この記事をシェアしませんか?

東京都内のWEB制作会社でインターンをしながら、現在、デザイナーへの転身に向けて独学中の浦川たろうです。

 

今回は、これまで読んできたWEBデザイン、UIデザインに関する書籍をまとめてみました。Kindleで持っているものも含めて、一度は目を通して読んだ本ばかりです。

 

スポンサード リンク

誰も教えてくれないデザインの基本

あるデザイナーさんのTwitterの呟きで、この書籍が良いというのを知って次の日に購入してきました。

 

スマートフォンアプリやブラウザ上のデザインではなく、チラシ・ポスターなどのいわゆる紙メインのデザインについて書かれている書籍です。

「それでは、UIデザインにあまり関連がないのでは?」

 

いえ、そんなことはありませんでした。

 

文字(書体)の選び方からレイアウト方法、写真やイラストの使い方などは、デザイン初学者の私からするとタメになる内容ばかり。買ってよかったと思います。

 

→ 「誰も教えてくれないデザインの基本」を見てみる

 

 

デザイン入門教室[特別講義] 確かな力を身に付けられる 〜学び、考え、作る授業〜


UIデザイナーの先輩方のnote記事やブログ記事を読んでいた時におすすめされていた本でして、結論から言うと読んでよかったです。

 

理由は、『デザイン入門』として最適な説明が書かれており、理解しやすいと感じたから。

 

UIデザインにもグラフィックデザインなどの知識は必要だなと思い、購入して正解でした。特に、UIデザインを行う前の『書体選び』『書体の個性』『色選び』をする際には、よく手に取って本当にこれでいいのかの確認をしています。

 

ちなみにKindle版もありますけど、紙の本がおすすめです。なぜなら、すぐに手に取ってパラパラめくっては確認する動作を行うため、紙の本を購入してよかったと感じています。

 

→ デザイン入門教室[特別講義]を見てみる

 

 

なるほどデザイン 目で見て楽しむ新しいデザインの本。

アートディレクター・筒井美希さん著書のベストセラー。タイトル通り、目で見てデザインを理解できる書籍です。

 

日頃何気なく見ているデザイン広告も、「このような配置、選び方などして考えているのか!」と驚きながらタメになりました。何回も繰り返して見ているのですけど、何度見ても楽しいなと感じます。

 

読むと「なるほど」と言ってしまう、なるほどデザイン。スマートフォンアプリの画面デザインをされる方にもおすすめします。

 

→ 「なるほどデザイン」を見てみる

 

 

けっきょく、よはく。 余白を活かしたデザインレイアウトの本


デザインは『余白』が大事だと聞くけれど、どのように大事なのか? なぜ大事なのか? が、具体的に分かりませんでした。

 

ですが、『けっきょく、よはく。』を購入し読むと、余白の大切さの理解ができました。

 

特に『コラム』での文章は、アプリデザインをするUIデザイナーにとって役に立てる内容がありました。デザイナーとして仕事するなら、読んでおくべき本です。

 

 けっきょく、よはくを見てみる

 

 

ほんとに、フォント。フォントを活かしたデザインレイアウトの本


「フォントを変更するだけでこんなにも違うのか!」と、感じさせられたくらいにフォントの大切さを知れた良書です。

 

『けっきょく、よはく』と『ほんとに、フォント』は、有限会社インジェクターイーユナイテッド代表の寺本さんが書かれており、同じような構成で話が進むため、続けて購入すると読みやすさが増します。

 

新人デザイナーと先輩デザイナーのデザインを比べて、フォント(よはく)の大切さを理解できるようになっているため、読む側の理解がしやすいです。

 

また、注意点とその理由が明確に説明されているため、大切な要点も把握しやすく、自分のデザイン作業に生かしやすいのも良いなと思いました。

 

→ 「ほんとに、フォント。」を見てみる

 

 

UIデザインの教科書[新版]  マルチデバイス時代のインターフェース設計

 

『UIデザインの教科書』というように、UIデザインを学び始める・学んでいる人に対して、親切にUIデザインのあれこれを解説してくれる本です。

 

個人的には、他のUIデザインに関する本でお腹いっぱいだった後にこの本を読んだために、すでに知っている情報が多くありました。

 

そのため、「うーん。」という気持ちが多くなり、読む時間をそこまで割かなかったです。読む順番も大事だなとこの時に感じました。

 

→ 「UIデザインの教科書[新版] マルチデバイス時代のインターフェース設計」を見てみる

 

 

UIデザイナーのためのSketch入門&実践ガイド 改訂第2版

Sketchを独学する場合に、「UIデザイナーのためのSketch入門&実践ガイド」は書籍は心強かったです。

 

実際はUdemyの講座やYoutubeなどを見て、真似しながら体系的に覚えてきたのですけど、ちょっとした操作や「この英字は何を意味するの?」と分からなくなったときに、辞書代わりに引いていました。

