで、街を歩く人を楽しませてくれます。

バレンシアのクリスマス通り

 

通りによって飾り付けは違うので、できるなら夜のバレンシアを歩いて散策するのをおすすめします。

バレンシアのある通りのクリスマス飾り

 

バレンシアでクリスマスの時期に楽しむなら、紹介したスポットを中心に散策すると、何だか幸せな気分になれるかも。スペイン・バレンシアに来たときは、美しいクリスマスの風景を楽しんでみてください。

 

クリスマスの時期以外でも、普段のバレンシアの街の風景、観光地、食などを見たい方は、私のインスタグラムでほぼ毎日、写真を1枚以上アップしています。ぜひ、遊びにきてください。

 

それではまた!

¡Hasta la próxima!

合わせて読みたい
スポンサード リンク