 

今でも本棚に置いて、時折、確認しながら使っています。

 

→ 「UIデザイナーのためのSketch入門&実践ガイド 改訂第2版」を見てみる

 

 

はじめてのUIデザイン

はじめてのUIデザイン

 

UIデザインを学びたい方に強くおすすめします。なぜなら、読み進めていけば体系的にUIデザインを学べるからです。

 

UIデザインの変換、UIデザインに関わるメンバー、コンポーネント名、情報設計、プロトタイピング、実際のデザインとその後の体験設計まで、UIデザイン初学者や独学者には分かりづらい・見えにくい部分を本を読めば掴めます。

 

発売前に読めるアーリーアダプタ版も、チェックしていたときから良書だなと感じていました。実際に発売されて改めて読むと、さらにUIデザインの奥深さにハマるきっかけにもなった本です。

 

ちなみに、オールカラーで見られるオンライン版と紙の本の書籍版があります。私は紙でも欲しかったので、どちらも購入しました。

 

→ 「はじめてのUIデザイン」を見てみる

 

 

融けるデザイン ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

融けるデザイン、非常に面白かったです。これからUIデザインを学ぶ方は必読かと

 

「インターフェイスとは何か?」から始まり、インターフェイスデザインの役割を説きながら、「体験」のデザイン(UXデザイン)の話に繋げていく流れは、ずっと読んでいてワクワクしていました。

 

これから、デザイナーが持っておくべき思考や未来も終盤では説いており、4年前に発行された書籍ですけど、2019年の現在でも充分に通じる点が満載です。

 

ちなみに、大変面白く興味深かったので、私はマイノートにポイントとなる文章をメモしまくって、時々、読んでいます。

 

→ 「融けるデザイン ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論」を見てみる

 

 

【新版】UI GRAPHICS 成功事例と思想から学ぶ、これからのインターフェイスデザインとUX

世界中のインターフェイスデザインを元に、デザイン思想やトレンド、手法などを見て・読んで学べます。

 

7つの章に分かれた事例を見るのが、この書籍の醍醐味だと思いますけど、著者の方達が書き下ろしたテキストも読み応え抜群です。

 

特に、菅俊一さんの「導線としての制約を作る」は読んでいて、非常に納得させられました。

 

→ 「【新版】UI GRAPHICS 成功事例と思想から学ぶ、これからのインターフェイスデザインとUX」を見てみる

 

 

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 -認知科学者のデザイン原論

デザインを学ぶ方は必ずといっていいほど読んでいる、有名な書籍だと思います。私もUI/UXデザインを学ぶ上で一度は読んでおこうと思い、購入しました。

 

さすがの分厚さではありますけど、読んで損はないと思います。「どのようにすれば使いやすいか?」を考えられたり、「設計から良いデザインにしたい」と思うきっかけになった書籍です。

 

堅苦しい印象がありましたが、読み物としても面白いので、まだチャレンジしていない方は読んでみてください。

 

→ 「誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論」を見てみる

 

 

インタフェースデザインの心理学 -ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針

以下の私のTwitterのつぶやきでも紹介したのですが、大変面白くて購入してよかったと心から思います。

 

UI/UXデザインを学ばれる方には確実に読んでほしいのはもちろん、それ以外の仕事の方にも読んでほしいくらいにおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

この本が良いのは、研究結果を基にしている点。だから、WEBデザインに反映しようと思える説得力があります。だから、納得しやすいし、実際に生かしてみよう!と感じられます。

 

それから、日常生活で起こる例を出してくれるため、親近感があって読むのが楽しくなります。1回に限らず、なんども手にとってパラパラめくりながら読むと良さそうだと感じました。

 

また、100項目ひとつずつ最後に、ポイント(まとめ)が書かれているため、後からでも確認しやすいのもこの書籍のメリットです。

 

→ 「インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針」を見てみる

 

 

具体と抽象 -世界が変わって見える知性のしくみ


『抽象的は分かりにくい』は本当に悪なのか? 分かりやすさだけを重視して良いのか? を投げかけた本です。読みながら、具体と抽象を様々な視点から考え、物事を判断すべきだなと考えさせられました。

 

以下では、自身のツイートで印象的だった部分と感想を書いています。

 

 

UXデザインを考える一つの視点として、この本を読んでいて損はないなと思います。

 

あと、本の中に出てくる四コマ漫画の猫が可愛いので、猫もチェックしてみてください。(笑)

 

→ 「具体と抽象」を見てみる

 

 

さいごに

現在、WEBデザイン、UIデザインを独学して9ヶ月目に突入しました。これまで読んできた本すべてが未経験の私には新鮮で、自分の中の知識として得るものがあったと思います。

 

これからも、WEBデザイン、UIデザインに関連する本は積極的に読んでいく気持ちです。読了後は、このページも更新していきます。

 

スポンサード リンク